スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ‘バリア55’~松井秀喜が守っていると打球が飛んでこない~ (2)

今日の対LAD戦では4番レフトで先発した松井秀喜。
これでこの春守備に就いたのは4試合目だ。
DHと違って観ている方も謂わば‘表と裏’を味わえる訳で、
どんな守備をしてくれるか興味津々だ。
LFで先発した試合はMLB.TVの映像が無い時もラジオ放送を聴いていたが、
これが何とも期待外れに終わった。

4イニング+4イニング+7イニング+6イニング=21イニング

これで守備機会はたったの2回しかなく、それもイージーフライだった。

これじゃあ、松井にとって実戦練習にもならないし、首脳陣も守備力の評価が出来ない。

イチローの守備範囲に関しては‘エリア51’という表現があるが、
松井秀喜の場合は打球を寄せ付けないという意味で‘バリア55’だな・・・(^。^)

但し少し調べた感じではそもそも外野手の守備機会はそれほど多くない。
多い選手でも21イニング換算で5~6回が精々の計算になった。

勿論打球の行方とは関係なく投球ごとに身構える訳で、目に見えない負担はある。
シーズン中、インターリーグ以外ではどんな頻度で松井が守備に就くかはわからない。
相場的な発想で言えばSTでRSIがボトムに張り付いた反動で、
本番では松井の周りにポンポン打球が行きそうな気がするがどうだろう。
或いはまさに‘バリア55’が機能してLF松井の存在価値となるのだろうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:これぞ‘バリア55’~松井秀喜が守っていると打球が飛んでこない~(04/03)

こんばんは。

バリア55強そうだ(笑)
守備機会が少なかったのであまり練習にはなりませんでしたがこの時期に4回もつけたのは大きいですね。
守備というより膝の状態が良い証なのが確認できました。
まぁでも無理せず定期的に休みを取って1年間フル4番で活躍して欲しいものです。

昨日、今日(再放送)のスポーツ大陸はご覧になりましたか?

Re[1]:これぞ‘バリア55’~松井秀喜が守っていると打球が飛んでこない~(04/03)

ゴジ松さん
>まぁでも無理せず定期的に休みを取って1年間フル4番で活躍して欲しいものです。

私は外野手松井は飽くまでも打者松井の機会をできるだけ増やすことにあると
ドライに考えています。
守備で無理をして打者としての出場のリスクを冒すのは本末転倒だと思っています。

>昨日、今日(再放送)のスポーツ大陸はご覧になりましたか?

もちろん・・・(^。^)
松井はヤンキースの土台だったと分析するソーシアに惚れました。
ハンター、アブとの食事会のシーンも良かった。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。