スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中には2種類の野球ファンしかいない?~ボストン・レッドソックスが好きな奴と嫌いな奴だ~ (10)

boston-g-2008-10-20



ヤンキースがプレイオフに進出できなかったことも、すっかり‘過去のこと’になり
穏やかな10月を過ごしていた。

試合を観るのもその時の気分次第で集中力も欠いていた。
弱小球団から大変身したレイズかトーリのドジャースに勝ち上がって欲しいとは思いながらも、
それだって別にどうしてもという強い気持ちがあった訳ではない。

それがALCSのゲーム5で一変する。
レイズが3勝1敗で迎えたこの試合、早々に5点のリードを奪い7回にさらに2点追加し
7-0にした時はシリーズの終了を誰もが確信した筈だ。
ところがそこからレッドソックスは追いつき、9回にサヨナラ勝ちを決めた。
フェンウェイ独特の空気の中で驚異的な強さを見せつけた。
ヤンキースファンとしてはあの3連勝、4連敗のALCSのトラウマが蘇る。

私にも責任の一端はある。
フェンウェイでは8回の表が終わると‘Sweet Caroline’の大合唱があるが、あの曲がいけない。
思わず乗せられて♪Sweet Caroline, oh, oh, oh♪の‘oh, oh, oh’に反応してしまったのだ。
声は出さないが右手は五木ひろしの亜種のように反応していた。
別にいつもやる訳ではないが、何故かあの重要な場面で不覚にもやらかしてしまった。
勿論その後の‘So Good, So Good’は自重したが・・・。

実は昔からこの癖はあって巨人阪神戦を観に行っても‘かっとばせ~掛布’
メガフォンを叩いていた‘前科’はある。

土壇場で7点差を大逆転して延命したボストンは当然のようにゲーム6を物にして、
所謂‘逆王手’になった。

麻雀ではよく‘早いリーチは追っかけリーチに負ける’と言われるが、LCSの歴史でも
このパターンは7回中6回の高確率で追っかけた方が勝ちあがっているそうだ。
おまけにその6回のうち3回がボストンなのだ。

あ~ぁ、またしてもボストンが劇的なカムバックで勝つんだろうな。
そしてその勢いでワールドシリーズも楽勝か。
観たくね~~~~~・・・(-_-;)

この世の中の野球ファンには2種類しかいない。
ボストン・レッドソックスが好きな奴と嫌いな奴だ。


私は勿論後者だが‘ペドロ嫌’とか‘ユー嫌イス’とかもう大嫌い。
まあ、それだけ手強い選手だと言うことだが・・・。

ファンの喜び方も癪に障る。
一般論で言えば他チームだろうが、真のファンには敬意を払う方だが、
レッドソックスファンだけはどうしてもだめなのだ。

一応フォローしておくと、私を理不尽に苛立たせるほどボストンの存在は大きいと言うことだ。
2003年、2004年のALCSほど興奮させたものは無い。
そもそも大きな存在でなければ世の中を‘二分’させることなんて出来ない。

さて、肝心のゲーム7だが先制されたレイズが逆転し3-1で逃げ切った。
直接の‘当事者’でもない私が終始極度の緊張状態だった。
8回のBOSのチャンスでは絶対に同点、逆転されると恐怖に慄いていた。
ゲームセットの瞬間の歓喜の度合いはレイズファンには及ばないが、
安堵の度合いではいい勝負だったと思う。

それにしてもナリポンを‘誤作動’させる‘Sweet Caroline’の威力は凄い。
映画の中でもよく使われるし、調べてみると各種のスポーツの場で重宝されているらしい。
作って歌ったのはNeil Diamondだ。
彼についてググっていたら、映画のセリフに使われた
‘There are two types of people in the world:
those who like Neil Diamond and those who don't’
を発見。
それをパクって今日のタイトルになった。

そう言えば肝心なことを忘れてた。
レイズファンのみんな(ドッカニイル?)、どうもおめでとう。

こうなったら前年30チーム中30位から一気に頂点に駆け上る離れ業で
球史に名を残すのが断然美しい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう、Rays

なりぽんさん

僕は、実は、ヤンキースとレッドソックス、両方のチームが好きという、二股野郎なんですが。。。(笑)

