スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛くない桃屋、SBの具入りラー油は合いそうにないものがベストマッチ~王道はちゃんと辛い李錦記の潮州辣椒油~ (2)

前回は人気の具入りラー油がセブンネットで購入できたことを書いたが、
問題は購入する価値があるかどうかということだ。

我が家ではYESだが、ラー油について友人や知り合いと話すとそもそも辛いものが苦手、
ラー油も餃子ぐらいにしか使わないという人が結構いて驚いた。

加齢に伴い食の志向は穏やかなものに変わって行くのが普通だ。
脂っこいものを避け、肉より魚を好むようになり、
昔は殆んど食べなかった山菜に思わぬ満足感を感じたりする。

我々夫婦も例外ではないがひとつだけ過激になったものがある。
それが辛さだ。
昼飯で通う店の中には、我々が現れると注文も取らずに自動的に辛み増量の
特別ヴァージョンの料理を提供する店が2店舗ある。
ひとつは麻婆豆腐であり、ひとつは担々麺だ。
家でもハバネロやバーズアイは常備、シンガポール在住時代に馴れ親しんだ
グリーンチリの酢漬けも自家製のものが常に冷蔵庫にある。
ラー油に関しても後で紹介する中国産の大瓶を利用している。

武田一浩の野球解説みたいに自分語りになってしまったが、
私の場合これだけ辛みへの興味も耐性もあるという前提を知ってもらいたかった。

そういう人間にとっては今ブームになっている桃屋やSBの具入りラー油は、
辛くないことを謳っている時点でアウトか?

実際に食すると確かに辛くない分物足りない。
ただその物足りなさを活かす食べ方があるのだ。

辛くない具入りラー油はラー油に合いそうにないものと合わせると新しい世界が開ける。

辛いラー油だと根こそぎ破壊してしまいそうな相手を探すと良い。
ネットで検索すると色々な‘実験’をした人達の報告が簡単に見つかるが、
一番人気はそうめんかもしれない。
実際かなりイケる。
他で個人的に気に入ったのは目玉焼きごはん、温泉たまごでもいい。
あとは焼きビーフン、(冷凍)チャーハン。
納豆は試したいがワーファリンを服用しているので無理。
冷奴も悪くはないが物足りない。
何故かというと我が家ではこの具入りラー油ブームが訪れる随分前から具入りラー油を
愛用していたのだ。

それは李錦記の潮州辣椒油だ。
リキンキと読むが中華食材メーカーとしてはメジャーだ。
業務用の大瓶で335g入り、いきつけの中華料理屋ではこれがデフォのラー油で
初対面で気に入ってしまった。
それ以来、店から900円で分けてもらっていた。
個人的には値段相応だと思っていたが今回の騒動で実売は600円程度だとわかった・・・(-_-;)

こっちの方はちゃんと辛いラー油だ。
餃子等の点心もの、あんかけ料理、ぽっぽっ屋の油めんのような骨太ラーメン、中華風冷奴、
ザー菜と鶏肉白髪葱添えなどには抜群の存在感を示す。

ラー油は本来辛くなければ意味が無いという点で語れば
具入りラー油の王道は李錦記ということになる。
(エスビーが輸入している小瓶85gもあるが内容が同じかどうかはわからない。)

但し辛いラー油が苦手な人で今回のブームでやっとラー油好きに転じた人もいるのは確か。
何が王道か正しいか等という拘りを棄てて、色々なものにチャレンジして楽しむ心が大事だ。

世の中には見境なくマヨネーズやタバスコをかけて食べる連中が居る。
ラー油に関しても同様の現象が起こっているかもしれないが何でもやり過ぎは問題。
気になるカロリーだが一瓶(110グラム)で700~800だから、
調子に乗らなければ十分にコントロール可能だ。

従来の卓上のラー油(120円程度)は1年経っても使い切らない家庭が結構ありそうだが、
この具入りは3倍近い単価なのに10日ぐらいで空けてしまう可能性がある。
そういう意味では企業収益の観点からもヒット作と言えるかも・・・。

個人的には桃屋よりSBの方が食感と香りの点で好みだがこれぞひとそれぞれだ。
ここぞとばかりにこの大手以外にも色々な便乗品も出ているがそこまで手は回らない。
まあ、今日は具入りラー油に興味を持ったが辛さが足りないとお悩みのみなさんに
我が家御用達の李錦記の潮州辣椒油を紹介したかったのが本音かな・・・。









≪関連記事≫

桃屋とSBの具入りラー油が楽勝で買えた~真夜中のセブンネットショッピング~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:辛くない桃屋、SBの具入りラー油は合いそうにないものがベストマッチ~王道はちゃんと辛い李錦記の潮州辣椒油~(07/05)

こんばんは。

>私はSBの方が食感と香りの点で好きです。

あら、そうですかー。
今度買ってみます♪
そうめんは意外だ(笑)

紹介のは本場のでしょうか?
桃屋といえばザーサイも有名ですが、市場などで売ってる本場のザーサイは美味いですね。
市販のように綺麗ではなく、塊で売っていて塩でしめてるのでかなりしょっぱいのですが既製品とはまた違った美味さがあります。
こういうのって一度食べると手放せなくなるんですよね(^^;

>本当はスカッと松井ネタを書けるような状況に

全くですなー。
打ったり打たなかったりとなかなか思うようなバッティングで出来ないですね。
数字的に見えれば6月は盛り返したと言えるんでしょうが、どこかで馬鹿あたりしないと全体的な印象は上がってこないですかね。
今日は華麗な守備が見れましたが(^^;

Re[1]:辛くない桃屋、SBの具入りラー油は合いそうにないものがベストマッチ~王道はちゃんと辛い李錦記の潮州辣椒油~(07/05)

ゴジ松さん
>そうめんは意外だ(笑)

アイスやプリンに挑戦する人もいるくらいですから・・・(>_<)
そうめんは評判が良いみたいです。

>市場などで売ってる本場のザーサイは美味いですね。

美味いのは美味いですよね。
ただ塩抜きに失敗すると結構ヤバイ。

>全くですなー。

こうやって別のネタを書いて、逆にマーフィーさんを刺激しようとしてるんですが
それも全然実りません。

>全体的な印象は上がってこないですかね。

例のゲレーロ大爆発もありましたからね。
松井は気にしてないと言うでしょうが、かなり強烈でした、

人繰りが厳しい中何とかごまかしごまかしやってきてましたが、
戦力低下が試合結果に直結するようになってきて頭が痛いです・・・(-_-;)

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。