スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野監督の心臓への負荷を慮る~北京五輪出場を決めた3試合をホルター心電図で解析するとどうだったか~ (6)

星野仙一監督が率いる野球の日本チームが来年の北京オリンピックの出場を決めた。

無類の野球好きの私は勿論3試合とも釘付けだったが、
野球そのものの他に常に星野監督の‘顔色’を窺っていた。

星野氏は2003年のオフに高血圧や不整脈等の健康上の問題を理由に監督業を‘廃業’した。

あの年、試合中に倒れたことがあった。
レギュラーシーズン100数十試合を戦う体力に自信が持てなくなったのだろう。

その彼が2007年1月、北京五輪の野球代表監督を引き受けた。

魂としてのハートは熱く強いが、肉体的には‘脆弱性’のあるハートだ。

初戦のフィリピン戦は流石に大楽勝だったが、むしろ楽だった分、コントラストとして、
翌日の韓国戦への緊張感を増幅させたとも言える。

そしてその韓国戦だ。
先制された直後に逆転しリードを奪うが点差は1~2点、同点、逆転にされるピンチが続く。
試合を落とすと、第3戦を待たずに韓国の‘当選’が決まるというプレッシャーが
常に重たくのしかかる。

やっている方も観ている方も同じだ。

健康な人間でも‘息詰まる’‘胃がキリキリする’‘心臓がバクバクする’展開だ。

況や病人をや、である。

1点差のゲームを辛うじて制した直後の星野監督のインタヴューは、
普段の彼らしくなく自分でも何を言ってるのかわからなくなったと認めるほど混乱していた。

星野氏は自己表現の上手い男だ。
表情も豊かだし言葉での表現はユニークで味わい深い。

解説をしている時に、お立ち台の選手が‘応援よろしくお願いしま~す’とか言っていると、
その‘陳腐さ’を一喝している。

それなのにこの混乱ぶりはなんだろう。

縁起でもないが一瞬、故小渕首相の最後の記者とのやり取りを思い出してしまった。

そして第3戦だ。
勝てば文句無しで五輪出場を決められるが、負けると失点の仕方によって3ヶ国の中から決まる。

勝てばいいだけと言いながら、試合は6回に1-2と逆転を食らい、
まさにこの失点率が絡んでくる展開になった。

どこまで星野の心臓を痛めつけるんだ・・・(-_-;)

最大の難敵の韓国を撃破しながら、台湾戦を‘取りこぼして’チケットを逃したら
悲劇性が増すだけだ。

しかしここでオフェンスが真価を見せる。
怒涛の6得点で一挙に逆転、5点のリードをする。

それにしても同点にしたのは、無死満塁からのスクイズ、
高校野球でもなかなかお目にかかれない作戦だ。
ひとつ間違えばホームゲッツーで一気にチャンスを潰してしまう。

星野監督はどんな決意と成算をもってサインを出したのだろうか。

最終的には10-2、日本の地力が完全に勝った。

試合後、星野監督はインタヴューを受けている時に思わずというか、ごく自然に感極まった。
目を潤ませて、感情を抑え込むように口元を引き締めた。

あの顔を見てグッと来た人も多かったろう。
私もそのひとりだ。

心臓疾患の患者を対象にした検査方法にホルター心電図というのがある。
長時間の心電図が記録できる携帯の機器で、通常は24時間で行う。
私も年に2回のペースでやっている。

装着している24時間、ゴルフのスコアカードのような記録用紙に、その時々の行動を記録する。
波形と行動の相関を調べるためだ。
いつものようにベッドで横になっているだけでは面白みがないので、
私はわざと階段を上ってみたり、重いものを持ったりして意識的に‘負荷’を掛けてみる。

4年に1回のオリンピックの出場権をたった3試合で決める。
おまけに従来の実質3強のうち2チームから、今回は1チームだけという厳しい現実。
五輪でのメダルの色を論じる前に、そこへの参加資格を獲得することが重圧となる。

この3試合、星野監督がホルター心電図を着けていたら、場面場面でどんな波形を描いたか。
勝手に想像するだけで、代表監督という存在の計り知れない‘負荷’を慮り、恐縮してしまう。

長嶋ジャパンもオシム・ジャパンも監督の脳梗塞を‘誘発’してしまった。

シーズンを通して監督を務める体力に自信のない星野氏が
試合数が少ない、或いは期間が短いから耐えられると考えるのは単純すぎるだろう。

星野仙一は命と引き換えにしても金メダルが獲れれば‘本望’というタイプの男だ。

そんなことはやめて、と言っても聞く耳は持たないだろう。

最高のシナリオは監督の心臓に負荷をかけないように全部勝って金メダル。
それも先行、中押し、だめ押し、無失点が望ましい・・・(^。^)

