スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘国民的行事’東西最下位直接対決はヤンキースの圧勝~打って走って滑ってこぼして刺した松井秀喜~

今日からヤンキース対マリナーズの3連戦。
ア・リーグの東西の最下位チームの直接対決だ。

日本のマスコミ的には‘イチロー、松井の直接対決’でもあり‘国民的行事’とも言える。

‘国民的行事’かどうかの判断はNHKが地上波で放送をするかどうかで判る。

実況:森中直樹、解説:高橋直樹、ナリポンが‘暗黒のW直樹’と呼んでいる。
昔は主+副音声で聞いていたが今は副音声オンリーで聞いているから‘実害’は基本的に無い。
ただイニング間は自動的に主音声に切り替わる。

そしてこの‘W直樹’が1回の裏終了後にいきなりやらかした。

SEAのベンチにいるストットルマイヤーが大写しになると

森中「ストットルマイヤーは去年まで対戦相手のピッチングコーチでした」

はぁ?去年まで?2005年に辞めてますが・・・<`ヘ´>

高橋「そうなんですよね、いつもトーリさんとコンビ組んでましたからね」

おいおい、お前もあっさり同意かよ、マジでつかえねぇーな・・・<`ヘ´>

高橋直樹の無知、その場凌ぎの解説、聴き難い鼻声は‘耳’に余る。

この段階ではまだ試合は0-0だったが、ヤンキースが負けても
この‘W直樹の失態’だけは絶対記事にしようと思った。
本放送も日本語音声を聞けば、更なる‘失態の山’を掘り当てられそうだったが、
さすがにストレスが溜まりそうなので止めた。

さて試合の方だが5回終了時点で13-2とヤンキースが大量リード。

もう、コールドゲームでいいだろ・・・(^。^)

実際9回までやっても同じスコアだった。
こうして東西最下位対決は相撲同様、番付上位の東のヤンキースが圧勝した。
最近は頼りにならなかったペティットにも勝ち星がついた。

松井秀喜は今日も好調で、打って走って滑ってこぼして刺した。

第1打席、第2打席は‘きっかけの松井’が発動。
VTRを見るようなセンター前ヒットでどちらも生還した。

RもいいけどRBIが欲しいと思っていたら、ジーターの‘巧走塁’で作った
1アウト2,3塁のチャンスでセンター前にタイムリー。
エロの‘好走塁’もあって2打点を稼いだ。
そしてカノーのヒットで昨日の再現となるような激走でホームへ突入、
YESの実況席も絶賛の絶妙スライディングでセーフ。

5打数3安打2打点3得点。
まあ打って走っては最近では見慣れているが、珍しいものも見せてくれた。

今日は4番レフトで出場していたから守備にも就いていたのだ。
DH稼業が身についているせいか、やはりどこか覚束ない。
8回に捕れそうな当たりをこぼしてしまい、打者にはラッキーなダブルにしてしまった。
ところがそのランナーが最終的にタッチアップでホームを狙うと、
松井がレーザービームならぬ‘perfect one bound throw (by David Cone)’
補殺に成功した。

試合後のインタビューで松井が‘自作自演’を認めた・・・(^。^)

松井と対照的だったのはイチローで4タコ2三振、守備も冴えなかった。

イチローの代理抗議をしたマクラーレン監督が退場する破目になったが、
監督退場でも‘ナインは燃えず’投手陣が‘炎上’するだけだった。

そう言えば今日のヤンキースもジラルディがサスペンションされて、
ロブ・トムソンが代行した。

ほらね、だからジラルディは日替わりラインアップを決めたら試合中はry・・・(>_<)

残り2戦も勝ってSWEEPしたいが、そろそろ松井の名前が消えそうな感じもある。
好調松井を外すことが‘敗因’になるようなことがないと良いが・・・(-_-;)

因みにvsシルバ(右) 11-2 0.182、vs ウォッシュバーン(左) 14-3 0.143だ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。