スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望と情熱のあいだ~今日の‘do-or-die game’を制したことで10月のヤンキースがあると信じている人がいる~ (2)

BOSとの3ゲームシリーズ、ヤンキースが全勝することがプレイオフ進出の可能性を
残すための必須条件だと考えていたのに逆に2連敗。

今日も負けて‘全焼’したら完全に終戦だと誰もが認めざるを得ない状況だった。

ムースが踏ん張っていたが2点先行され、オフェンス陣はレスター相手に沈黙。
絶好のチャンスにも‘Boo-Rod’‘最低の仕事’をして点差以上に敗色濃厚ムードが漂う。

それを一変させたのが先発を外され代打で登場したジオンビーだ。
岡島から同点の2ランHRを放ち、9回にはパペルボン相手にサヨナラヒットを決めた。

3勝すべきシリーズを、最悪でも勝ち越すべきシリーズを、何とか最後に一矢報いた。

単に死亡認定を少しだけ遅らせる延命行為とも思えるのだが・・・(-_-;)

Daily Newsのオンライン投票でも流石に7割の人はもう諦めムードだが、
逆に言えば3割の人は今日の‘do-or-die game’を制したことで望みを持ち続けているのだ。

観客席にも‘WE BELIEVE IN A YANKEE OCTOBER.’と掲げたファンの姿があった。

何と楽観的なんだろうとも思えるが、恐らく本心は‘絶望と情熱のあいだ’なのだろう。

絶望的な状況だからこそ、より強い情熱を持って応援するファンの鑑とも言える。

私はどうかと言えば、勿論‘冷静と情熱のあいだ’だ・・・(^。^)

朝の5時半、ネットでライブ観戦していた時のサヨナラの瞬間は
手遅れの1勝に興奮することもなかったのに、BS1の録画放送で同じシーンを観た時は、
選手達の喜ぶ姿にしみじみ感動してしまった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

>私はどうかと言えば、勿論‘冷静と情熱のあいだ’だ・・・(^。^)


あえて言うなら、僕の場合は「不動心」ですかね。
前にもちょっと書きましたが、今季は期待してなかったので。
殺風景ですが、とても静かな今日この頃です。

Re:こんにちは(08/29)

KMFISさん
>あえて言うなら、僕の場合は「不動心」ですかね。

まさに松井の著作そのものですね・・・(^。^)
私とは違い松井以前からの年季の入ったファンですから、
実は思いはより複雑なのでは・・・。

来年の今頃、ヤンキースのポジションも気になりますが、
松井はどこで何をしているのでしょうか。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。