健康でない人がこれだけ無理して大きな仕事をしているのをみると、
病気を‘隠れ蓑’にしてlazy lifeを送っているどっかの誰かさんの立場がなくなるが、
まあ、それは人それぞれということで・・・(^。^)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

星野ジャンパンお疲れさんです。

台湾戦は逆転されてもなんとかなりそうな気がしてました。
韓国戦はリードしていても逆転されそうな感じで恐かったです。
星野監督は途中で逃げ出したくなったと言ってました。
心臓ではなく胃がきりきりしたそうです。
オリンピックの野球が最後なので出場できなかったら大変でしたね。
開催国以外で7チームというのは狭き門ですよね。
最終予選で残り3チームが決まりますがカナダ、メキシコ、オーストラリアなどを考えると厳しい争いになっていたでしょう。

Re:星野ジャンパンお疲れさんです。(12/04)

ねあがり君さん
>韓国戦はリードしていても逆転されそうな感じで恐かったです。

相手が後攻だったので嫌な想像力が働きました。

>心臓ではなく胃がきりきりしたそうです。

胃はジワジワってきて心臓は一突きできますから・・・。

>開催国以外で7チームというのは狭き門ですよね。

そもそも出場国が少ないですね。
今までの実質3分の2は優遇されていたのかも・・・。

>最終予選で残り3チームが決まりますが

流石に放送は無いでしょうが高みの見物です。

本当、心配ですね

今晩は!返事有難う御座いました。
同じ事を感じ取っていたとは苦笑いです。
確かに胃はキリキリ・う~んって感じでしょうか、が胃薬で直ぐに治ってしまいます。
しかし心臓君はあっ・うっ!あるいはシーン・・・
でしょうか。台湾戦では私は胃が痛いなぁ~でした何せチラチラあの人が気になってしょうがなかったですから。生きてるかぁ!固まってないか!って

星野監督はやはり主治医同行の点滴を毎日だったようで、しんどかったと思います。
妙に田淵氏と山本氏が太っていて元気なのが気に入りませんでした(まぁ誰かは健康じゃないと)。

思うにノム氏は倒れませんが、やはりポイントは奥方でしょうか?えっ聞いちゃいけませんでした?
ゴメンナサイ・・・ドドドドドド・・・

心臓に悪いゲームでした。

雪娘は墓穴を掘ったみたいですね。(笑)
私の場合は自転車漕ぎで負荷をして心電図を計測したことが有りました。

2戦目の韓国戦は確かに心臓には良く有りませんでした。台湾戦も逆転された時も同じでしたよ。
先制点は取るけれど1点差くらいのリードではいかんです。最低3点差はないとね。

8月の本戦は先制+中押し+ダメ押しの王道野球をしないと星野監督はホントやばいかも?

Re:本当、心配ですね(12/04)

雪娘さん
>同じ事を感じ取っていたとは苦笑いです。

やっぱり‘同病相哀れむ’のせいでしょうか。

>星野監督はやはり主治医同行の点滴を毎日だったようで、

えっ、マジ?
と思って調べてみたら、そちらさまで御用達のスポニチの記事にありました。
‘星野スペシャル’が何かは書いていませんでしたが・・・。

>妙に田淵氏と山本氏が太っていて元気なのが気に入りませんでした

まあ、マスターズ・リーグのノリですね。
でも太めに見えるのはあのユニフォームのデザインのせいも大いにありそう。
選手たちもダルを除いてはダメ・ダメでした。

>思うにノム氏は倒れませんが、やはりポイントは奥方でしょうか?

じゃあ、落合も大丈夫?

Re:心臓に悪いゲームでした。(12/04)

かず坊さん
>私の場合は自転車漕ぎで負荷をして心電図を計測したことが有りました。

自転車はないな~。
ミニ階段やルームランナーはあるけど・・・。
24時間心電図をやらないというのは心臓が優秀なんですよ、きっと。

>2戦目の韓国戦は確かに心臓には良く有りませんでした。

リードしているのにサヨナラ負けしそうな嫌な予感がしてました。

>8月の本戦は

ミスターの現地に行くとか、行かないとか・・・。
そうなると益々‘体に優しい’展開にしてもらわないといけませんね。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。