スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村死すとも名画は死なず~『砂の器』~ (4)

映画監督の野村芳太郎氏が85歳で亡くなった。

彼の作品『砂の器』はナリポンの邦画ベスト3に確実に入る。

初上映された頃、私は学生で年間100本近い映画を観ていたが殆どは洋画であった。
松本清張は石川達三と並んで当事の好きな作家だったのと、映画評もベタ誉めだったので珍しく
名画座ではなく邦画を観に行ったのである。

ちょうど、長嶋茂雄が現役を引退し、涙も涸れていた頃だが、この映画は素直に泣けた。

あれから30年、もう何十回観ただろうか、そしてその都度必ず泣かされた。
実は、今日日記に書こうと思い、ヤンキース戦のあと再び観た。
で、やっぱり泣けた。

全編143分の映画だが、最初の約90分とその後では構成がまるで違う。
前半は事件の真相を追う、丹波哲郎(今西刑事)が日本全国を駆け回る。

後半がこの映画の醍醐味だ。
よく言われることだが、後半は人形浄瑠璃の手法を採用している。

捜査会議で情感を込めて語る丹波が浄瑠璃語り、加藤剛演じる和賀英良が三味線弾き、
加藤嘉 (本浦千代吉)春田和秀 (本浦秀夫)親子が人形役。

この3つの役がみごとに噛み合っているが、人形役の二人が出色だ。

放浪を続ける親子のシーンは、四季を画くために実際に1年を費やしたといわれる。
各地でこの親子が虐待を受ける場面を、音楽「宿命」が盛り上げる。
人形役の二人は殆ど台詞がない。
息子は眼差しですべての表情を表し、父親も限られた言葉が故に逆にその言葉が重い。

本浦千代吉が施設に収容されるために、馬の轢く荷車にのせられて駐在所の前を通る。
秀夫がそれをじっと見つめている、そして終には、父親のいる駅を目指して懸命に走る。
抱き合う親子を見て、緒方拳(三木巡査)が帽子をかぶりなおす。
バックには、哀・哀・哀の音楽。

ナリポン的ベストシーンというかクライマックスは今西が生存していた本浦千代吉に面会にいき、
成長した秀夫、即ち和賀英良の写真を見せる場面だ。
うめき声というか嗚咽の後に、千代吉が言う一言。
『そ、そ、そんなしと、すらねぇぇ』

丹波哲郎も霊界を知る前(笑)で、見事な演技をしている。
若い刑事役で出ている、森田健作も例の「よしかわくぅ~ん」調の裏返った声で好演している。
千葉知事選の前に、この砂の器を見せたら、6千票くらい簡単にひっくり返っていたかも(笑)

ところで、捜査一課長の内藤武敏が、和賀の人生を「じゅんぷうまんぽ」と言うのはわざとかミスか。

「えっ、砂の器?知ってるわよ。中居君がやったやつでしょ。」
と言う人には、是非一度この30年前の一流の映画を観て頂きたい。

砂の器 ◆20%OFF!<DVD> [DA-129]

砂の器 ◆20%OFF!<DVD> [DA-129]


砂の器

砂の器



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックありがとうございます

 泣けるツボはみなさん同じなんですね。サントラを聞きたくなってきたが、プレーヤーはなし...映画でもみますか。

Re:トラックバックありがとうございます(04/09)

走る稲妻さん
> 泣けるツボはみなさん同じなんですね。
ですね、でもだからと言って計算高い作品とは呼びたくない。

>プレーヤーはなし...
やっぱり、私ももう10何年前を最後にカートリッジが入手困難に・・・
レコードは結構持ってるんですけどね。
もうカビだらけかな・・・怖くて見てもいない(笑)

Re:野村死すとも名画は死なず~『砂の器』~(04/09)

初めまして、こんにちは。
トラックバックありがとうございます。
映画の感想と言える様なものではありませんが、洋画の方にばかり興味のあった学生の頃、映画館で観た映画で、忘れられない作品の一つです。
去年、思わずDVDでまで買ってしまいました。
あの頃、この映画を観て感じた思いは、今でも同じで、(ちょっと純粋さが、、、あれだけど、、)あの親子が歩くシ~ンに、やはり涙がこぼれてしまいます。
加藤嘉さんのお顔が余計に、、、
丹波さんの刑事としての年輪と若さと情熱で事件に挑む森田健作の二人の刑事、、とても印象に残ってます。

お間抜け???でした。

気が付かず今になり、写真まで・・・・松本清張は日本の歴史に残る作家そして、それを映像に表現した野村監督はやはり偉大でした。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。