スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井川にあげるとしたら‘Bachi-Guy’賞~アメリカでは通じない‘鈍感力’がさらに嫌われる一因?~ (4)

昨日のDETとの第3戦は雨で中止になった。
日曜日の試合が流れて、現地のファンも嘆いているかと思いきや雨を歓迎する書き込みがあった。

‘よっしゃー、これでKei Igawfulの先発がなくなるかもしれないぞ’

‘Igawa’‘awful’を掛けた絶妙な‘Igawful’という表現が人気を呼ぶと共に、
‘そうかIgawaを見なくても済むのはいいことだ’と賛同者が続出した。

ファンの書き込みだけはない。
試合が流れて書くことが無くなったマスコミもローテーションのシャッフルに触れ、
‘Igawa回避’の可能性について論じていた。

中でも強烈だったのは‘UGH-GAWA’を連呼するニューヨーク・ポストだ。

母なる自然はしばしばヤンキースに試練を与えるが‘母の日’にはキスをしてくれた。
として、井川の先発外しの可能性を生じさせた‘恵みの雨’に大感謝の論調なのだ。

この徹底的な嫌われ方は異様だな・・・(>_<)

ヤンキース側もそういう世間の声に押されたのか、或いはそもそも自分達も望んでいたのか、
そっちの方向に動いた。

日曜のトリプルAで雨のために投げられなかったケネディに今日のスライド登板で
1イニングしか投げさせなかったのだ。

この瞬間、井川の先発がケネディになることが決定した。

熟考した上でのケネディの降格だった筈だがあっという間に戻ってくることになった。
もう少し下で投げさせるのが当初の構想だったと思われるが、井川の1度の失敗が
それを許さない状況を齎した。

今季5度のチャンスを与えられながらまだ1勝もできてないケネディにまたチャンスが与えられる。
今日の試合4回5失点のペティットは1個の借金となった。

1度目は失敗したが、予定されていた2度目の登板もあっさりキャンセルされた井川を
不憫に思う人もいるだろうがこれが現実だ。

ペテイットには確固たる実績がありケネディには賭けてみるべき将来性がある。

井川は日本での実績はあるものの、US$46Mという巨額投資にはまったく応えていない。

高価なPCを買ったのにそれが超低スペックだったら誰でも荒れるのは当然だ。
井川の場合は金を出したのはヤンキース、高価な分簡単に廃棄できないジレンマがある。
ファンやマスコミは自分の金ではないが、ここまでコスト・パフォーマンスが悪いと、
獲得したヤンキースを含めて井川をバッシングしたくなるのは当然の流れだ。

個人的には井川がここまで酷評される一因には彼の‘鈍感力’もあるような気がする。

‘鈍感力’の生みの親は渡辺淳一、育ての親は小泉純一郎だ。

目先のことにとらわれず、マイペースでゆったりと生きていく方が最後には勝ち残り
幸福な人生を送れるといったような意味だ。

井川といえば数々の伝説があるようにマイペースで‘鈍感力’に富んだ人間に見える。
しかしそれが通じたのは結果を出していた日本だけで、渡米後はあだになっているのではないか。

この前の登板後のコメントも然りだ。
ジラルディはポジティヴ人間らしいが、その彼も井川の今日のピッチは‘pretty good’には唖然。

監督だけなく、井川の‘The result is part of baseball’発言には、
クラブハウス内でも眉を吊り上げる選手達がいたそうだ。

これじゃあ、嫌われて当然だわな・・・(-_-;)

松井秀喜は遅刻魔のような側面もあるが勿論鈍感な人間ではない。
メジャー移籍の初シーズンも如才なくメディアに対応し、その好感度の高さから地元記者から
‘グッド・ガイ賞’に選ばれた。

もし井川に何か賞をあげるとしたら‘Bachi-Guy賞’だな・・・(>_<)

えっ、辞書なんか引かないで下さいよ・・・(^。^)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

第5号は空砲。

起死回生の同点ホームランだったのに負けてしまいました。
今のレイズは勢いがありますね。
井川はどうしようもないです。
もっと通用すると思っていましたが全然ダメです。
お互いのためにも別のチームに移った方がいいと思います。

Re:第5号は空砲。(05/13)

ねあがり君さん
>起死回生の同点ホームランだったのに負けてしまいました。

良い一本だったんですがね~。
勝ちたかったですね。

>今のレイズは勢いがありますね。

投手力と守備が見違えましたね、

>お互いのためにも別のチームに移った方がいいと思います。

そうですね、というか個人的にはどうでもいいです。

日本人メジャーリーガーの運命。。

NYで成功するのは、生半可ことではない事をNYに在籍した日本人メジャーリガーが証明しています。
それにしても、大型契約で華々しく登場しながら不良債権となってしまい、憎悪と軽蔑の中去っていく選手、そこそこの契約からちょっと活躍しても、契約の軽さ(?)によりトレードされたりして結局尻すぼみの中で戦力外となり、ファンからいた事さえ忘れられてる選手。
どっちが選手にとって幸福なんだろうか。。

Re:日本人メジャーリーガーの運命。。(05/13)

speakerさん
>NYで成功するのは、生半可ことではない事をNYに在籍した日本人メジャーリガーが証明しています。

松井秀喜は良くやってますよ。
2006年を除くと、本当に安定した数字を残している。
それでも昨オフは放出候補扱いでしたらね。

>それにしても、大型契約で華々しく登場しながら不良債権となってしまい、

個人的に印象深いのはR.ジョンソンですね。

松井にはミスター・オクトーバーになって貰うのが夢です。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。