スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり松井秀喜の猛打賞よりヤンキースの1勝だ~恐るべき‘破壊力’を持つガニエはヤンキースの‘守護神’?~ (4)

昨日から始まったDETとのシリーズ。
DETといえば去年の10月、一部マツヤニ入り?の苦~い、苦い杯をなめさせられた相手だ。

今季の対戦は8月に8試合が集中している。
これは大いに歓迎すべきことだと思っていた。
オールスター後の両チームの成績は‘対極’にある。

ところがその初戦をヤンキースは落とした。
1敗するだけでも奇妙な感じがしていたから、3連敗をしてしまうとやや狼狽気味だった。

松井秀喜は猛打賞、2打点で打率を3割に乗せたが、逆にそれを嬉々として伝えるであろう
日本のマスコミを勝手に想像して一切シャットアウトした。

向こうの記事も一切読まずに、ムースの無惨な姿を使った一面の画像だけを保存した。

おまけに今朝、試合前にチェックしたらBOSがLAAを破っているではないか。

ダブルヘッダーということも知らなかったが、あっさり‘先を越された’ショックも大きかった。

これで6ゲーム差か、負ければ7ゲーム差になる可能性があるな・・・(―_―)!!

雨で開始が1時間遅れたが、ヤンキースは無事、6-1で勝利した。

先発のペティットが8回を失点1の好投を見せた。
これで4連勝、オールスター後は6勝1敗と後半に強いところを証明している。

オフェンスではジオンビが2HRと決定力を見せ、不振だったフィリップスが3安打2打点の活躍。

しかし最大のヒーローは3回2アウト1,2塁でアブレイユが打ったショートゴロを
イレギュラー・バウンドさせた‘奴’だろう。

雨後の竹の子がニョキ、ニョキ出てきたのか、モグラが暗躍したのか、
バッタが大量にホップしたのか・・・(^_^)


松井秀喜は4-1、相変わらず‘きっかけの松井’パワーは健在だったが、
3回2アウト満塁でのクラッチ・ヒットを見たかった。

守備では1個シェフの殺人ライナーを好捕したのが実況にも誉められていたし、
ペティットも思わずガッツポーズを見せた。
というか捕った瞬間のファンの歓声もすごかった。

シェフに対するBooは凄まじいものがある。

まるで‘健康であれば命なんていらない’のように
‘シェフに打たれなければ負けてもいい’といった感じさえある。

‘トーリはracist’発言をしたのが最大の原因だと思われるが、
マイケル・ケイはこのBooはトーリを擁護するファンの気持ちの表れだと言っていた。

同時進行というか先行していたBOS戦が‘堪らない結末’になった。

8回表を終わってLAAが4-1とリードを拡げたので安心していたが、
なんとその裏にBOSが4点入れて大逆転。

こっちはほぼ勝ちが見えていたが、あっちの大逆転で意気消沈。

ところがいました、いました‘魔物’というよりは
ある意味‘ヤンキースの守護神’とも言えるガニエ様。

その‘堅実な破壊力’で見事に試合を打ち壊し3失点、再逆転を許してしまう。

本当に‘頼れる奴’だぜ・・・(^o^)

9回裏のBOSの攻撃、明らかに誤審だったが、ユーキリスとフランコナ監督が激しく抗議して退場。

誤審にも怒ったのだろうが、ガニエ劇場で溜まったフラストレーションもあったに違いない。

試合が決まった直後、呆然と立ち尽くすオルティーズの姿が印象的だった。

この前ヤンキースが土壇場でダンカンの3ランで追いつき、
その後リヴェラが打ち込まれた時のショックより大きいだろう。

大逆転でリードを奪い1点差を守ればゲームセットだったからだ。

パペルボンならかなりの確率で抑えてたろうと思うが、ゲーム1で岡島ともども登板していた。

点差を考えれば逆だろうと言いたくなるがそれは結果論。

そういう意味では、9回1イニングを貫禄で無失点に抑えたチェンバレイン。
5点差で登板させたが例のルールがあるから明日は登板できない。

明日、接戦になった時に使えないことを考えれば、
今日は他のピッチャーでやり繰りする手もあったかもしれない。

因みにチェンバレイン・ルールに‘総量規制’が入った模様だ。
今季マイナーとの投球イニング合計を130に抑える方針らしい。
残り41試合で36イニングに押さえ込まないといけない。
逆に言えば今までのルールより弾力的に使える‘裏書’を貰ったとも言える。

総量規制といえばどっかの国のバブル崩壊に繋がったが・・・(-_-)

ガニエ劇場を笑っているが、こちらにも最近の出し物は‘悲劇もの中心’のリヴェラ劇場がある。
次の登板はチームにとってもリヴェラにとっても極めて重要になりそうだ。

昨日、今日の試合を観戦して感じたのは松井秀喜の猛打賞よりもヤンキースの1勝の喜びだ。

勿論、それが同時に起これば文句なし。
HRも随分ご無沙汰の感がある。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鬼ごっこの犠牲者?

今日はですNaripon氏。
遅くなりましたがムースの件について、褒め言葉を頂いて大変嬉しいです!動物のムース柄の長靴を購入して良かった?というもんです(L.L.Bean)。
私もモリーナが合うと思うのですが・・欲を言えばフラハティかなぁ~

今日はskyPの勝手なキャンセルで録画。松井君の結果に不満はありましたが、こんな時は後半交代させてもいいのでは?とも思いました。
にしても例のシーンはびっくりでしたね、インジ君が鬼に追っかけられているみたいで。年季を感じさせるplayでしたが、何だかおっいいカンジ!みたいにも見えました。

ガニエさんはこのままで往って欲しいです。何だかオカジの記事も少なくなりましたしね。必ず外様の疫病神っているのでは?NYYではそうエンブリーでしたね・・・

明日は王様奮起して三勝です!多分ビシッバシッ派攻撃だと思います(痛そう・・・)。またです

チェンバレーンルール

今日の大島氏も知らずに登板の可能性を解説していました。
みんなそんなものなんですよ。
与田さんは今パリーグの解説もしてるし守備範囲が広ければ浅くなるのも仕方が無い。

Re:鬼ごっこの犠牲者?(08/18)

雪娘さん
>私もモリーナが合うと思うのですが・・欲を言えばフラハティかなぁ~

YESの実況席からサインを出す手はありますが、ムースの視力が問題ですね。
鷲や鷹のような視力があれば・・・(^o^)

>松井君の結果に不満はありましたが、こんな時は後半交代させてもいいのでは?

一応連続ヒットの記録もあったからかも・・・。

>インジ君が鬼に追っかけられているみたいで。

確かに、お面はいらないですね・・・(^o^)
睨まれて固まってしまってましたね。
1986年以来らしいです。

>明日は王様奮起して三勝です!

CLEへの義理もありますからね。
‘1日3勝’を味わいたいです。

Re:チェンバレーンルール(08/18)

ブルマンさん
>今日の大島氏も知らずに登板の可能性を解説していました。

録画は見てないので分かりませんが、そうですか。
彼の解説は笑い声が嫌いではないのですが、昔から情報はやや古い印象があります。

>与田さんは今パリーグの解説もしてるし守備範囲が広ければ浅くなるのも仕方が無い。

梨田は知っていましたが、与田もそうですか。
与田は一応MLBのエース格扱いだと思っていました。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。