スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB.TVの年間契約はキャンセルしないと自動更新されるぞ~特に松井秀喜ファンは要注意~ (4)

MLB.TVに関してはこのブログでも再三取り上げてきた。
2009年シーズンの途中でいわゆるblackout規制の対象外になってからは、
じわじわと日本からの加入者も増えている感じだ。
このブログの何人かの読者の中からも‘加入しました’報告があった。

さてそのMLB.TVだが2011年シーズンに年間契約をした人は、
注意すべきことがひとつある。

年間契約が2012年シーズンも‘自動更新’されるシステムになっていることだ。
私の記憶に間違いがなければ、それ以前は加入時点で自動更新を拒否することが
選択可能だったが、昨シーズンから‘改悪’された。

MLBファンならどうせ契約するんだから自動更新されても無問題とも言えるが、
松井秀喜ファンにとっての今季はそう単純ではない。
松井秀喜がどこでどうプレイできるか全く見えないからだ。

MLBファンを気取りながら、その実そのエネルギーの源を松井秀喜に激しく依存している
私の場合、MLB.TVが‘無用の長物’になる可能性は否定できない。

そこで自動更新をキャンセルしてみた。
やり方は簡単だ。
MLB.com にログインしaccount profileの中にある"Audio/Video Subscriptions"を選ぶ。
現在契約中であることが表示されるが、下の方にあるキャンセルボタンをクリックすると
次のページに進む。
‘Cancel Reason’を選ぶ。
まあ実質的には以下の2択だが、別に何にしようが構わない。
・Only wanted to watch last season
・Will buy later in the season

同意するにチェックを入れて青いボタンのCancelをクリックすれば完了。
その場の画面上で
2012 MLB.TV Premium Yearly Automatic Renewal Cancellation Confirmation
確認できるほか、
Subscription Notificationという件名のメールが自動配信で届く。

キャンセル後も2月28日まではアーカイヴを観る事は可能だし、
自動更新するのとキャンセル&再加入で料金的な違いはない筈だ。

私はキャンセルの理由を1番目にしたが、これによってマーフィーの法則が発動し、
土壇場での松井秀喜の電撃的な契約が実現することを願っている。
但し敵もさるもので‘洗車をして雨を降らすことはできない’と警告しているから、
効果は限定的だろうが、まあ気は心ってことで・・・(^_^.)

≪追加情報≫
記事の中では料金的に違いはない筈だと書いたが実際は違った。
プレミアムは今年$5値上げされて$124.99になったが、
自動更新だと去年と同じ$119.99だそうだ。
(2月19日)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

MLB.TVの年間契約はキャンセルしないと自動更新されるぞ~特に松井秀喜ファンは

お久し振りです。なりぽん氏と同じ気持ちです。
松井あってのMLBなので、松井不在のMLBなんてワサビの無い寿司みたいなものです。
当方も契約が無用の長物にならないように祈るのみです。

そして松井電撃契約のニュースを待ち焦がれてる今日この頃です。

Re:MLB.TVの年間契約はキャンセルしないと自動更新されるぞ~特に松井秀喜ファンは要注意~(02/04)

なりぽんさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。
私も同じ気持ちです(^_^.)
こっちはいつでも準備万端なので、あとは松井の所属先が早く決まって欲しい。
実りの秋になるといいな。

Re:MLB.TVの年間契約はキャンセルしないと自動更新されるぞ~特に松井秀喜ファンは(02/04)

かず坊さん
>お久し振りです。

どうも、どうも・・・。
松井の去就がはっきりするまで松井ネタは封印しているので
なかなか苦しい展開です。

>松井あってのMLBなので

なんだかんだ言って今年も渡米観戦ができると良いですね。

>松井電撃契約のニュース

まあこのニュースがあるかないかで、私の今年の‘生き方’が決まると言っても
‘過言’ではない・・・(>_<)

Re[1]:MLB.TVの年間契約はキャンセルしないと自動更新されるぞ~特に松井秀喜ファンは要注意~(02/04)

ゴジ松さん
>今年もよろしくお願いします。

いくらでもお願いされちゃいますが、
そのためには松井がMLBで生き残れるか否かが
鍵ですね。

>実りの秋になるといいな。

‘秋入学’は無理だから、なんとか‘サクラ咲く’の一報が欲しいですね。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。