スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞はイチローに甘すぎる!~週刊文春‘新聞不信’の翼さんが吐いた正論に快哉を叫ぶ~ (8)

普段はあまり行かない蕎麦屋に久々に行ってみた。
本山葵をおろして密閉容器に入れて目指すは新蕎麦だ。
そうなのだ、この店はいつも新蕎麦の扱いが当地では一番早い。
今年は電話で確認することをせずに出かけたのだが、残念ながらまだやっていなかった。

新蕎麦は逃したが、ひとつの‘収穫’があった。
注文して待っている間に読んだ週刊文春で興味深いコラムを見つけたからだ。

読みながら私は快哉を叫んだ。
これはまさに正論、普段私が感じていることを見事に代弁してくれている。
そう思うと記事をなんとか保存したい衝動に駆られて、妻の携帯で撮影しようと試みたが、
何しろ2002年生まれの時代物のうえ店内も暗くて話にならない。
やや未練を残しながら店を後にしたが、何のことは無かった。
家に戻って早速ググってみたら一発でヒットした。

新聞不信(週刊文春2008年9月25日号)

新聞はイチローに甘すぎる!


前々から思っていたのだが、新聞のイチロー報道は、少し甘すぎるのでないか。
日本人選手が増えるのに比例して、大リーグの結果が朝刊紙で報道されるのは当然のことだが、「8年連続200安打まであと何本」とイチローの安打数に一喜一憂するがごとき報道が続くのは、長年の大リーグファンとしてなんとも納得しがたい。
たしかに、これは大リーグにあっても大記録なのだろう。それが日本人打者によって達成されるのは喜ばしい。
しかし、はたしてイチローは無謬の打者なのか。
イチローの所属チームは一位から三十ゲーム以上も離され、哀れなほど弱い。
そんなチーム状況をヨソに、イチローは自分の安打を増やすためだけに野球をしているように見える。
むしろ、イチローが自分の記録を優先したために、チームの勝ち星が増えないのではないかとさえ思われてくる。
日本の新聞にそのような視点での報道はない。しかし、アメリカのメディアは、チームメイトのなかにもそういう批判があることを報じているようだ。
実際、九日のゲームでは、第4打席に右足つま先に死球を受けながらも、審判に促されるまで一塁に走らなかったことが報じられている。
チームのために出塁するより、安打を稼ぎたかったのだ。ある夕刊紙は、イチローの「セコさ」と揶揄していたが、まさにその通りだ。ところが一般紙ではこうした批判的な報道は見受けられなかった。
とにかく最近は、「イチロー4安打 200本へ残り10(11日付け朝日夕刊)とか、毎日もこうした見出しのあとに『8合目』・・・・・大きく前進」といった具合で、イチローのコメントを共同配信で伝えていた。例によって“高邁な安打論”である。
レッドソックスの松坂の制球力のなさについては「地元もため息」(10日付け朝日夕刊)と自社の記者の冷静な記事もあるのだから、こうした筆調の記事が、なぜイチローに関しては少ないのか。
イチローの巧妙なメディア戦略で、野球の面白さが封じられているように思う。
死球を受けたら塁出ろよ、自分のわがままを押し通してはいけない、と忠告するのが記者の務めである。

(翼)

私はこの翼さんの言っていることが正論だと思うが、世の中には異論を唱えたい人々も多いだろう。
別にそれで構わないのだ。
松井秀喜の報道を見聞きしてもファンの私が、いやファンであるからこそなおさら
辟易する内容のものも多い。

最大の問題点はこの手のマスコミやメディアのステレオタイプが
受け手の価値観のステレオタイプを招いていることだ。

この問題については去年も書いている。

スポーツニュースは恐い 刷り込まれる<日本人>(森田浩之 著)
~馬鹿マスコミに洗脳されないための一冊になる?~


まあ私のような浅薄な男がこれ以上語っても‘高邁なマスコミ論’にはならないし、
そもそも今日はこの翼さんのコラムをより多くの人に読んでもらうことが純粋な目的なので、
私の妙な‘不純物’はこれぐらいにしておこう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はんろーん(笑)

お久しぶりです。
私は、イチローさんの大ファンです。(^^)
よって、おばさんが思うに、あんな弱いチームに居るからこういうことになるのです。
サッサとトレードで出てしまうか、他の下手な選手を皆入れ替えてくださればいいのです。
もっと強いチームにおいていただきたいで~す。
なーんてね。(*^^)v

松井選手の手術の経過はいかがでしょうか?
来シーズンこそは、全試合元気で出場できるといいのですが。。

こんにちは

>最大の問題点はこの手のマスコミやメディアのステレオタイプが
受け手の価値観のステレオタイプを招いていることだ。

これ、卵と鶏じゃないですけど難しいですよね。
受け手の意識が上がれば需要が減るというのもありますし、
役目を基準にすれば送り手が悪いということになるので。

僕個人としては前者を支持してます。
これについてはいつか書いてみたいと思います。

そういえば、先日野球好きでイチローに不信感のないアメリカ人にこう言われました。

「君は正しかった」

チーム内にイチローを嫌っている選手がいるっていう報道の直後だったんですが、
普段の(イチローの)コメントが英語になっていない証拠ですね。

Re:はんろーん(笑)(10/06)

Tillerさん

‘ヨバンマツイ’という馬はいても‘イチバンイチロー’とか‘イチバンスズキ’はいないから、
松井の勝ちです・・・(^。^)