なぜなら、松井秀喜と松坂大輔が好きなので・・・

どっちのファンからも嫌われそうなんですが・・・

それにしても、レイズにはやられました。
レギュラーシーズンも、ポストシーズンも。

しかし、ALCSに限っていえば、レイズの勝因は、レッドソックスの自滅です。

それは、フランコーナ監督の、先発投手起用の失敗と度重なる「継投策の失敗」にあると思っています。

この辺は、自分のブログで詳しく書きたいのですが(笑)。

まず、先発ローテーションは、松坂、レスター、ベケットの3人で廻すべきでした。

ナックルボーラーのウェイクフィールドを短期決戦の先発に起用するのは、かなりのギャンブルだと思っていました。

そして、度重なる継投策の失敗は、僕が指摘するまでもないと思います。

そうだとしても、レイズの若者たちの功績が色褪せることはないですね。

特に、レッドソックスのお株を奪う、球史に残る一発攻勢、本当にお見事でした。

ワールドシリーズでは、東地区チームファンの「怨念」は、声援に代わると思います。

「ヤンキース、レッドソックスを打ち負かしてきたんだ、この勢いで、世界一になれよ」と。










こんにちは

>ヤンキースファンとしてはあの3連勝、4連敗のALCSのトラウマ

実は最近これを引っ張りだそうと思ってました。
4戦目に勝負をかけなかった(相手先発のローのERA5点台)ことと、
最終戦のバスケスの起用を思い出します。

>声は出さないが右手は五木ひろしの亜種のように

こっちが声を出しそうになるぐらいウケました。想像するだけで面白いです。

>‘かっとばせ~掛布’でメガフォンを叩いていた‘前科’はある

単にリズム感がいいというか、音楽好きという気がしますけど。いかがでしょう?

>麻雀ではよく‘早いリーチは追っかけリーチに負ける’

麻雀好きなので反応しておきます。
メンツにもよりますが、早いという理由で愚形で曲げるとこういうことが起こりやすいです。
後は追っかけられて負ける時に感じる印象の問題でしょうか。
詳しくは覚えてないですが、先制リーチの成功率は相対的にかなり高かったはずです。
野球の場合は有利な状況で勝ちあがれない=それまでがツキによるもの→ツキの反動+実力差
モチベーションの問題もありますが、こんな感じだと思います。

>直接の‘当事者’でもない私が終始極度の緊張状態だった。

ほんと、シビれましたね。

(写真の)打つほうでこそ物足りない岩村ですが、守備の貢献度は相当高いですね。
いいコンバートだったと思います。

P.S.記事内容が被ってしまって気が引けます。

Re:おめでとう、Rays(10/20)

mlbcrazyさん
>二股野郎なんですが。。。(笑)

私は基本的に二股は掛けないタイプですね、女性関係以外は(ウソ)・・・(>_<)

>どっちのファンからも嫌われそうなんですが・・・

今度球場に行く機会があったら、ハーフ&ハーフの改造Tシャツを着るとか、
シャツはNYYでキャップはBOSにするとかやって反応を見たら如何ですか。

>それにしても、レイズにはやられました。

NYYは勝ち越してるんですよね。
松井の貢献度も大ですが・・・(^。^)

>度重なる継投策の失敗は

その中で岡島の安定感は異様でしたね。
ゲーム2の延長でティムリンが出てきた時は思わずニヤリでした・・・(^。^)

>レイズの若者たちの功績が色褪せることはないですね。

アンチBOSというよりも所謂判官贔屓的な観点で応援したくなりましたね。

>ワールドシリーズでは、東地区チームファンの「怨念」は、声援に代わると思います。

そういう意味ではTBを敵視するファンは余りいないと思います。
アメリカンドリーム的な要素もありますからね。
でもだからと言って熱狂的にはなれないですけどね。

Re:こんにちは(10/20)

KMFISさん
>4戦目に勝負をかけなかった

私にとってあの試合の印象と言えば代走ロバーツですね。

>単にリズム感がいいというか

いや、反応はしたがりますが別に良くはありません。
ビートルズのI Want to Hold Your Handは何十年経っても未だに外します。

>後は追っかけられて負ける時に感じる印象の問題

これですね。
殆ど即リのヘボ麻雀しか打っていなかった私にはこれがビンゴです・・・(^。^)

>ほんと、シビれましたね。

これぞliveならではの醍醐味でした。
1日経つと余韻も何もありませんが・・・(-_-;)

>守備の貢献度は相当高いですね。

ゲッツーを完成させるコンビネーションが上手いですよね。
最後のゴロもイレギュラーしてたのに難なく処理しました。
あれをヘマすると流れ的にもBOSの大逆襲にあっていたような気がします。

>P.S.記事内容が被ってしまって気が引けます。

同じ物を見ていれば被る可能性も高いですよ。
まあ、私の方は気儘な感情論ですから・・・(^。^)


今晩は!

