スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョー・トーリの‘13番目のツキ’~ ドジャースが地区優勝を決め‘最低勝率’でプレイオフ進出~ (4)

ジョー・トーリ率いるドジャースがナ・リーグ西地区の優勝を決めた。

8月29日終了時点では65勝70敗の借金5で、首位のアリゾナに4.5ゲーム差だった。
その後、昨日まで8連勝を含む18勝5敗の快進撃を続け、
今日アリゾナが敗れたことで優勝が転がり込んだ。

プレイオフ進出の全チームは確定していないが、
8チームの中でLADが‘最低勝率’になることは確実だ。

トーリはこれでヤンキース時代の12年連続に続き、
13年連続で監督としてチームをプレイオフに導くことになる。

ユーミン的には‘14番目’が美しいがジョー・トーリの‘13番目のツキ’だな・・・(^。^)

因みに9月25日終了時点で言えば、両リーグを通じた30チーム中13位タイの成績だから、
こっちの意味でも‘13番目のツキ’と言える。

ところで競馬の世界では‘馬7割、屋根(騎手)3割’という言葉がある。
学生時代に所謂一口馬主になった‘前科’もあるナリポンは勿論これを知っていたが、
今回ググってみてあることに気づいた。
私は単にレース結果を左右する要素の割合が人馬で7:3ということだと思っていたが、
或る人の解釈では競馬の世界ではそもそも‘騎手の影響が3割もある’という
騎手の重要性を強調するために生まれたというのだ。

強い馬に騎乗して優勝した騎手が謙虚に‘自分は落ちないように乗っかってただけ’
コメントする時がある。
確かにそういうケースもあるだろうが、総合的には馬の実力だけがものをいう訳ではなく、
騎手の技量が‘3割も’あるということなのだろう。

但し基本的には馬の能力がやっぱり大事で武豊が乗ってもハルウララに奇跡は起きなかった。

何故こんな競馬の話を持ち出したかというと、野球の場合はどうなのだろうかと、
ふと考えたからだ。
‘選手○割、監督○割’と敢えて○の中に数字を入れようとすると、どうなのか。
根拠は無いが印象だけで言えば‘8割:2割’といった感じだろうか。
まあメジャーの場合は他にオーナーやGMの要素がかなりあるから、より複雑になりそうだ。

それにしてもヤンキース時代の2005年~2007年といい、今季のドジャースといい
トーリの4コーナーを過ぎてからの‘鬼脚’はファンを惹きつける。
実際早々に優勝を決めたエンジェルズは勝率でも恐らく両リーグでトップになりそうだが、
地元L.A.の人気では‘ブルー’‘レッド’を制しているようだ。

去年のヤンキースの監督交代の大きな要因は、プレイオフに出てもデイヴィジョン・シリーズで
敗退してしまうトーリに業を煮やしたことだと言っていいだろう。

実際今年のドジャースもそうなるかもしれないが‘A Yankee-less October’を過ごす
ヤンキースファンからしたら、遥かに羨ましいことだ。

ハンク・スタインブレナーはドジャースもトーリも低レヴェルなナ・リーグ西地区の恩恵に
浴しているだけと言いたげだ。
デイヴィジョン制そのものを否定したい様子だが、自チームの惨めな結果が出た後に
どんなに吠えても虚しく聞こえるだけ。
ヤンキースタジアム最後の壮大な儀式においても、ジョー・トーリの存在を歴史から
完全に消し去っていた感じだったが、これも不遜で大人気が無い。

♪あっちのJoeは上手いぞ、こっちのJoeは辛いぞ♪・・・(>_<)

‘辛い’‘からい’と読むか‘つらい’と読むか、これも問題だ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

監督の比重

なりぽんさんトーリは最低限の仕事はこなしますね。
やはり力が無いと4コーナーから捲くれません。
競馬の旗手が3割だとしたら野球の監督は4割位あるのでは・・・まず先発のオーダーいかんでゲーム展開が大きく変わる。次にバント・盗塁・ヒットエンドラン等の作戦は全て監督次第。又、代打やリリーフなどの選手交替も監督の采配次第でゲームはどうにでもなってしまう。
旗手の作戦と言ったら逃げで行くか何処で仕掛けるか
ムチを入れるか等くらいで3割でしょう。
それに比べたら監督のやる事は無尽蔵なくらいある。
今季のヤンクスはベテランVS新人監督といった構図で融和できずにシーズンオフに成りそうだ。
来季は選手の頑張りは無論のことだがフロントの采配
負けた検証・分析それに伴い補強・トレードも必要不可欠と思う。

ラッキーサーティーン

以前「トーリは運という集合の中にいる存在」というようなことを書いたことがあります。
なりぽんさん的には異論があるかも知れませんが、ますますその思いが強くなりました。

>‘騎手の影響が3割もある’

僕は単複をメインにやっていたので、乗り方はよく見てました。
追える騎手と追えない騎手、持ってくる騎手と持ってこれない騎手。
割合は分かりませんが、騎手の要素は馬券を買う上で大きかったです。

>‘選手○割、監督○割’

個人的には25人をいかに選ぶかで決まると思ってます。

>‘ブルー’が‘レッド’を制しているようだ

マニーの移籍前、移籍後の成績もそうですね。

>ジョー・トーリの存在を歴史から完全に消し去っていた

クレメンスも消されてました。
話によれば、テレビで見ながら寂しがっていたようです。

Re:監督の比重(09/26)

かず坊さん
>野球の監督は4割位あるのでは・・・

でも、騎手と同じで選手達が働くと‘監督はベンチに座ってるだけ’ということもある訳で・・・。
日本人には何かと不人気なジラルディですが、あっちでは意外に監督責任を問う声が
あがってないんですよね。
1年目だとか、主力の故障が多かったとか、今は移行期だとか・・・。
そんなのはヤンキースには通じないと思うんですがね。
ワールドチャンピオンはともかくプレイオフ進出はまさに至上命令ですよ。

>負けた検証・分析それに伴い補強・トレードも必要不可欠と思う

それをするキャシュマンの動向を含めてどうなるんでしょうかね。
松井君も来年いっぱいかな~、来年途中までかな~。

ヤンキース愛が段々と冷めていきそう・・・(-_-;)

Re:ラッキーサーティーン(09/26)

KMFISさん
>以前「トーリは運という集合の中にいる存在」というようなことを書いたことがあります。

個人的には‘運も実力のうち’(解釈は色々あり)という言葉は余り好きではないけど、
トーリを見てると心底そう思えるから不思議。
先発ピッチャーの勝ち負けでもありますよね。
特に可哀そうなのは好投してもラン・サポートがなかったり、
後のPが吹っ飛ばしてしまうパターン。
その時は内容は良かったとか言われても、最終的には数字に集約されちゃいますからね。

>僕は単複をメインにやっていたので

ホンちゃんというか渋いと言うかKMFISさんらしいというか・・・。
ナリポンの基本は穴馬決めて総流しでした。
人気馬と絡むと当てて負けの醜態、所謂最も馬鹿にされるパターン・・・(-_-;)

>クレメンスも消されてました。

まあ、無難な判断としか言いようが無いですね。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。