スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキースの4番松井秀喜で開幕を迎える興奮と期待と重圧~A-Rodの代役ではなく自分のスタイルで主役になれ~ (8)

2009年の松井秀喜はヤンキースの4番として開幕を迎える。
1年前を覚えているだろうか。
開幕のラインアップに名前があるかどうかも最後まで確定せず
結果的には名前はあったものの打順は8番。

個人的にはそれほど打順には拘りはなく、先発に残ったことに安堵したが、
多くの人はこの打順を‘屈辱的’と考え、ジラルディ新監督の蒙昧さを指摘する声も聞かれた。
しかし6試合目には5番に昇格。
堂々とチーム内三冠王を争い、5月にはア・リーグの首位打者争いに参加していた。

さて2009年はどうだろう。
オフに膝の手術をしてSTの実戦に加わるのも遅れ、その経過や調子次第では
開幕に間に合うかも懸念されていたのはある意味1年前と同じだった。

3月の初めに漸く実際の試合に出場したが、その頃ヤンキースの4番A-Rodに故障が発生し、
手術を敢行する事態になった。

エロ‘亡き’あとの4番は誰だという一見大問題が浮上したが、実は答えがすんなり出た。
‘ヒデキも当然候補者のひとり’という監督発言がそのまま‘確定’に近い形で
報じられるようになっていくのだ。
桁違いの年俸総額、タレント集団と言われながらも実はA-Rodが抜けると
代わりの4番候補がいそうでいない。
新戦力のテシェイラやポサーダあたりも候補だが、前者を3番に固定することを既に決めていたし、
ポサーダは肩の手術明けとなる不安要素がある。
そんな中、取り敢えずはDH専用になる松井が有力になったのか。
それほど積極的ではなく謂わば消去法で無難な選択をしたのだろうか。

松井は怪我をしてから戦力として劣化していることは間違いないが、
それでも全盛時に刷り込んだイメージとして‘clutch’‘RBI machine’がある。

こういった印象作りに貢献しているのは所謂‘最低限の仕事’だ。
先日その辛口記事を紹介したNY POSTのJoel Shermanもその点ははっきりと認めている。

One of Matsui's strongest assets in building value is his run production. You know as a fan how it drives you crazy when a hitter cannot drive in a runner from third with less than two outs. Well, Matsui has succeeded at that 137 out of 189 times in his career. That is 72.5 percent. Among active players who have been in that situation at least 100 times in his career, Matsui is second in the majors to Cleveland's Victor Martinez (74 percent).


以前にはMLB歴代プレイヤーの中で1位という報道もあったが今は抜かれて2位らしい。

松井にはファンがここで1点は確実と言う場面で、
まさに確実にその1点を計算できる安心感がある。
A-Rodはこのシチュエーションが苦手だ。
簡単に犠飛ぐらい打てそうなもんだが、何も起こらない三振や内野ポップフライに倒れ
ファンの大きな溜息を誘う。
そのかわり、エロには2アウトランナー1塁でガツンとHRを決める強さはあったりする。

何れにせよ実績からいえばエロの打撃の方が松井を凌駕しているのは歴然たる事実。
だからこそ松井にはA-Rodの代役ではなく自分のスタイルで主役になって欲しい。

カモメはカモメ、エロはエロ、そして松井は松井なのだ・・・(^。^)

1試合で10打点なんて無駄な派手さはいらないから、勝敗を決する貴重な1打点が見たい。

‘堅実’‘確実’‘時々ハデ’でいいじゃないか・・・(^。^)

ヤンキースの4番を務めることではしゃぐのは、
結婚を‘めでたくゴールイン’という安易さと似ている。
実際に幸せになれるかどうかはその後で決まる。

ただ、クリーンアップがひときわ注目されるスポットであり、
戦犯にもヒーローにもなり易いことは事実だ。

ひとつのプレイが‘レヴァレッジ’がかかって評価の対象になる。
NY紙の一面カバー率が異常に高いA-Rodが不在だから、そこに登場する機会も増えそうだ。
特に結果が出せないケースでのバッシングは強烈だろう。
新球場完成で盛り上がる中、チームとして2年連続の失敗は許されない。

STの試合で4番を打ち続けてきた松井は3本目のHRを放ったが、
2割打者が本当に4番でいいのかという不安もある。

でもいいではないか。
転がってきたチャンスだが松井の真価を問うには絶好とも言える。
今季は契約の最終年、来季以降の再契約はかなり微妙な状況だ。
何となく出場して、何となく評価されて、何となく未来を決められるよりは、
はっきりと‘白黒’(←赤なんですけどw)を付ける方がいい。

