スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレク・ジーターのデビュー戦は?その夜父子で食べたのは?初ヒットを打った時の一塁手は? (8)

今のヤンキースにはふたつの‘時間の問題’がある。
ひとつはチームの地区優勝、もうひとつはジーターの安打数でのルー・ゲーリッグ越えだ。
ジーターはあと4本のヒットでヤンキースの歴代安打数でトップになる。
昨日はレイバー・ディのダブルヘッダーで大いに期待がかかった。
お馴染の両親の他に一部で婚約騒動があったガールフレンドのMinka Kellyさんも観戦していた。
チームは2試合とも勝利したが‘肝心’のジーターはノー・ヒット。
一面も‘EVERYBODY HITS…exept Jeter’

今日のヤンスタにはティノ・マルティネスの姿があった。
このブログの常連(女性)さんにもファンがいるが相変わらずのイケメンだ。
そこでニューヨーク・タイムズの記事で読んだことを思い出し、
‘今日のトリヴィア’として久々にブログでも書こうと思った。

が、さすがYESである。
しっかりとその映像を流されてネタバレされてしまった・・・(-_-;)

でも見逃した人もいると思うし他にも‘因縁’があったので今日のタイトル通りに
書くことにした。

ジーターがデビューしたのは1995年5月29日、場所はシアトル、相手はマリナーズだった。
ジーター・パパは朝3時に起きて急きょミシガンから駆けつけたそうだ。
結果は5タコ。
試合は延長戦に突入し、ランナーを3塁に置いて一打勝ち越しのチャンスもあったが三振。
試合後、親子で食べたのはMcDonald’sだった。
本人は他に開いているところが無かったと‘言い訳’をしているが、
今のジーターでは考えられないことだ。

20歳のルーキーがデビュー戦でタコって父と子でマックで食事をする。
そのチープ感や哀愁が逆に素敵だ。

翌日の試合、通算7打席目で三遊間に初ヒットを放った。
1塁に辿り着いたジーターに一塁手のティノ・マルティネスが言葉を掛けた。

‘the first of many hits’

この段階でティノが翌年にはジーターとチームメイトになるとは思っていなかっただろう。
そしてその‘many’が自分の成績を遥かに上回るとは想像できなかったに違いない。
ティノは通算安打1925本、ヤンキーとしては1039本だ。

さて、今でも親交の深いティノが観戦していたのはそのものズバリだが、
他にも‘因縁’があった。
ヤンスタのバックネット下の回転式の看板がMcDonald’sだった。

そしてマリナーズにも因縁が・・・。
NHKともあろうものが9回2-2のヤンキース戦の中継を終了し、
マリナーズ戦に切り替えるという暴挙に出たのだ。
まるで件の人に第1打席で5本のヒットを‘まとめ打ち’されたら大変といった感じだった。

私は直ぐMLB.tvを起動させ、便利屋スウィッシャーがこの日2本目となるHRを放ち、
ラッキー13となるサヨナラ勝ちを収めるのを拝めたが、
NHKのやり方に不満を感じた真のメジャーファンも多いだろう。

ジーターはこの試合3三振を喫し、今季自己ワーストの連続12タコとなった。
驚くべきことだが彼らしくなく試合後の取材に応じなかったらしい。

冒頭で‘時間の問題’と書いたが、まさかもうひとつの方が
先に達成されたりするようなことは無いよね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

負けた

BSにしては珍しい終了の仕方だ。
まるで民放みたいだ。
結果、イチローに負けた形だが当の本人も5タコで
散々だった。BSの見込み違いザマーミロである。
もう一人にも負けた。ティノである。
最初、映画俳優を捉えてるのかとかと思ったくらい
いい男だった。
松井もジータの記録達成のせいでブルペンスタート
そして代打で三球三振。
でも最後に試合は勝った。

イチローも?

ひょっとしてイチローもグダグダになったりして。
もしそうなった場合は、ベンチでリアル吐きそうな彼の顔が見られるかも。
(向こうのチームはプレーオフの可能性は無いから、こちらも他所の話扱い)

目クソ鼻クソの仁義なき戦い!

