スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘六甲のおいしい水’が‘六本のおやすい水’に~アサヒ飲料がハウス食品から買収して2Lペット76円も出現~ (4)

国産ミネラルウォーターの中で‘六甲のおいしい水’は個人的にはブランド力があると思っている。
90年代他の国産メーカーや外国産のものに比べると遥かに高かった(200円台後半?)が、
飲み比べると文字通りそのおいしさを実感できた。
或る時水道水、浄水器の水、を含む5,6種類の水で目隠しテストをやらされたことがあるが、
六甲だけは何度やっても当てた覚えがある。

その後は他メーカーが価格引き下げに走り、こちらもミネラルウォーターを利用する範囲が
広がって、消費量が増えたことで自ずと低価格の方を利用するようになった。

低価格化はさらに加速し4,5年前なら1本98円で買いだったのが
ここ数年は88円→78円まで下げた。
この価格でサントリーの天然水やコカ・コーラの水の森だよりが手に入るようになっていた。
六甲の方とはスプレッドが100円ぐらいあったと思う。
それがこの夏になって大きな変化が見られたのだ。
或る日かみさんが車から下ろしている箱を見ると六甲じゃないか。
六甲が78円で売っていたそうだ。
まさか?と思いながら調べてみると4月にアサヒ飲料がハウス食品から水事業を
買い取っていたことを初めて知った。
7月6日からアサヒ飲料の商品として出荷が始まったそうだ。

勿論いつも78円で買える訳ではなく特売価格だが市内の複数のスーパーやドラッグストアで
扱っていて、中には週1回必ずやるところもある。
そして先日某大手スーパーに行った時だ。
レジの横のスペースに南アルプスの6本入りの箱が積まれていてお馴染の468円の値札。
その隣に六甲の箱があってこちらは見慣れぬ456円。
えっ、これって1本76円じゃん。
ブランド力のある六甲銘柄で新安値更新かよ。

これじゃあ‘六本のおやすい水’だね・・・(^。^)

ここまで暴落するとハウスの時代と同じ品質なのか気になる。
10何年前には目隠しテストで‘利き水’できた私だが、これだけ久々になると
当時と同じかなんてまったく判断できなかったし、あの頃感じた‘格別のおいしさ’も
正直実感できなかった。

そこでアサヒ飲料に電話で訊いてみた。
先方の回答は明瞭だった。
工場、土地、建物、設備を買収しそのまま生産を続けている。
現状は従業員もそのままで品質はハウス時代となんら変わらない。

実売価格が暴落していることを指摘すると、あまり愉快そうではなかったが
希望小売価格も230円+税で据え置いたままだそうだ。

まあ何れにせよ消費者にとっては国内メジャー・ブランド3社の実勢価格が
同水準になったことで選択の自由度が増すことは歓迎できる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:‘六甲のおいしい水’が‘六本のおやすい水’に~アサヒ飲料がハウス食品から買収して2Lペット76円も出現~(09/29)

こんばんは。
普段は長旅の時だったり旅行先でしか飲まないのですが国内、海外と沢山の種類がありますよね。
アサヒ飲料は別ブランドの富士山のバナジウム天然水がありますが、六甲のブランド力をプラスにしたいんでしょうけど2つも背負って大丈夫かなというのはありますね(笑)
会社が変わると品質も?は分りませんがどうなんでしょうか(笑)
消費者にとってはこういうのって一度選択すると他のに代えたくないのもありますよね(^^ゞ

Re[1]:‘六甲のおいしい水’が‘六本のおやすい水’に~アサヒ飲料がハウス食品から買収して2Lペット76円も出現~(09/29)

ゴジ松さん
>別ブランドの富士山のバナジウム天然水がありますが

知っていますが未だに飲んだことがありません。

>2つも背負って大丈夫かなというのはありますね(笑)

何れ六甲だけにしそうな気がします。

>一度選択すると他のに代えたくないのもありますよね

アルコール系はビールもブランデーもジンもひとつの銘柄しか飲みませんね。
水はそこまで徹底していません。
それを言うならば好きな野球選手はいつも一途です・・・(^。^)

ビックリした

はじめまして、ガイナッツと言います。自分もたまに「六甲のおいしい水」を飲む時があります。26日に近所のスーパーで久しぶりに買ったら発売元がアサヒに変わっている事にビックリしました。デザインが変わっていないのにはほっとしました。ペットボトルの値段はオープン価格になっているみたいです。

Re:ビックリした(09/29)

ガイナッツさん

ようこそ!
実に謙虚にAsahiのロゴがあるだけですから気付きにくいですよね。
というか、まさに六甲ブランドを踏襲しようという戦略でしょう。
値段はこの記事を書いた頃が最安値で、最近では100円割れを発見するのも難しい感じです。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。