スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元ヤンキースのバットボーイの暴露本~松井秀喜の信じられない言葉(英語)が明らかに~

元ヤンキースのバットボーイLuis Castilloの暴露本についてNew York Postが特集した。
‘Batboy tell-all: Secrets of the Yankees’という見出しで電子版で5ページに及ぶ。
このバットボーイは1998年から2005年までヤンキースのクラブハウスで働いていたが、
当時は機密保持契約を結んでいなかった。
ジーターやA-Rodと言った大物に混じって、松井秀喜についても触れている。

Matsui: Rally ho!

It was before Game 7 of the 2004 American League Championship Series, a game that we would lose. The series was tied 3-3 at that point, and it was particularly disheartening since we had won the first three games. Unknown to us, Boston's comeback was not to be stopped.
At any rate, at the end of the meeting it was traditional for Joe Torre to ask Jorge Posada what we were going to do. He would reply, "Grind it!" This time -- I guess to make Hideki Matsui feel more part of the team -- Torre turned to him at the end of the meeting.
"What are we going to do?"
Hideki paused for just a second before replying.
"Kick ass. Pop champagne. And get some ho's."

場面は例の2004年のALCSの第7戦の試合前のミーテイングだ。
ファンなら忘れもしない3連勝してリーチしながら3連敗してしまった決戦の日。
いつもポサーダの‘Grind it!’という掛け声で〆るところを、その日はトーリがマツイに振ったのだ。
松井が一呼吸おいて発した言葉が
"Kick ass. Pop champagne. And get some ho's."

なに、この超ネイティヴの英語は・・・(>_<)

暴露本にありがちな有ること無いことクオリティの可能性も否定できないが、
渡米して2シーズン目の松井がこんなスラングを使い切るとは俄かに信じがたい。
トーリもお決まりの‘Grind it!’を単に一体感を増す目的でマツイに言わせたかっただけで、
実際は驚いたのでは?
ジーターあたりは‘Well done! Mat’と誉めていそうだが・・・(^。^)

それなりに仕事や私生活でも英語には関わってきた私だが、何せ根が生真面目(笑)だから、
こんなことは言えないし、きちんと訳すこともできない。
間違っているかもしれないけど・・・。
Kick ass.の意味は‘やっつけるぞ’か‘よっしゃ~!’
Pop champagne.は文字通り‘シャンパンを開けるぞ’
And get some ho's.のhoはwhore=売春婦だから、そういうこと。

日本にやってきた助っ人外人が
‘いてこましたれ、そして酒池肉林や!’と叫んでいるようなものだ。

普段のマツイのキャラのイメージと違うと感じているのはむこうのファンも同じで、
結構受けているようだ。

ところでワールドシリーズを制した2009年は既婚者だがhoはどうしたのかね・・・(>_<)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。