スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ‘まさか’の正しい用法~チェンバレンの逆転3ランHR被弾、松井秀喜のOBPリーグ1位~ (4)

日本のスポーツ報道の‘まさか’の使い方は明らかに間違っている場合が多い。

彼らは‘起きないようなことが起こった’時ではなく‘起きて欲しくないことが起こった’時に
‘まさか’を使うのである。

うまく行くことを前提にしてそうならない時に‘まさか’を使いたがるのだ・・・(-_-;)

本来は蓋然性の問題だろう。

彼らの‘用法’に従えば、10回ラウンドして100を切ることが五分五分の素人ゴルファーが
105で回ると‘まさかの大叩き’と騒いでも許される感じだ。

そういう意味では今日のチェンバレンの失敗はまさに正しい用法での‘まさか’だった。
実際の見出しも‘Rare failure for Joba in Yankees' loss to Indians’

3-2で1点リード、7回途中で降板したペティットの後をファーンズワースが無難に抑えた。

実はこの時点で私の今日の記事の構想は決まった。

チェンバレンとリヴェラがいればメジャー野球も‘少年野球’になる・・・(^。^)

7回終了時点で1点でもリードしていれば実質ゲームセットになる可能性が高いからだ。

チェンバレンは先月のCWS戦でキャリア初の負け投手になっている。
同点の場面で登場しサヨナラタイムリーを打たれたのだ。

それだけで一面は‘He is human.’になった。

そして今日、2人の四球のランナーをおいて代打デルーチに逆転3ランHRを浴びてしまう。
打った瞬間はライトフライでイニング終了と思ったが打球はフェンスを越えてしまった。

ベンチに戻る彼に一部のファンからBooingが起こった。
安心していた分余計に‘裏切られた’気分になったのだろうが、今までの貢献度を考えてやれば、
寛容さに欠ける短絡的な群衆に見えた。

ベンチに戻った彼はタオルを頭からかぶって放心状態、目も潤んでいたかもしれない。

でも今日の被弾はまさに‘まさか’なのだ。

去年からの通算36.1/3イニングで自責点は3、被弾は1、それと同じダメージが
今日の1イニングで起こった。

試合後、勝ちを消されたペティットも数々の経験を重ねてきたリヴェラも
このKidを慮っていたのには救われた。

このチェンバレンの‘まさか’‘世界規模’だが、
ナリポン的‘まさか’は松井のOBPリーグ1位(0.430)だ。

今日は4打席3打数3安打、四球1で全出塁、これは立派だが驚くほどではない。

これで打率も0.342に上昇して0.05差の2位になり、世間が松井の首位打者争いに目が向くのは
当然だが‘一日天下’かもしれないとはいえリーグトップになる項目が出塁率になるとは
努々思わなかった。

この出塁率ランキングをしみじみ見ると、2位の選手の打率が0.250に過ぎない。
逆に打率首位の選手は17位に過ぎず、デーモンと同じだ。

ところで井川がメジャーに昇格しDET戦で先発することが99%決まった。

7回1失点で現地のマスコミが‘まさかの好投’と騒ぐのは確実だが、
4回途中、6失点で日本のマスコミが‘まさかの降板’と報じるか・・・。

まあ、井川に関しては日本勢も‘まさかの基準’がアジャストされているかな・・・(>_<)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

首位打者ですが。

こんにちは、なりぽんさん。
松井選手が首位打者に躍り出ましたがチームが連敗してしまいましたね。
連続安打の記録も伸ばして欲しいですが自分は豪快なホームランが見たいです。
ホームランはヒットの延長といいますが最近の打球は少し違うような感じです。
ジョバのブーイングは可哀想ですね。

Re:首位打者ですが。(05/07)

ねあがり君さん
>松井選手が首位打者に躍り出ましたがチームが連敗してしまいましたね。

一応記念撮影チックに書こうとも思いましたが、負けたのでやめました。

>ホームランはヒットの延長といいますが最近の打球は少し違うような感じです。

ヒットでもクラッチだったらHRには拘らないんですけどね。

>ジョバのブーイングは可哀想ですね。

あのパペルボンでもBSするのが野球ですからね。

ズバリ的中。

>4回途中、6失点で

さすがなりぽんんさんですね(笑)。
もう1回レイズ戦にチャンスがあるようですが厳しいです。

Re:ズバリ的中。(05/07)

ねあがり君さん
>さすがなりぽんんさんですね(笑)。

エッヘン、と言いたいところですが、こんなの当たっても1円にもなりませんから・・・(>_<)

>もう1回レイズ戦にチャンスがあるようですが厳しいです。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。