スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another day, another milestone~松井秀喜、日本人初にして最速(笑)のメジャー通算100号HRを達成~ (2)

KCの背番号55が投げた4球目をNYYの背番号55が強振した。
ボールは高々と上がりライト方向へ・・・。
KCの右翼手は懸命にジャンプをするが、ギリギリフェンスを越えた。
ちょうど‘W.B.MASON’‘N’の上を越えた。

これが松井秀喜のメジャー通算100号HRだった。

今シーズンのHRの中では軌道でも飛距離でもチョッと珍しいHRだ。

NHKは勿論、スカパーも放送がなかったので、日本にいてライブでこの瞬間を
観ていた人はかなり少ないと思う。

おまけに日本時間では月曜の午前3時9分だ。
真っ当な人間は素直に寝ているだろう。

やくざな病人の私は無論MLB.TVの汚い映像で観ていたが・・・(^o^)

ただその瞬間をライブで観ていたという以外、それほどの感情は正直湧いてこなかった。

4-0でリードしている試合の5点目というのもあったかもしれないし、
もっと競った試合展開だったら違ったかもしれないが・・・。

と言うか、本人も語っているように現役を続けていれば、所詮‘時間の問題’だからだ。

100号と言うキリ番を達成したから、ひとつの出来事として世間の人々は祝うが、
私のように100本全部のHRをその都度祝っているという自覚のある人間にとっては
100本目だからという感慨はそれ程無い。

日本人メジャーリーガーとしての初の100本、最速(笑)の100本という事実は
客観的かつ歴史的な価値があることは確かだ。

ただ、松井なら当然だろうと思っているからむしろ今後どこまで伸ばせるのかと言う方が気になる。

みんなが好んで使う‘通過点に過ぎない’というやつだ。

映像では確認できなかったがスコアボードにも通算100号のメッセージが表示され、
松井もカーテンコールだ。

例によってシャイに超短時間だったが・・・(^o^)

個人的に残念なことがひとつある。

このKCとのシリーズのYESの実況にはマイケル・ケイがいなかった。
昨日のエー・ロッドの500号の時は、ケン・シングルトン、今日の松井の時は実況に不慣れな
ボビー・マーサーだった。

できればあの瞬間をマイケルの‘See Ya!’でやって欲しかった。

ヤンキースの戦評ではタイトルに‘Another day, another milestone’と松井の100号に
敬意を払っていたが、その後のサンデー・ベースボールでメッツのグラビンが前回逃した
300勝を達成してしまう。

MLB的、或いはNY紙的には同じタイトルでも‘milestone’の指すものが全く違ってしまった。

まあ、これは比ぶべくもないな・・・(-_-)

無論、ニューヨーク紙の一面は全部グラビンだ。

さてヤンキースは終盤反攻されたが、8-5で逃げ切りスィープ成功。

DET、CLE、SEAが負けたためにWCはいよいよ0.5ゲーム差に肉薄。

明日からのTOR戦、移動があるのに何故ディ・ゲームなのか不思議に思ったが、
現地はホリディーだそうだ。

人工芝ということもあって松井がこのシリーズ完全休養する日があるかもしれない。

そういえば松井の寿司&バッファロー喰い仲間で、グローブの名前はカタカナのマイヤーズが、
試合後実質的戦力外通告(designated for assignment)された。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

通過点に過ぎない・・・。

「通過点」というのにもイロイロあるんだ。
「ピークの通過点」という事では、我々はとっくに過ぎていると感じさせられた事があった。

先週の日曜日のゴルフは、フルバックからゴルフ部の高校2年生とまわった。
僕は飛距離には自信があった。
ドライバーでジャストミートすると280ヤードは飛ぶ。

ところがこの少年ときたら、軽く300ヤード超の飛距離を出してきたのだ。
国体への出場が決まっているとはいえ、球筋がまるっきり違う。
5番アイアンでも、伸びの有る球筋で200ヤードは打ってくる・・・キレのあるスイングに・・・脱帽だった。

一緒にまわった整形外科医が言った。
「筋肉のバネが我々と違うんだ。我々の筋肉はもうピークを過ぎている・・・バネがヘタってきているんだ。」
彼も飛距離が有るシングルプレーヤーだったが、僕と同世代・・・二人で高校生の肉体の若さに羨望の眼差しを向けていた。

Re:通過点に過ぎない・・・。(08/06)

hiroponさん

どうも、どうも、出動有難うごじゃいまする。
しかし、よりによって松井の100号の記事になんでコメントゼロなんや・・・<`ヘ´>

>「ピークの通過点」という事では、我々はとっくに過ぎていると感じさせられた事

昔読んだ本で脳の働きは21歳をピークに下り坂というのがあって、そんなぁ~
と思ったことがある。
肉体はもっと早いかもね・・・(-_-)

>脱帽だった。

まあハニカミ王子を考えても仕方ないよね~。
でも、オジサン達も道具に投資すればチョッとは改善できる部分もあるし
小技で老獪さを出すこともできるし・・・。

先ずは、まだゴルフを楽しめる健康体であることを素直に感謝しましょう。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。