スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘Sean Penn is always Sam.’‘平田満はいつでもヤス’~ひとつの作品の印象が強すぎて~ (4)

アカデミー賞の授賞式をライブで見た。
この手のものに特に関心が高い訳ではないが、1年前から契約しているWOWOWの
独占中継ということで、見ないと元が取れないといった貧乏根性も少しあった。

主演男優賞はショーン・ペン(Sean Penn)が獲得した。
2003年の‘ミスティック・リバー (Mystic River)’でも獲っているから2度目となる。
今までは‘ミスティック・リバーのショーン・ペン’と紹介されていたのが今後は
‘ミルクの・・・’或いは‘オスカーに2度輝いた・・・’になるのだろう。

ただナリポン的には

‘Sean Penn is always Sam.’なのだ。

これは勿論2001年の作品‘アイ・アム・サム (I Am Sam)’のせいだ。
知的障害を持つ父親役を演じているがこれが見事。
娘役を演じた‘アメリカ版安達祐実’ダコタ・ファニングと交わす親子の姿は
文句なしに感動的だ。
知的障害者特有の言葉の発し方をするがそれが実に自然。
そしてその言葉は単純だがそれ故にストレートで時に鋭い。
その後彼の出演作をそれ以前の作品を含めて5,6本は観ているが、
普通に話している姿がどうも馴染まないのだ。
スタバで働きながら客全員に‘wonderful choice’と陽気に掛けている声が
聞こえてきそうになってしまう。

映画通や彼のファンからは私の狭さを叱られそうだが、私にとって彼はいつでも‘Sam’なのだ。
実際に‘リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (The Assassination of Richard Nixon)’
ではやはり‘Sam(uel)’を演じているし・・・。

Sam役のショーン・ペンをベストとすることに異論のある人は沢山いるだろう。
実際、私も今回の作品を観ていない訳で、観た後ではゲイ役の彼がサムに取って代わる
可能性も否定できない。

今日取り上げるもう一人の役者については異論はなさそうだ。

‘蒲田行進曲’‘ヤス’役を演じた平田満だ。

シンガポール在住中に送ってもらったビデオで初めて観た。
ソフトが少なかったせいもあって何度も観た。
当時滅茶苦茶仲が良かった友人と台詞の覚えっこをした程だ。
勿論、一番受けるのはヤスのパートだ。
後で知ったが日本アカデミー賞で平田満が‘主演’男優賞、銀ちゃん役の風間杜夫が
‘助演’男優賞というのは、中々よくわかっていらっしゃると思った。

深作監督、風間杜夫、平田満、松坂慶子という同じメンツで作った‘上海バンスキング’には
当然のことながら大いに期待したがこれが腹立たしい程の大外れ。
単に蒲田行進曲の偉大さを再認識させるだけだった。

役者としての平田満もそうだ。

‘平田満はいつでもヤス’

何とか好意的に見ようと努力しても‘ヤス’以外の彼は訴えるものに乏しい。
役柄も嫌な人間を演ずることが多くなり、ますます気持ちが離れる。

蒲田行進曲でいきなり150点なんて取ってしまったから、それが分母になってしまい、
75点の演技でも50点にしか感じなくなってしまった。

役者としては本人もその辺で悩むところだろうが、別に構わないじゃないか。
年をとるとともに役者として成長するのが一般的だと考えたところで、
だからと言って役者として輝くかどうかは別問題。

平田満と言えば‘蒲田行進曲のヤス’と誰もが思い出せる作品で輝いていたことは
映画史に残る。

将来彼の訃報を伝えるテレビではあの階段落ちのシーンが使われることは間違いないだろう。

訃報と言えば・・・。
授賞式を見ていて最も感動したのは、日本の2作品が選ばれた瞬間でもなく、
判官贔屓のナリポンとして‘スラムドッグ$ミリオネア’
‘ベンジャミン・バトン 数奇な人生’に圧勝したことでもない。