やってくれましたねぇ!ジーター、カッコ良いです。
あと一本でしたが今日の試合は満足でした。

昨日は朝から松井君を先発から外した!という低次元の怒り発言で、朝ごはんから不味くなる始末。こういう性格だからわざとオフィスに篭って仕事。てめぇは見てろや、の暴挙に出ました。結果、途中で何やら聞こえたのですが無視。更にそれがティノだったと夜に発覚!こっちもこっちでチノ?何それ茅野市の事?チノパン?・・・もう目クソ鼻クソの戦いです

今日はポサダ君がBSの事を理解していたようで?見事にやってくれました、ヤッホー
松井君も打ったし、前述ジーターも最高!ついでにあいつは仕事で見れなかった!よ。わぁ~い

Re:負けた(09/09)

かず坊さん

結局新ヤンスタツアー第2弾は決行しなかったんですね。

>BSの見込み違いザマーミロである。

今日もあれですからね、とっとと決めてくれる方が有り難い。

>最初、映画俳優を捉えてるのかとかと思ったくらい

何か前よりもっとイケてましたね。

>でも最後に試合は勝った。

今日も強かったですね。
ジーターのタイ記録を負け試合にしたくないという気迫が感じられました。
松井も堅実に繋いで生え抜きポサが仕留める。

Re:イチローも?(09/09)

speakerさん
>ひょっとしてイチローもグダグダになったりして。

グダグダでも打てるのが内野安打です・・・(>_<)
上でも書きましたが早いとこ決めて‘正常化’させて欲しいです。
今年の10月は長くなりそうです。

Re:目クソ鼻クソの仁義なき戦い!(09/09)

雪娘さん

いやぁ、面白いですね。
最近はスーパーの特売品でも‘おひとりさま限定’ではなく‘一家族限定’がありますが、
ここのコメントはそもそも限定なんてありませんからご両人でどんどん書いてください。

>あと一本でしたが今日の試合は満足でした。

今日はご覧の通り松井ネタがあったので、新記録はやめて~と思っていました。

>今日はポサダ君がBSの事を理解していたようで?見事にやってくれました

チーム的にはもう別に勝たなくてもいいんですけど(笑)
ジーターの記録の日的にはやっぱり勝利の方がいいっすよね。
タメの松井が繋いで生え抜きポサが決める。
最後は同じく生え抜きのリヴェラが〆たら最高だったんですが、
それは‘新記録’の時ですね。

そういえば、95年は

95年どんな事があったのか、思い出してみました。
MLBでは、昨年からのストの後遺症で人気も落ち込んでましたっけ。
そこで現れた救世主がカル・リプケンでした。
おっと、野茂も忘れてはいけませんね。
投手ではマダックスが勝率9割台でした。
そして最後はCLEが映画そのままにWSまでいきました。(WSはATLに負けだけど)

変わってNPBでは、当然松井は現役でイチローは首位打者でした。
なお後者は何故か打点王も獲得しました。
そういえば、フリオ・フランコがロッテでプレーしていたなあ。

最後ジーターについて。
その年のファーストは、日本でもプレーした事のあるトニー・フェルナンデスでした(多分)。
そして彼の若き日の憧れだったデーブ・ウィンフィールドが引退した年です。
彼は「不幸な80年代」の象徴でしたが、最晩年ストが無かったら「ダブル3000」は達成出来たかもしれません。
結果的にチャンピオンリングは獲れたものの、どこまでもキャリアに不運が付いて回った大選手でした。

Re:そういえば、95年は(09/09)

speakerさん
>95年どんな事があったのか、思い出してみました。

う~ん、MLBに関して造詣が深いですね。
レスのしようがありません。
私は第2次長嶋巨人の応援に明け暮れていました。
あの迷采配をアンチに突っ込まれて、どう逃れるか必死でした・・・(>_<)

>なお後者は何故か打点王も獲得しました。

ナヌッ!
それがいまや200安打で打点40ですか・・・(@_@;)
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。