スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄サリン事件 その時ナリポンは・・・ (3)

10年前の今日、1995年3月20日、地下鉄サリン事件が起こった。
その時、我々夫婦は友人夫婦と2度目のアスペンでのスキーを楽しんでいた。
直前の週末に日本を離れていたのだ。
現地のテレビニュースでも大々的に報道されていた。
英語は大体理解できたが、事態そのものが自分の想像力を超越した部分があった。
社長職にある友人が、会社から新聞記事を毎日FAXで送らせるように指示。
事件の恐ろしさを実感していった。

もし休暇中ではなく、通常通り出勤していたら・・・
私は地下鉄有楽町線の永田町で降り、議員会館のところの出口から地上に出て、
首相官邸の前を通り、溜池交差点の脇を通り、目標のビルへと到着する。
現場には近いし時間的にも被っているが直接被害に遭う可能性は無かったといえる。

ところが、私には一人兄が居るが、その兄は当時、所謂霞ヶ関の役人で、丸の内線の霞ヶ関駅を
利用していた。
もしかしてと思ったが、新聞記事を読む限り該当が無かったのでわざわざ確認はしなかった。

帰国後分かったことだが、兄もその日から東南アジアに出張のため出勤していなかったそうである。

田舎の母は、すべての事実を知らされてこう呟いたそうだ。
「海外さ行くときは気をつけれと言うけど、今回は2人とも海外に居て安全だったのか・・・、
わがらね世の中になったなぁ」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

十年一昔と言いますがあの日の事はけして忘れる事が出来ません。
我が義兄もあの朝命拾いした人間の一人です。
新宿で仕事の打ち合わせが無ければ命を落としていたかも知れません。
上空から映す映像はかつて見た『サザンクロス特急』と言う映画を連想させ恐怖をつのらせました。
いまだにあの恐怖心はぬぐいきれません。

Re:こんばんは!(03/20)

maido.keiさん

まあ、オヤジっぽく言えば、「万事塞翁が馬」ってことでしょうかね。

しかし、いまの世の中無差別大量殺人じゃないけど、少量殺人は頻発していますね。

Re:地下鉄サリン事件 その時ナリポンは・・・(03/20)

その日はいつも通り東京駅から青山1丁目の事務所へ行くために丸の内線に乗っていた。 午前中の何時か忘れたけれど家内から安否確認の電話が事務所に来た。同じマンションに住む主婦の「あなたのご主人大丈夫?事件よ!」で大事件に気付いた家内が電話してきたのだ。 一本遅い電車だったら、巻き込まれていたかも知れない。
いつも通りに家を出て、いつもの電車に乗っていたために助かったということだった。
それから2年後、中途採用したA君は築地でサリン事件の被害にあった人だった。 後遺症が若干残っていた。
あの当時の同じマンションにすむ主婦Mは今でも大事件があると必ずといっていい程「○○○知ってる」と家内に電話してくるそうな。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。