‘I'll Be Seeing You’という私の大好きなスタンダード・ジャズの歌声が流れた
追悼パフォーマンスで、最後に‘登場’したポール・ニューマンの姿を拝んだ時だった。

因みにあの曲は数えきれない歌手が歌っているが私が一番好きなのは
素直に‘Dinah Shore‘のやつだ。

《追記》
録画を再び見たら追悼シーンには‘KON ICHIKAWA’の名前もあった。
但し映像は別人。
‘ビルマの竪琴’?について語っている‘三國連太郎’だった。

あれ、スーさんころされちゃったの?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

アカデミー賞はすっかり忘れてました。
こうやって読むと、見ればよかったと思います。

アイアムサムのショーン・ペンは確かによかったですね。
というか最近の彼は、すでに立派な風格があります。

ショーン・ペンといえば、個人的にはタップスです。
映画自体に思い入れがあるのは事実ですけど、
事あるごとにあの頃の彼が浮かんできます。

本題とは逸れますが、大好きだったティモシー・ハットンが落ちぶれたのは残念です。
同じくタップスで共演したトム・クルーズもあの活躍ですから。

知的障害とは違いますが、もしまだでしたら「悪魔とダニエル・ジョンストン」がお勧めです。

もちろん蒲田行進曲は文句なしです。

Re:こんにちは(02/23)

KMFISさん
>というか最近の彼は、すでに立派な風格があります。

スピーチでも思いっきり自己主張していました。

>個人的にはタップスです。

観たことがあるような気がするけど、あらすじを読んでも全く思い出せない。

>大好きだったティモシー・ハットン

MLBファンと言いながらナ・リーグの4番打者がわからないように
名前を聞いても誰か分からず。
調べたら‘普通の人々’は絶対観たことがあったのに・・・。

>もしまだでしたら「悪魔とダニエル・ジョンストン」

これは題名を聞いたこともありませんでした。

なんか人生で何千本も観てる映画ファンなのに映画通を自認できない
底の浅さを再確認した次第です。

>もちろん蒲田行進曲は文句なしです。

ホッとしました。
あれが好きな人とは酒を飲んでもうまそう。

Re[1]:こんにちは(02/23)

Nariponさん

>>もしまだでしたら「悪魔とダニエル・ジョンストン」

>これは題名を聞いたこともありませんでした。

>なんか人生で何千本も観てる映画ファンなのに映画通を自認できない
>底の浅さを再確認した次第です。

ダニエル・ジョンストンはミュージシャンとして有名?なので、単にその繋がりで知っているだけです。
隙間映画というか、かなりマイナーだと思います。

ただなりぽんさんのように年間何百本も見ていても、
全体からいえばほんの一部なんですよね。
僕なんかも人の10倍ぐらい音楽を聴いていると思うんですが、
知らない音楽が腐るほどあって頭が痛いです。

>>もちろん蒲田行進曲は文句なしです。

>ホッとしました。
>あれが好きな人とは酒を飲んでもうまそう。

確かに酒に例えるとぴったりですね。
あのポイントが引っかからないと、ビールだけでお開きになりそうです。

Re[2]:こんにちは(02/23)

KMFISさん
>ダニエル・ジョンストンはミュージシャンとして有名?なので、

この辺は私の超苦手科目です。
ハード、ヘビー系は間違いないなく赤点です。
音楽を聴いている時間は結構有りますが、ほとんどが20年以上前のモノです。

>ただなりぽんさんのように年間何百本も見ていても、

これだけ観ていると逆に雑なんですよ。
音楽は気に入ったら何度も繰り返し聴きますが、映画は基本的に一期一会ですからね。

>あのポイントが引っかからないと、

最初は‘あれが嫌いな人とは酒を飲んでもまずそう’と書こうとしたんですが、
そういう表現は知らないところで読む人を傷つけていることもありそうなので
自重しました。
(まあ、それだと自分の持ち味を失うことになるんですけねどね。)
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。