>あんな弱いチームに居るからこういうことになるのです。

日本時代のオリックスもそうですが、本人はそういうチームの方が居心地がいいのでは・・・。

>来シーズンこそは、全試合元気で出場できるといいのですが。。

お馬ちゃんも一度故障すると難しいですよね。
改めて‘無事是名馬’の価値を実感してます。

Re:こんにちは(10/06)

KMFISさん
>受け手の意識が上がれば需要が減るというのもありますし、
>僕個人としては前者を支持してます。

それが理想ですよね。
私はしばしばマスコミ批判をしますが、受け手の批判は直接的にはしてません。
でも、真意は‘受け手の覚醒’を願っている部分も多いのです。
ただ、どうでしょうか。
今の時代、情報に溢れ、言論の自由もあるのに実際は衆愚なんですよね。

>「君は正しかった」

KMFISさんの言うことは90%以上これでしょう・・・(^。^)

イチロー・私論 その1

なりぽんさん、こんばんは。

さて、僕は、イチローのプレースタイルは大好きですが、イチローが見せる態度や、コメントは好きじゃないことも多いにあります。

ときに人を食ったような、難解なコメントをしたり、下ネタに走ったりとか(苦笑)

あと、イチローからみて、ミスジャッジをした思った審判に対しては、かなり辛らつな態度やコメントをしたりしています。

彼が記者い残す難解なコメントは、天才にありがちな、「凡人にわかるまい」、的な要素がこめられているのでは、と邪推したりしてしまいます。

あと、彼は実績ではチームリーダーになってもおかしくないのに、プレー以外の部分でそれを進んで勝手でようとはしません。

しかし、それには同情する部分もあります。
彼は、母国語でない土地で野球をしているからです。

もちろん、メジャーにはヒスパニックの選手も、数多く在籍し、彼らは最初、英語も満足に話せないケースも多いですが、最近では、逆にヒスパニックの選手が多いので、その中では意思疎通ができてしまいます。

言うまでもなく、たいていの日本人は、非日本人だらけの環境に放り込まれて、そこでリーダーシップを取るというような教育はされていません。

イチローもその例外ではないはずです。

だから、イチローがメジャーリーガーとしてハイレベルな実績を残しているから、チームリーダーとしてもチームを引っ張るべきだ、というのは理想ですが、現実には無理だと思います。

イチローもクレバーな人なので、そのあたりはよくわかっていて、きっと、悩んだ末、いまのああいう姿になっていると思います(それこそ邪推ですが)。

(つづく)

イチロー・私論 その2


そこにきて、いろんな報道を総合すると、イチローは、メジャーリーグに来てから、自分が人種差別を受けているような被害者意識を持っているフシがあります。
(僕も、米国に住んだことがあるので、正直、その気持ちは分からなくもないです)

だから、イチローが2年半前のWBC日本代表チームで見せたリーダーシップは、やはり、マリナーズで、いやメジャーリーガーとしては成就できない何かを体現したかったのではないでしょうか。

僕はそれよりも、イチローはそろそろ、バッティングスタイルを変える時期に来ているのではないかと思っています。
もはや1番イチローではなく、3番イチローを目指してほしいのです。これについては長くなるので、また今度ですね。

Re:イチロー・私論 その1(10/06)

mlbcrazyさん
>イチローが見せる態度や、コメントは好きじゃないことも多いにあります。

私を嫌っている妻は、私がイチローを嫌っているので、イチロー・シンパなんですが(笑)
流石に最近のコメントは頂けない(どれを指すのかわからない)と漏らしていました。

>天才にありがちな、「凡人にわかるまい」、的な要素がこめられているのでは

本人は段々と哲学者として進化していってるつもりなのかもしれませんが、
凡人の私には理解不能です。

松井秀喜の平凡で陳腐な言葉の方が遥かに好きです。

>彼は、母国語でない土地で野球をしているからです。

サッカーの中田には実はイチローと同じ匂いを感じることがあって好きではないのですが、
こと語学に関しては中田は実に立派だと思います。
この点は松井も同様ですが、これだけの年数を重ねているのに情けないと思います。
間違った英語を使って恥を掻くくらいなら使わないでおこうというタイプなんでしょう。
長谷川は勉強もしたんでしょうが、先ずチームメイトと話をしたいという気持ちが先行して、
あれだけ達者になったんだと思います。
ゴルフの藍ちゃんもオフィシャルのインタビューを恐れず英語で応える経験を通して、
確実に進歩を遂げている気がします。

>イチローもクレバーな人なので、そのあたりはよくわかっていて

実はそのクレバーさというのは自分がかっこ悪く見えることは極力回避するという狡猾さ
のような気がします。


Re:イチロー・私論 その2(10/06)

mlbcrazyさん
>自分が人種差別を受けているような被害者意識を持っているフシがあります。

この種の問題は繊細ですが、実際加害者がいるとしても、それを‘被害’と考えるか、
‘差別’と感じるか。
知識も経験もありませんが、イメージとしてはシアトルはきつい地域とは思えないのですが・・・。

>イチローが2年半前のWBC日本代表チームで見せたリーダーシップは

実際自分の価値を高める最高のステージでしたからね。
あの一件で普通の日本人の松井離れ、イチロー崇拝が一気に進みました。

>もはや1番イチローではなく、3番イチローを目指してほしいのです。

個人的には野球引退後、プロゴルファーを目指して欲しいです・・・(>_<)
冗談無しにかなりの素質があると思ってるんですが。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。