スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーターが安打数でゲーリッグを越えた~それでもヤンキースの伝説的な打者という実感が湧かないのは何故?~ (4)

ディレク・ジーターがルー・ゲーリッグの持つヤンキース最多安打の記録を塗り替えた。
2,722本目は一塁手の脇を抜く彼らしい右方向の打球だった。
一塁に到達したジーターに雨具に身を包んだスタンドのファンはスタンディング・オベーション。
チームメイトが駆け寄りひとりひとりとハグをした。
いつも饒舌なマイケル・ケイもここは沈黙が金であることを知っていた。
遠慮深い松井は最後に抱き合った。
今日は2001年の9.11に因んで赤いキャップが義務付けられていたが、
それが誰よりも似合わないことを知っている松井はかぶっていなかった。

偉大な瞬間を演じたジーターの顔は普段に増して凛々しい。
しかしこの記録更新で将来ジーターがヤンキースの歴史で伝説的な打者として
語り継がれるかと言うと、そういう実感が何故か湧かないのだ。

ZIPHITなんて怪しげな商品の通販のCMに出ているからだな・・・(>_<)

恐らく最大の理由はジーターをリアルタイムで見ているせいだと思う。
ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグをはじめミッキー・マントル、ジョー・ディマジオは
リアルタイムでプレイを見ていない。
白黒のフィルムや映画化された中で既に伝説化された存在となっているのだ。

ジーターが‘大打者’という印象が無いのは長打が少ないからだろう。
ホームランと打点では歴代10位に過ぎないし、SLGでは30位だ。

ジーターの初グランドスラムが‘難産’だったのは有名な話だ。
2005年に‘136度目の正直’に恵まれたが、それ以来2本目が生まれていない。
じゃあ、満塁で弱いかと思いきや打率は3割5分ぐらいあるから鬼と言ってもいい。

私は2003年以降なら誰にも負けないくらいヤンキースを追いかけているが、
それ以前、特に90年代後半の4度のワールドシリーズ制覇を知っている人達の
ジーターの印象は異なるかもしれないと思っていた。

ところがそうでもないらしい。
YESがこの前やっていたジーターの印象深いシーン4択アンケート。
ダントツの1位(44%)は2004年のBOS戦でファウルボールを追いかけて
内野スタンドにダイブしたプレイだった。
ジーターの真似をして顔にバンドエイドを貼った少年の姿を覚えている人も多いだろう。

同様のアンケートをDailyNewsが6択でやっていたが1位を分け合っていたのは、
あのダイブと2001年のALDS(対OAK戦)で見せた絶妙な中継プレイだった。
どちらも打者としてのジーターではないのだ。


What is your favorite Derek Jeter moment?

The Jeffrey Maier home run 3%
Winning the 2000 World Series MVP award vs. the Mets 9%
The flip play vs. the A's in the 2001 ALDS 37%
His Mr. November blast in the 2001 World Series 11%
Being named 11th Yankee captain in 2003 4%
His dive into the stands against the Red Sox in 2004 36%


ジーターはヤンキースの歴史の中でどう位置づけられるのか。
或るヤンキース番記者の個人的ランクでは6番目になっている。

The list of greatest Yankees

1. Babe Ruth
2. Lou Gehrig
3. Joe DiMaggio
4. Mickey Mantle
5. Yogi Berra
6. Derek Jeter
7. Whitey Ford
8. Mariano Rivera
9. Bill Dickey
10. Lefty Gomez


これに関するコメントを見ても、1~5に関しては異論が殆んど無い。
実際あと100年経っても変わらないのかもしれない。
伝説は時の経過とともにさらに伝説化が進むからだ。
6位以下についてはBernie WilliamsやDon Mattinglyを推す人もいるし、
あと将来的にはJorge Posadaも入ってくるのではと予想する向きもあった。
まあこのランキングに私が口を挟む資格は無い。

ジーターに関して私の個人的な印象は‘The Great Yankees’ Captain’だ。
数多くの大物選手が来てはいなくなるチームの中で見事なリーダーシップを発揮していると思う。
色々なコメントを聞いてもウィットに富み如才無い。
ユーモアのセンスも持ち合わせている。

Derek is a team guy.

チームの勝利こそが最優先という姿勢にブレが無い。
だから他の個性の強いチームメイトにも受け入れられ、数多くのファンからも愛される。

2009年のジーターにとって今日の個人記録達成は大きな意味を持つことは確かだが、
彼の本望はキャプテン就任以来一度も手にしていないチャンピオン・リングにあることは
言うまでもないだろう。

松井が何かいいことをしてベンチに戻ると、ジーターが頭をナデナデしてくれる光景を
見るのが好きだ。
それが来年以降見られなくなると思うとやはりそれはそれで淋しい。


jeter-hitking


jeter-matsui-091109



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ジータおめでとう!

>Derek is a team guy.

>チームの勝利こそが最優先という姿勢にブレが無い。
>だから他の個性の強いチームメイトにも受け入れら>れ、数多くのファンからも愛される。

全くの同意です。
野球は心に響くスポーツ。
往年のヤンキースの選手にも共通してますがこれが基本ですよね。

次は3,000ですね

イチローよりも早くラインを抜けた我らがキャプテン、おめでとうございます。
貴方については、日本の新聞のスポーツ面でも掲載されました。
日本人を除くメジャーリーガーが、取り上げられるのも珍しいのではないでしょうか。

リストについてですが、他チームはどうなのか考えて見ました。
まずBOSは、テッドとヤズはまず入る。
NYMはトム・シーバーは鉄板ですね。
LAAは・・・意外とこれという人は思い当たりませんね。
地味な時期が長かったのもあるだろうけど、ギャレット・アンダーソンは入るのでしょうか。
さてSEAは、球団歴が若い事もありイチローは多分上位にいくと思います。
イチローの上になるのは、最低ジュニアとエドガー・マルティネス。

Re:ジータおめでとう!(09/12)

ゴジ松さん
>全くの同意です。

容姿や話し方は違いますが、結局松井の姿勢とまったく同じなんですよね。
良いことがあっても悪いことがあっても頭は次の試合をどう戦うか。

>野球は心に響くスポーツ。

だからやはり松井を選んでしまう。

Re:次は3,000ですね(09/12)

speakerさん
>日本人を除くメジャーリーガーが、取り上げられるのも珍しいのではないでしょうか。

NHK夜7時のニュースの限られたスポーツコーナーでも、並んだ時、追い越した時、
両方とも扱っていました。
ヤンキースのブランド力でしょうか。

>リストについてですが、他チームはどうなのか考えて見ました。

一応得意科目のNYYでも口を出せない私としては、
他の科目はまったく手が出ません・・・(-_-;)

エドガー・マルティネスの持つ雰囲気は好きでした。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。