お久しぶりですね、更新嬉しいです。が、本当は疲れきってましてだぁれも更新して欲しくない!などと心の何処かで叫んでいました・・・読めるんですが書き込む気力が無くて。
って他にも理由はありまして、何のサガなのか結局全ての試合を生中継で観ていたのです。NLでは何故かPHIを応援?してたようで、ALでは判らなくなってました。どっちでも優勝おめでとう!みたいな。
‘oh, oh, oh’口ずさんだんですか、やっぱり!
この曲はプレスリーも歌われていたようですね。
でねちょっと思い出したんです、合いの手が入る曲を
私の頭では"六本木心中"と"星降る街角"、いかがでしょう。Nariponさんも"角角角角角、曲がり角"ってやりませんでしたか?あぁ年がばれますね・・・

そうそうNYYのカレンダー発売になったんですよ!
購入していないので不確定ですが、amazon USA版での裏表紙には松井君がいるような・・気がします。
一応目安?ですよね、カレンダーって。

Re:今晩は!(10/20)

雪娘さん
>何のサガなのか結局全ての試合を生中継で観ていたのです。

それはすごい。
‘何の差が’なのか。来季はスカパーが撤退らしいですね。
今年中に‘見ダメ’しておくのはいいかも・・・(>_<)

>この曲はプレスリーも歌われていたようですね。

うん、歌ってますね。
私がプレスリーをきちんと知ったのは映画のELVIS ON STAGEなので
若い頃のロッカーというよりはべガスのステージ・シンガーの印象が強いです。

>あぁ年がばれますね・・・

いまさらジロー♪
そういえばカラオケは発病後一度も歌ってません。
90年代はそれなりに歌ってんですがね、国内外で・・・(^。^)


>amazon USA版での裏表紙には松井君がいるような・・気がします。

確認しづらいですが、あのバッティングフォームは松井でしょう(中央の左の中段)
こりゃあ、膝さえ治ればカレンダー的には超スタメンですね・・・(^。^)

カレンダー

>確認しづらいですが、あのバッティングフォームは松井でしょう(中央の左の中段)

僕も気になって見てみました。
てっきり契約の残っている選手だけかと思ってたんですが、
ペティットやムシーナもいますね。
アメリカ的にはこれでOKということでしょうか。

Re:カレンダー(10/20)

KMFISさん
>僕も気になって見てみました。

このメンバーみたいですね。

ROBINSON CANO
ANDY PETTITTE
CHIEN MING WANG
ALEX RODRIGUEZ
HIDEKI MATSUI
BOBBY ABREU
MARIANO RIVERA
DEREK JETER
MIKE MUSSINA
JOBA CHAMBERLAIN
JORGE POSADA
JOHNNY DAMON

>アメリカ的にはこれでOKということでしょうか。

具体的には忘れましたが、何年か前は12人中かなりの選手が実際は籍を置いてない
事態があった筈です。

三河の地から

Nariponさん、表題通り三河におります。
そう恒例、秋の城巡りです。正直八丁味噌が大嫌いだし、とっても苦手な地でもあります・・・
明日は山越えをして割と好きな松本に泊ります!

"そういえばカラオケは発病後一度も~"
私も結婚してから歌ってませんよ、家族のせいで古い曲を知ってるだけで。
国外で歌われていたんですか?凄い。kmfisさんも歌われるのか興味が出てきました。
参考までに曲目は・・・・・知りたい!

カレンダーは一応の目安ですが、確かパヴァ―ノの年かな?何か気付いたら居なかった・・ありましたね。松井君個人のはどうなんでしょう、例のS君はもう発売されている?のかな。

Re:三河の地から(10/20)

雪娘さん
>Nariponさん、表題通り三河におります。

一瞬‘三途の河’に見えてしまいました・・・(>_<)

>正直八丁味噌が大嫌いだし、とっても苦手な地でもあります・・・

えびふりぁに付けて食べるとどえりゃ~ウマいぞなもし(アレッ?)・・・(-_-;)
三河弁って名古屋弁と違う独自なのがあるんですよね。

>参考までに曲目は・・・・・知りたい!

英語でまともに歌えるのはプレスリーの持ち歌から2曲。
‘好きにならずにいられない’を無難にこなして‘この胸のときめきを’で盛り上げる。
ロンドンのあるラウンジでは見ず知らずの人間相手に人生で最初の最後の大喝采を浴びました。
基本的には欧米人のカラオケ能力はかなり低いと思います。

>松井君個人のはどうなんでしょう、例のS君はもう発売されている?のかな。

前にも1度ありましたが松井のカレンダーは発売しないようです。
メジャーリーガーで発売するのは鈴木君だけみたいです。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。