スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし新生とあおぞらが合併したら~中長期の定期預金が特例で1年しか保護されないのは預金保険制度の欠陥~ (3)

巷では新生銀行とあおぞら銀行の合併の観測がある。
グーグル検索で‘新生’‘あおぞら’と入力すると候補として‘新生 あおぞら 合併’
第一候補で現れる。

もし新生とあおぞらが合併したらその預金はどうなるか。

預金保険機構の説明ではこう書いてある(Q11)。

金融機関が合併又は事業の全部を譲渡した場合の保険金額の特例について説明してください。

1.  金融機関が合併又は事業の全部を譲り受ける場合(以下「合併等」といいます)には、その後1年間に限り、預金保険によって保護される預金限度額は、全額保護される預金を除き、預金者1人当たり元本1,000万円に合併等に関わった金融機関の数を乗じた金額とその利息等とする特例があります。元本の計算については、合併等の前に預けられたものであるかは問いません。
 例えば、2行合併の場合は元本2,000万円までとその利息等、1行が2行の事業の全部を譲り受けた場合は元本3,000万円までとその利息等が保護されます。
  なお、1年以内に複数回の合併等を行っている場合は、その最後の合併等に関わった金融機関の数で計算します。

2.  1つの金融機関が複数の金融機関に事業譲渡された場合はこの特例は適用されません。

3.  この措置は、「金融機関等の組織再編成の促進に関する特別措置法」(組織再編成特措法)に基づく当分の間の特例です。

もし新生とあおぞらが合併の時は合併時に預金は合算されるが、
合併後1年間に限り特例により2000万とその利息が保護対象になる。

特例とあるように合併時点でひとつの銀行になるのだから、
本来1000万しか保護しないところを1年間は‘執行猶予’してあげると言った感じだ。

しかしここで或る問題が生じる。
1年という期間だ。
流動性預金は問題無いし、定期預金も1年物ならば確実にこの執行猶予期間に
満期がくるから対処できる。
対処できると言う意味は合併して生まれる銀行(例として再生曇り空銀行?)に対しての預金額を
預金保険の限度額の範囲内にコントロールできると言うことだ。

但し中長期の定期預金はそうはいかない。
1年の執行猶予期間後にしか両行の満期が到来しないケースがあるからだ。

世の中で円定期預金といえば1年物が主力なのは間違いない。
夏や冬のボーナスキャンペーンで利率を競うのは基本的には1年物だ。

3年より長い期間に積極的なのは、このブログの最大の人気記事である日本振興銀行、
他にはオリックス信託あたりに限定されていた。

ところがこの夏以来新たに新生とあおぞらが極めて積極的に参加し始めたのだ。
新生は3年、4年、5年では飽き足らず10年物まで始めた。
あおぞらは以前は金利が低過ぎて目にも止まらない存在であったが、
夏以降それなりにやる気を見せ始め新生の後を追っている。

両行の預金金利は10月の日銀の利下げにも負けず‘逆行高’となった。

高い金利を払い、期間の長い預金に軸足を移す。
まさに両行の窮状を物語っていると言っていいだろう。

そんな連中に金を貸す気はしないが預金ならできる。
預金保険があるからだ。
景況感から言っても当面低金利が続きそうだから中長期で預けたくなる地合いだ。
しかしここで例の問題が発生する。

例えば新生に5年物を預けた人があおぞらにも5年物を預けたとしよう。
話を簡単にするためにどちらも元本は1000万と仮定する。

そして両行が2009年9月に合併して‘再生曇り空銀行’が生まれたとしよう。
預金額は2000万になるが2010年9月までは保護される。
しかしそれ以降約3年は保護されるのは1000万だけだ。

新生とあおぞらの場合、単に合併しても‘弱者連合’になるだけだから、
当然公的資金で資本注入されて、一旦は健全化されるだろう。
しかしだからと言って、その後も健全性が維持されるかは全くの未知数。

銀行名が‘再生曇り空’だもんね・・・(-_-;)

3年間ペイオフの上限を1000万オーバーしながら安閑としていられるとは到底思えない。
結局安全策を取るなら当初預けた預金を中途解約して残高を1000万に減額することになる。