例年スロースタートなヤンキースが、4番松井のお陰で開幕ダッシュに脚質転換。
な~んてことになって‘ミスター・エイプリル’‘ミスター・メイ’とか呼ばれる展開が
美しいのだが、さてどうなることやら・・・。

理由は無いがエロは予定より早く復帰しそうな気がする。
あいつはそういう奴だ。

因みに去年の開幕戦は2-2の同点から松井の決勝2ゴロでヤンキースが勝利した。

今日は努めて冷静に書こうとしているが、それは実は自身に言い聞かせている部分もある。
開幕が目前になり‘4番の重圧’はファンである自分にもひしひしと伝わってきている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

松井4番DH響きが良いですね。
去年は8番DHでしたか響きが悪いどころか気分が悪く成った。記憶が蘇ってきましたよ、なりぽんさん。
エロのお陰?かもしれないが今季は開幕が楽しみです。オーピン戦の打率は悪いが今日3号HRを打ってくれました。今季はHRを30本以上打ちそうな予感がします。明日はカプスとの新スタジアムオープニングゲームが放映されるので楽しみです。

Re:ヤンキースの4番松井秀喜で開幕を迎える興奮と期待と重圧~A-Rodの代役ではなく自分のスタイルで主役になれ~(04/02)

こんばんわ、なりぽんさん。 

>‘4番の重圧’はファンである自分にもひしひしと伝わってきている。

 全くその通りです。しかしそれ以上に期待している自分がいるのも事実です。ここ数年の松井は、目を背けたくなるシーズンが続きました。今シーズンにその鬱憤を晴らしてもらいましょう。

 健康であれば、必ずチームに貢献してくれると確信しています。

 エロが戻ってくるまでの暫定のクリーンアップですが、やつが戻ってくるでにヤンクスも松井もスタートダッシュに成功してほしいものです。
 彼が救世主みたいな形で戻ってくるのだけはちょっと勘弁です(笑)。

 あ~開幕戦が楽しみだ!もちろん上原が投げる2戦目も。

こんにちは

さすがですね。
同じ松井へのエールでも、これ以上のものはなかなかないと思います。
本人が読んだら相当嬉しいでしょう。

Re:お久しぶりです。(04/02)

かず坊さん
>松井4番DH響きが良いですね。

響きなら‘4番 サ~ド 長嶋’未来永劫地球一位です・・・(^。^)

>打率は悪いが今日3号HRを打ってくれました。

あれ第1打席凡退で0.196だったんですよ、その後2本打って何とかあの数字に・・・。
でも、HRと打点はチームタイで2冠王なんですよね。

Re[1]:ヤンキースの4番松井秀喜で開幕を迎える興奮と期待と重圧~A-Rodの代役ではなく自分のスタイルで主役になれ~(04/02)

ryosukeさん
> 全くその通りです。しかしそれ以上に期待している自分がいるのも事実です。

上下に相当乱高下しそうですね。
早い段階で打点を挙げて欲しい。
メジャーに行ってからの松井は‘初めての○○’には強いので期待しましょう。

>彼が救世主みたいな形で戻ってくるのだけはちょっと勘弁です(笑)。

そういう絵が想像できたので、エロの早期復帰観測を書いた次第です。
‘えっ、4番はマツイのままでいいじゃん’という世論になってるといいんですが。
エロの復帰が3BなのかDHかも松井には大問題ですし・・・。

Re:こんにちは(04/02)

KMFISさん
>同じ松井へのエールでも、これ以上のものはなかなかないと思います。

えっ、テーブルの上のリンゴが真っ赤に輝いていますよ・・・(^。^)

>本人が読んだら相当嬉しいでしょう。

もし、松井が読んだら
‘うん、自分も同じことを考えてる’と言いそうな気がします。

出ましたね~

 新スタジアムで一発が出ました。長打に関してはいい感じに仕上がってます。本番にとっときたい感じですが(笑)

 松井の課題は、どうしてもアウトコースをどう攻略するかんで、気になります。

 その辺のところをなりぽんさんにお聞きしたいです。自分はスプリングトレーニングを映像で見ることができなかったので。

Re:出ましたね~(04/02)

ryosukeさん
> 長打に関してはいい感じに仕上がってます。本番にとっときたい感じですが(笑)

今日の記事にも書きましたが、HRを打つ時はあっさり打っちゃってる感じです。
一方でPゴロを含む内野ゴロも多い。
今の松井が1アウト満塁で打席に立つと、グランドスラムや走者一掃のダブルもありそうですが、
自分が走れない分ゲッツーになる確率も高そう。

映像があるものは何とか観てましたが、そもそも現地でも中継の無い試合が多かったです。
外を上手く打ってショートオーバーのヒットはありましたが、
今年はどちらかと言うとプルヒッターを目指してるような気もします。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。