スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厭離庵ってなんて読むの? (2)

最初は密かに始めたこのブログも最近では知り合いに教える事も増えてきた。
その時に質問として浴びるのが、‘厭離庵’の読み方。

正解は ‘えんりあん’


えんり 1 【▼厭離】

〔仏〕 汚れているこの世をいとい、離れること。おんり。



あとしばしば使う穢土はこんな意味↓


えど ゑ― 1 【▼穢土】

〔仏〕〔汚れた国土の意〕煩悩(ぼんのう)のある世界。凡夫の住むこの世。現世。
⇔浄土



で、合わせると4文字でこんな言葉↓もある。


えんり-えど ―ゑ― 1-1 【▼厭離▼穢土】

〔仏〕 けがれた現世を嫌って離れること。おんりえど。



別に、現世に嫌気がさして崇高な志のもとに使っている訳ではない。
寧ろ、魅力溢れる都市である東京(⇒江戸⇒穢土)を去るに当たって、一種の都落ちの感情を
自分なりに払拭しようと選んだ言葉かも知れない。

庵という言葉には昔から何かしら哲学的な雰囲気を感じ、憧憬を抱いていた。

ところで、‘厭離庵’の読み方を最初に質問してきた友人は1年半前までパリに住んでいた人間だ。
これらの言葉は全部(仏)ってあるようにフランス語だよ、と洒落てみた。

確かに、麻布十番(アザブ・ジュヴァン)じゃないが
なりぽん(ナリポォン)も厭離庵(エンリァン)もフレンチの発音にできないこともなさそう。


因みに、厭離庵というのは実在する。
京都の嵯峨野にあり、そもそもは藤原定家の山荘だったそうだ。
それが江戸時代に修復され厭離庵と名付けられた。

紅葉がとっても綺麗だ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:厭離庵ってなんて読むの?(03/22)

へぇー、Nariponはエイリアンだったんだ・・・
そういう私はウルトラの乳です。

Re[1]:厭離庵ってなんて読むの?(03/22)

URU虎MANさん
>そういう私はウルトラの乳です。

ウルトラは母が一番つよいんですよ(笑)
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。