中途解約利率は勿論定期の約定金利に比べて低い。
新生はまだましな方だがあおぞらは普通預金利率が適用される。

その受け取り利息の差額分その他の不利益は預金者が被るのだ。
これが腑に落ちないのである。

元来は1行1000万で満期まで保護される筈の預金が、預金者が予想し得ない要因である
‘合併’によって面倒なことに巻き込まれる。

どうせなら2行とも破綻してくれた方がスッキリする・・・(>_<)

これは制度の欠陥ではないだろうか。
制度とは特に預金制度は‘これさえ守ればなんの不安もない’状況を
国民に提供すべきものだろう。
語弊はあるが預金者が一旦その制度に従えばその後は‘思考停止状態’でも
通用するものでなくてはならない。

あそことあそこが合併しそうだから中長期の定期はやめておくべきだな。
なんて判断を預金者に要求するのは筋違いだろう。
2年~10年の定期預金という商品の販売を許している以上、合併後の猶予期間が1年では
カバーできない。
もっとシンプルに当初の預金契約は合併如何を問わず満期日まで預金保険の範囲内で
保護するようにすべきではないだろうか。

自分では今日書いたことは‘正論’だと思うが、ここで愚痴を言っているだけでは物足りないので、
少し行動してみようと思う。

行動したらまた書くつもりだ。


《追加記事》

銀行合併後の1年の特例では中長期の預金は守られないぞ~預金保険機構と金融庁に電話して得たものは~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

所感

私はあおぞらも新生も定期持ってますが、そこまでお上に要求するのはどうかなと思います。

結局は誰が負担を被るかの問題です。思考停止でいいようにするためのコストを全国民で負担することが妥当なのでありましょうか。

そもそもこの手の高金利定期、私の親世代だと見向きもしません。ペイオフ1000万という「決まり」があっても、結局それは保険にしてある資金から出すわけですし、引き出しもすぐできるとは限りません。だから金利高くても怪しい銀行には預けたくないそうです。

そこまでリスクを考えてる人もいるわけです。私たちみたいな人種は、多分、保護してくるからっていくら危ないところでも1000万まではつっこんでしまうわけですが、それが良いことなんでしょうか。自分でモラルハザードしてると思います。ずるいと思ってます。

挙句にそういう危険な銀行の5-10年定期につっこむ人のことまで考える必要があるのでしょうか。合併が出て危ないなら逃げるというのも手でしょう。

私は、解約の危険性と兼ねてこの手の銀行の定期の年限は決めてますよ。

所感 2

高金利定期を探す人は、お金に関するリテラシーが一定以上の人だと思っています。なのに潰れる危険は知らない、ペイオフがあるからと安心して、実際に潰れたらどうなるかは無関心、それで高金利だけもっていこうってのは、チェリーピッカーだと思いますね。

結局私たちは、リスクが本当に怖くてほとんど預金に関しては動けない、金融リテラシが0の人からチェリーピックしてるだけにすぎないのです。無知な人が多いおかげで、高金利を安心して引っこ抜けていけるわけです。

その負担コストを、さらに広げるようなことは、私はやはり反対です。一年延長の特殊ルールがあるだけでも、幸せだと思います。

金融のこの手のコストは、無限に沸いてくるものではないことを認識する必要があると思います。モラルハザードもさらに加速し、めちゃくちゃなことになるでしょう。ちょっと悪知恵ついてる私たちと、その他の人の差はさらに広がるでしょう。そして、破綻時に使われるお金は全国民のお金といって差し支えないでしょう。

経営の悪化した銀行の定期によるモラルハザードを防止できる手段があるなら、ご教授ください。それが達成できるなら、ルールを変えることには賛成しますが。

Re:所感 2(12/10)

古い記事にこうしてコメントを頂くのはブロガーとしては大変光栄ですが、
この件に関して個別にレスをする気は有りません。
これぞ甲論乙駁結論は出ません。
お互いが自分の信念、情報、判断に基づき行動し責任を負うしかありません。
これだけの‘力作’はコメントという形式よりご自身でブログでも取り上げて
トラックバックの形式にした方がより多くの人に伝えられて良いかと思います。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。