スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Forbes Global 2000でみる‘一年先’は闇~AIGに続きランキング5連覇のシティグループも政府の管理下に~ (2)

マスコミが犯罪者について近所の人の評判を集めている場面で、
しばしば耳にする決まり文句がある。

‘顔を合わせるといつも挨拶をするし、まさかこんなことをする人とは・・・’

おいおい、挨拶をするかしないかだけで犯罪者になるかどうかわかるのかよ・・・(>_<)

世の中には陽気で愛想が良い犯罪者もいる訳で、この決まり文句の単純さを馬鹿にして
いながら、一方でお隣さん達に会うと‘いざという時’に備えて必要以上に丁寧に挨拶を
してしまう自分がいたりするから面白い。

挨拶を基準にしての‘まさかあの人が・・・’というのは余りにも根拠が希薄だが
こっちの‘まさかあの会社が・・・’はどうなのだろうか。

有力経済誌フォーブス(Forbes)は世界の富豪のランキングを発表することで有名だが、
世界の企業についてもForbes Global 2000というランキングを公表している。
経済誌と言えばフォーチュン(Fortune)も有力で古くからアメリカ国内外の企業ランキングを
発表しているが、こちらは単純に総収入をベースにしている。
一方フォーブスの方は売上高、利益、資産、市場価値の4つの要因に基づいて
決められているので、企業の実力をより的確に反映させている印象がある。

Forbes Global 2000の発表を開始したのは2003年だが、
栄えある初代第1位はシティグループだった。
そしてなんとシティは2007年まで5連覇するのである。
さすがに2008年は急降下するがそれでもしぶとく24位にとどまっている。

AIGはどうだろうか。
3位→3位→3位→4位→6位→18位

AIGは昨年のリーマン破綻直後に資金繰りに行き詰まり破綻寸前に追い込まれたが、
膨大な額のCDSを人質にして政府に救済され公的管理下に置かれた。

シティグループもついに株価は1ドル台に下落、政府が株式の36%を取得する形で
政府の管理下での再建を目指すことになった。

‘まさかあの会社が・・・’なんてもんじゃない。
世界に冠たる超優良企業であった筈の2社が凋落も凋落、まっさかさまの地獄行きだ。

まさに‘一年先’は闇だな・・・(>_<)

こんなことになるとフォーブスの担当者も顔色無しだろう。
ランキングが指標として軽視される可能性もおおいにある。

いや、意地の悪い見方をすればデスノート的指標性はあるかもしれない。
予備軍のひとつに目されているバンク・オブ・アメリカだが、
5位→6位→4位→3位→2位→3位とAIG,シティの後に続くには遜色無い順位を確保している。

資本主義の権化であるアメリカにおいて‘国有化’という言葉はやはりどこか馴染まない。
それに伴うコストも膨大なものになるだろう。

近い将来‘まさかあの国が・・・’という事態があるかもしれない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:Forbes Global 2000でみる‘一年先’は闇~AIGに続きランキング5連覇のシティグループも政府の管理下に~(03/01)

1990年代に21世紀をリードすると言われた金融機関(Sweet14とか17とか言っていた様な...)の筆頭格だった金融機関が次々とコケテますね。盛者必衰の理ですね。しかし、私が応援する阪神タイガースの様に、長~い低迷を経て再び強くなった例もありますから(未だに近年の活躍が信じられないでいる)、「1年先は闇」でも3年か5年先は明るいですよ。おっと、トラは1985年の優勝から2003年まで18年もBクラスの漆黒の闇をさまよいましたね 

Re[1]:Forbes Global 2000でみる‘一年先’は闇~AIGに続きランキング5連覇のシティグループも政府の管理下に~(03/01)

URU虎MANさん
>金融機関が次々とコケテますね。

どっかのスイス系もトップのチェンジで済ませたけど実は相当ヤバイっぽいみたいだし・・・。
盤石のトリプルAとかって思ってたところも今は昔。
本当に金融の‘凶作’は地球を揺るがす。

虎ファンとかロッテファンとかは或る意味耐性がありますからね。
ベイスターズファンのカップルの結婚式でスピーチをした時は
‘次の優勝まで離婚はないでしょう’なんて言っちゃいました。
あそこは38年周期ですから・・・(^。^)

2003年から5連覇って本当はヤンキース+松井に当てはまってたらな~
と考えながら書いてました。
まあ、スポーツの世界はなんだかんだ真剣ではあるけど、
所詮深刻さにおいては可愛いものかもしれませんね。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。