スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~ (8)

NY_AMNY

NJ_HN

NJ_TR


LAAの松井秀喜がNYYのホーム開幕戦のためにニューヨークにやってくることは
NYメディアも大きく取り上げていた。

松井の心境はどうだろうか。
今慣れない土地でストレンジャーをやっていることよりも、
馴れ親しんだニューヨークにビジターとしてやってくることで
自分がもはやニューヨーカーでないことを実感しているのではないかと
勝手に思いをはせた。

ところで去年のヤンキースの優勝パレードに関して私はこう書いた。

去就問題が盛んに云々されているが、今日の松井の姿をみてこの1マイル足らずのパレードが或る意味ヤンキーとしての花道になるのではないかという思いがある。
松井の悲願の世界一、しかもMVPのタイトルも獲得するという完璧な形での結末。
本人は残留を強く希望しているが、この結末は今までの松井の努力だけではなく、残留できないことへのコンペンセーションを含めて野球の神様が仕組んだような気がするのだ。

そして野球の神様がまた動く。
ヤンキースのホーム開幕戦で行われるチャンピオンリング・セレモニーに
対戦相手のエンジェルスの松井が参加できるように計らってくれたのだ。
ワールドシリーズ制覇の大ヒーローに対するご褒美でもあり、
結局は残留の希望が叶わなかったことへのコンペンセーションでもあるようだ。

ヤンキース関係者への授与が終わり一瞬の間が空いた後に松井の顔が大写しになった。
口元の様子は何か込み上げるものを必死に抑えているようにも見えなくない。
マイケル・ケイがひと際大きな声で2009年ワールドシリーズMVPのヒデキィ・マツイを紹介する。
場内は騒然と言って良い程のスタンディング・オベーションで松井を迎えた。
今日紹介された誰よりも、あの人気者ジーターより大きな歓声だ。

松井が完全に主役を奪ったな・・・(^。^)

ジラルディにリングの入った箱を渡され、ヨギ・ベラとホワイティ・フォードと軽くハグした後
松井は赤いキャップを取り場内の観客に手を振って応えた。

そこで整然と並んでいた選手達が一斉に松井をめがけて集まってくるのだ。
まるでサヨナラを決めた瞬間のようだ。
目立ちたがりのA-Rodを筆頭に次々とハグを交わす。
リヴェラやポサーダ、カノー等の元チームメイト達の表情が実に嬉しそうだ。
最後にジーターと長いハグを交わしてとお互いのベンチに戻った。

それまでは胸で感動していた私もあそこで堪えられなくなった・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

9年振りのリング・セレモニーでいくらWSMVPとはいえ今は外様の松井秀喜。
そんな彼をまさに主役として演出するヤンキースは一流と言わざるを得ない。
現地のファンの書き込みでもclassとかcoolという表現が目立っていた。

試合が始まって松井の第1打席、やはりここでもスタンディング・オベーション。
何気に空気を読んでマウンドを外したペティットの気遣いにも感謝だ。
ヘルメットを取って声援に応える松井を観ながら、あの時のシーンを思い出した。

あれから4ヶ月、松井秀喜の‘9.12’~Godzillaが味わった‘2種類’のオベーションこそフィールド・オブ・ドリームズ~

そう、2006年9月手首の怪我から復帰した時だ。
松井自身一生忘れられないと言っていたが今日の2度のオベーションも
あれ以上に忘れられないものになったに違いない。

不動心が売りの松井でも流石に今日は試合前に消耗したのか打席では散々だった。
第1打席で三振を喫した後ポサーダと衝突したのが象徴的。
注目のリヴェラとの対決も実現したがまさに儀式は松井に始まり
試合は松井で終わる展開になってしまった。

新天地の西海岸で好スタートを切った松井がニューヨークに戻って妙な里心がついて
調子を崩すようなことが無いといいのだがどうだろう。
私もYESの実況には里心がついてしまった。

因みに松井へのハグ攻めを提唱したのはどうやらジーターのようだ。
それで終わらないのがジーターのいいところで他で暗躍していたのだ。
実は最初に渡したリングはスズで出来たレプリカだった。
言い草が振るっている。
‘マツイの側では誰とも比べようがないからわからないだろ’
ふたりとも互いに認め合う関係だからこそできる悪戯だ。

他では弄られキャラのスウィッシャーがリヴェラに同様のことをされた。

まあこの辺を含めてヤンキースもジーターも一流だね・・・(^。^)

