スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキース、20連戦の最後で連敗を止めて10勝10敗は‘Joe出来’か?~過去5シーズンと遜色はないが・・・~ (4)

3連敗中のヤンキース、特に昨日は‘非の打ちどころのない’負け方だった。

今日は2度のrain delayで水を差された以外は完勝だった。
5回途中までパーフェクトのペティット、エロと松井の連続ダブルで取った2点に、
時々働いて批判をかわすデーモンの2ランHRが出てほぼ決まり。

9回にはジーターがこの日2本目のダブルでダメ押し。
因みにはジーターはトリプルを既に2本打っているのにダブルを今日初めてだった・・・(>_<)

エロがジーターと同じ大腿四頭筋に痛みを感じて代走を送られたが、今後数試合は欠場の予定だ。

これで開幕以来の通算成績は10勝10敗のイーブンになった。

まあこんなものかな~ってな感じだ・・・(-_-;)

負ける時はほぼ負けるべくして負けているし、
勝つ時は僅差でも終盤のチェンバレンとリヴェラが鉄壁だったからリードを保てた。

強いて言えば今でも‘語り草’になっている、
マニーを歩かせずにムースと勝負させたジラルディの一件か。
あれで試合を逆転されただけでなくムースに‘後遺症’が残った。

因みに過去5シーズン、そう松井が加入した2003年以来の開幕20試合の成績を調べてみた。

2003年 17勝3敗
2004年 9勝11敗
2005年 9勝11敗
2006年 11勝9敗
2007年 8勝12敗

2003年は異様な強さだが、それ以外は5割付近をふらついているだけだ。

こうしてみると今年の成績は特に遜色なく監督就任1年目のジラルディとしては
‘Joe出来’とも言えなくない。

但し去年までのJoeは少なくともプレイオフに進出することにかけてはまさに‘請負人’だった。
前半戦でどう躓いても最終的にはどこかで‘豪脚’を見せて権利取りをしてくれた。

ジラルディは1年の監督経験、最優秀監督に選ばれたとはいえ勝率は5割に満たない成績だ。

要するに今は悲観も楽観もせずに、すべてはこれからということだな・・・(^。^)

個別の選手について少し書くと、最大の批判の対象になっているのは野手で言えばジオンビだ。

今日も1アウト満塁のチャンスで併殺打を打った瞬間、現地の掲示板は罵詈雑言で溢れた。

‘あいつを打席に立たせるくらいなら、ネコでも立たせておけ。ストライクゾーンが狭い分、もっと出塁出来るだろうし、足もあいつよりは速いから併殺にもならないだろ’

同様に期待に応えていないデーモンやカノーの打率は‘身長の高い人’‘低い人’だが、
ジオンビの場合は‘メタボ親父のウエスト’と言った感じだ。

投手陣に関して言えば先発は実質2本柱だ。
もちろん3勝ずつ挙げている王とペティットだ。
ムースは不安定だし、ヒューズとケネディは都合8登板でまだ勝ち星が無い。

ふたりのkidsをローテーションに入れるのはそもそも方針として無理があるという意見も多い。

休養日を利用して‘人事異動’があることは多いから何か動きがあるかと思いきや、
早々と発表になった先発予定ではペティットを繰り上げただけで5人衆のメンツは不変だ。

ひょっとしてI.K. out, K.I. inぐらいあるかなと思っていたが・・・(-_-;)

松井秀喜は20試合を終えて3割2分3厘、3HR、9RBIだ。
打率と出塁率(0.405)ではチームトップだ。

シーズン前に松井を軽視したジラルディにとっては思わぬ‘誤算’だったろう・・・<`ヘ´>

個人的にも今年は‘タコ試合’の少なさに驚いている。

願わくは松井にとっては‘鬼門の4号HR’を早く打ってもらいたい。
今日のダブルは惜しかった。

今年は燃えないとか言いながらも、この病人には他に没頭できることも無く、
結局1試合も欠かさずライブで観ている。

明日はお休みで、ポジションが完全にSQなディーラーのように少しほっとしている。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

可もなく不可もなく

20連戦が終わりタイの10勝10敗。
でもタイバルのBOSに3G差の4位という位置である。

個人的な意見ですが松井はまだジラルディの信用を勝ち取っていないような気がします。
何故かと言うと左投手に対して外されたり6番に下がったりさせられているから。。。

そろそろ人事異動に時期ですよねー
特にピッチャー陣2人の内どちらかと1番あたりかな?適材適所で行きましょう監督!

私は松井のファンなので~^^

なりぽんさん♪

チェンバレンのお父様は良くなられたのですか?彼は、まだ若いのに人生を深く(苦労)生きてますね~♪

やっとの思いでenjoy mlbへ入いるとrayさんが不在で寂しかったです^^;

レアル同様にヤンキースの監督は大変でしょうね~。スター選手が多い(ヤンキースは年俸が高い選手と表現するのでしょうか?w)チームを動かすのは難しい面があるでしょうね~。
ふと、(レアルファンですからw)
去年のカペッロ監督の異常な発言やベッカムに対する虐めにしか見えなかった対応を思い出してますw
ベッカムには落ち度はなくトップスター選手のプライドを大きく傷つけられ媒体に好きに書かれ途中、移籍も決めましたが彼は練習だけはしてたんですね。ボロボロのレアル(4位でした)をベッカムの実力をカペッロは認めスタメン入りさせてから大逆転続きで優勝しました♪優勝してもカペッロは解任されベッカムは去りました。
振り返れば憎かったカペッロは大ベテランの誰もが認めるキャリアの監督でした。スペイン国王が「あなた、やめなさい」と言っても「そうはいきません」と喧嘩もしてましたからね~w
カペッロはポリシーやフットボール哲学を持った監督でした。イングランドの監督になりました。
ヤンキース新監督もご苦労はされてると思いますよ~。

Re:可もなく不可もなく(04/21)

かず坊さん

いやぁ、可もなく不可もなくというと優と良しかなかった大学の成績を思い出す(ウソ)

ったくBOSは今日も勝って5連勝、貯金7ですよ。
GMの差なのかな・・・。

>何故かと言うと左投手に対して外されたり6番に下がったりさせられているから

まあ連戦の中で外野4人のローテもあるしある意味仕方がない部分もあるかも・・・。
ポサーダのDHが余計ですが。

人事異動と言えば、チェンバレンの先発転向議論は起こってますが
井川の名前は聞こえてきませんね。

Re:私は松井のファンなので~^^(04/21)

ひろみ薔薇さん
>チェンバレンのお父様は良くなられたのですか?

詳細はわかりませんが、最初のニュースでは重篤な印象があったのに
much betterという言い方に変わってますね。

>彼は、まだ若いのに人生を深く(苦労)生きてますね~♪

父子の絆をしみじみ感じさせますね。

>やっとの思いでenjoy mlbへ入いるとrayさんが不在で寂しかったです^^;

パソコンも触れない体調の問題だとしたら気になりますね。

>レアル同様にヤンキースの監督は大変でしょうね~。

似てるんでしょうね。
ただ個人的にはスペイン人のサッカー熱の方が遙かに強烈だと思いますが。

>スペイン国王が「あなた、やめなさい」と言っても

へ~、チャベスだけじゃないんだ・・・(>_<)

レアルは優勝確定したようなもんですよね。

ところで、サッカーと野球どっちの方が監督の影響力が大きいんでしょうかね。
一概には言えないか・・・。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。