スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼束ちひろ (2)

映画は新しいものも積極的に観るが、音楽は基本的には昔愛したものを繰り返し聴く。
それが私のスタイルだが、年甲斐もなく‘嵌って’しまった歌手がいる。
鬼束ちひろだ。

通常音楽は音だけ聴く(当たり前か)が、彼女に関しては偶然CATVの音楽チャンネルで
聴いたのが最初だった。
まるで、劇団の新人がやる発声練習のように大きな口をあけ、はっきりと発声している姿が
妙に気に入った。

初めて聴いた曲は「月光」、その歌詞に惹かれて、更に他の曲を聴いたが裏切らなかった。

JRウェストのCMで(いい日旅立ち)のカバーを歌った事もある。
カバーは今の業界では流行だし、ある程度の数をこなす安定の魅力は
あるのだろうが、所詮そんなものは他人に任せればいい。
本来の意味で『役不足』だと思う。

鬼束ちひろは平然と言い切る。

あたしは言葉からじゃないと曲が創れない
あたしがやりたいのはみんなを圧倒する歌


詞をかけなくなったら、あの歌唱力と表情を売りにしてやればいい。
自分にとって、彼女の魅力は飽くまでも「詞」であり、それを失うことは
「死」を意味する。
言葉を搾り出すのではなく、言葉が迸る。
そんな大切な時期を大事にして欲しい。

事務所とかレコード会社の問題は、私自身全く不案内なのでコメントできない。
が、彼女の才能が枯渇する前に別の要素で埋没させられるのは絶対避けたいところだ。

鬼束ちひろ/Complete Clips<2004/12/1>

鬼束ちひろ/Complete Clips<2004/12/1>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いまどうしてるんでしょう。

わたしも大好きだったんですが、
事務所が悪かったのか、体調が悪かったのか。
いつか帰ってきてくれるんでしょうか。
鈴木あみはどうでもいいですから。
あれほどの逸材がこのままなんて。。。

Re:いまどうしてるんでしょう。(03/12)

樹里亜1969さん
>あれほどの逸材がこのままなんて。。。

どうやら実質休止中みたいですね。
やはり、あの頃が絶頂期でもう終わりなのかも知れませんね。

ものを創る人によくあるパターンですが、創成期がピーク・・・。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。