おかげで松井秀喜の野球人生でかけがえの無い晴れ舞台になった。
今年もリング獲得を目指したいところだが現状だとその権利取りさえ無理っぽい。

今日こうして本物とフェイクの2個のリングを手にできたからいいか・・・(>_<)

《追記》
どこか一面にこないか必死に探したら取り敢えずマイナー系と思われる
3紙に松井が登場。
折角だから大盤振る舞いで全部転載。
それにしてもこれを狙って動くエロは相変わらずだぜ。



matsui-ring-01


matsui-ring-05



matsui-ring-02


matsui-ring-03


matsui-ring-06





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~(04/14)

こんばんは。
同じくうるっときました・・・。
本当に粋な演出でしかもそれが自然と出来てしまう。
改めてヤンキースの特別さ偉大さ、そして強さを感じましたね。
試合ではさすがのゴジも地に足が付いてない感じでしたが(^^;
素敵な写真ありがとうございました。

Re:リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~(04/14)

ナリポンさん、素敵な写真ありがとう。
改めてヤンキーの素晴らしさを痛感しました。
「松井がいるからヤンキースのファンなだけさ!」と自分自身納得させてきましたが、非常~に複雑かつ微妙な気分です・・・。何が言いたいねん!
すみません、ついつぶやいてしまいました。

Re:リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~(04/14)

素晴らしい写真をありがとうございます。


 ブログのトップページの写真もとうとうかわりましたね。この日を待ってたかのうような仕上がりです!


 今日からは、平常心で戦えるかな・・・

Re[1]:リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~(04/14)

ゴジ松さん
>同じくうるっときました・・・。

来て当然です。
松井も涙目だったんですから・・・(^。^)

>本当に粋な演出でしかもそれが自然と出来てしまう。

松井には事前には知らされていなかったみたいですね。

>試合ではさすがのゴジも地に足が付いてない感じでしたが(^^;

松井も人の子ってことでしょう。

Re[1]:リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~(04/14)


おぼろさん
>自分自身納得させてきましたが、非常~に複雑かつ微妙な気分です・・・。

私もBOS-NYYは他人事と書いた人間ですが、ヤンスタはやっぱり違いますね。
7年間ずっと追っかけていたせいもありますが・・・。
MLBは30球団もありますがNYYがスペシャルなのは際立っているような気がします。

Re[1]:リング・セレモニーの主役を奪った松井秀喜~演出したヤンキースも暗躍したジーターも一流~(04/14)

ryosukeさん
> ブログのトップページの写真もとうとうかわりましたね。

ピンストライプに囲まれる‘紅一点’を見ていたら
変えるしかないと思いました。
LAAの開幕戦の時のものです。

> 今日からは、平常心で戦えるかな・・・

松井はダメでしたが松井抜きでの初勝利はそれはそれで意義があります。
いきなりの崖っぷちでNYYには1勝も出来ないかなと思っていましたか

感動的でしたね(;O;)

なりぽんさんと一緒で、復帰戦の感動がこみ上げてきました。
なんといっても、ファンに愛されてるなあと。
NYのファンが厳しい&移り気なのは有名ですが、いろいろあったけれど松井選手がどれだけチームに貢献したか、献身的だったかということが証明されたような気がします(:_;)
そして、チームのみんなが集まってきた時はやっぱり映画を見ているようで、ドラマチックで感無量でした。
もちろん、これからは敵どうしなんですが、松井選手は敵味方を超越した、特別な選手のような気がします。
きっと、どこへ行っても記憶に残る選手でしょう。
試合は、外角攻めが厳しくて憎らしいですが、とりあえず勝った良かったです!

Re:感動的でしたね(;O;)(04/14)

モン太さん
>なりぽんさんと一緒で、復帰戦の感動がこみ上げてきました。

野球のプレイそのものじゃないけどあれは個人的にはかなりポイント高かった。
でも今回の集団ハグはあれ以上ですね。

>なんといっても、ファンに愛されてるなあと。

今日のHRの後はそれを実感しましたね。
なんかNYYに在籍していた時より絶対今の方が愛されてる・・・(>_<)

>とりあえず勝った良かったです!

松井はタコでしたが試合終了後は笑顔でした。
逆に今日は自分は打ったけど負けたので厳しい表情でした。
打って勝つ試合が見たいですね。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。