スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYYは苦手ピッチャーを攻略しSEAに連勝~今日のボクは投げても‘hellナンデス’~ (2)

今日のマッチアップはムースことムッシーナvs KingことF.ヘルナンデスだ。

私は観戦前のルーティンとして対戦成績をチェックするが、
数字的にはムースの方が明らかに分が悪かった。

SEAの対ムースはチーム打率で0.319なのにNYYの対ヘルナンデスは0.255、
今日4番でDH出場の松井秀喜も7タコと苦手にしている。

王でしか勝てないと嘆いているハンクがまた嘆きそうだな・・・(-_-;)

ところがいざ試合が始まると、この予想は大外れ。

1点先制したヤンキースはイチローのタイムリーで同点に追いつかれるが、
その直後に3点勝ち越し、さらにデーモンの2ランで差を広げた。

ムースが6回1失点、一方Kingは6回持たずに6失点だった。

今日のボクは投げても‘hellナンデス’・・・(>_<)

この絵にかいたような寒いオヤジギャクは実は‘へるなんです’の第一変換が
‘ヘルなんです’になったから生まれた・・・(^。^)

まあスペイン語だと‘H(アチェ)’は発音しないから‘エルナンデス’なんだけど
こっちの第1変換は‘得るなんです’、進化系としては‘得る難です’かな・・・(-_-;)

個人的にはあの手のピッチャーは‘敵ながらアッパレ的’な視点で見たい気分も
少しはあるので拍子抜けだった。

7タコだった松井も第1打席は三振に倒れたが勝ち越しの場面ではタイムリーを放ち、
2本目のヒットでKingを降板させた。

但し、第3打席では1アウト満塁で浅いセンターフライに倒れ‘最低限の仕事’も出来なかった。
この前のDET戦の無死満塁と同じ結果だ。

満塁だとソフト・グラウンドボールで‘勝負’できないのがネックになってる?(@_@;)

途中からはSEAのオフェンスに迫力が感じられないせいもあって、
緊張感の無い観戦になってしまった。

珍しかったのはイチローのエラーだ。
シーズンで1,2個しかしない男が今年の1個目をやらかした。

2塁に松井、1塁にジオンビでカブレラのセンター前ヒットの場面。
松井のホームインを阻止しようとしてのプレイから生まれたエラーだった。

イチローは去年も松井が1塁から3塁へ走る時に‘遠近感を失って’送球ミスをしたことがある。

こっちがそうなせいもあるが、
やはりこの両雄には互いに意識過剰な部分がありそうだ・・・(^。^)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

松井って満塁の打率が自身の打率を大きく下回ってるんですよね。
2分ぐらい高いのが普通なので、ずっと不思議に思ってました。
今調べたら生涯打率.296、得点圏.295、満塁は.281でした。
得点圏でのプレッシャーを感じない代わりに、
満塁でのメンタル的な恩恵も受けないみたいです。
過去にも考えたことがあるんですが、未だに答えが分かりません。

Re:こんにちは(05/04)

KMFISさん
>2分ぐらい高いのが普通なので、

恥ずかしながら実はこれを知ったのがつい最近、YESの実況ででした。
カノーを例外に挙げていていました。
さっき調べたらカノーは通算で0.303、満塁で0.213・・・(-_-;)

逆にジーターは通算で0.317、満塁で0.362・・・(^。^)
これだけ打って相変わらずグランドスラムは一本というのもある意味感動的・・・(>_<)

>得点圏でのプレッシャーを感じない代わりに、

今日もしっかりと仕事をして得点圏打率上がりましたね。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。