スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍ちゃん切手、ご用心? (4)

藍ちゃんの写真付き切手が発売になって人気になっている。
80円切手が10枚ついて、2650円、他に500円の送料がかかる。
Wカップで世界一になり、その後のANZでも惜しい2位になり、スポーツ紙の一面に
『藍』が乱舞した絶妙のタイミングだ。
だがこの企画は去年からあり、3月の発売は予定通りらしい。

私自身も日記でも何度も取り上げたように、藍ちゃんの大ファンである。
当然、飛びつきたくなるが飛びつかない。

実は、以前、松井秀喜の写真付き切手を買ってえらく後悔した経験があるからだ。
松井の場合は同じく80円切手が10枚ついて、3150円だった。
私は朝日新聞の販売所を通じて買ったので、それだけだが、通常購入だと送料として
他に500円かかった筈だ。
予約販売だったので現物を目にすることなく注文した。
届いたものを見て、唖然。
ホルダーはまだ良いとして、肝心の写真は気が遠くなるほど粗悪だった。
今の時代、一体どうすればあれだけ発色の悪い印刷ができるのだろうか。

家族や友人に自慢げに見せるはずが、完璧に自嘲気味に見せるしかなかった。
尚且つ、彼等の反応は等しく「なにこれ?」「しょぼ~い」「高いな」であり、
完全なダメだし状態だったのだ。

あんな粗悪品にお金を使ってしまったという後悔の他に、別の苛立ちがあった。
自他共に認める、謂わば狂信的なヒデキファンの私としては、松井秀喜をつかうなら、
それ相応の質を伴って欲しいということだ。
赤ら顔だったり、逆光で顔が判別できなかったり、どんなセンスの悪い人間でも
あそこまではしないだろうという最悪のクゥオリティーだ。
こんな質とは知らずに、松井のネームヴァリューだけで買ってしまった人延べ5万人
だそうだ。
因みに松井秀喜の販売元はプレジールという会社だ。
他にはマツケンを発売している。

別会社が「冬のソナタ」を取り扱っているが、風景が殆どでドッチラケらしい。

そもそもこの写真付き切手というのは郵政公社が一般人を相手にも行ってるサービスで
基本は80円が10枚で1000円。

販売価格からこの1000円を引いた分が、どうのように配分されるかは知る由もないが
ボロイ商売の感は否めない。

藍ちゃん切手の救いは、販売元が地元沖縄県東村の第3セクターで収益金の使途が
人材育成という社会性を持っていることか。




松井秀喜写真付き切手



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:藍ちゃん切手、ご用心?(03/03)

はじめまして。外国切手コレクターです。
確かに写真つき切手の印刷クオリティは今イチですよね。おっしゃる事は、とて~もよくわかります。詳しい事はよく知らないのですが、イベント会場などで「あなたの写真の切手を作ります」という企画をやっていた事もあるので、それなりのクオリティしか出せないのではないかと思っています。

販売元が収益金の使途を明確にしているのなら、そのための「記念品」程度に考えてみてはいかがでしょうか。ホルダーに入れて保存するより郵便に使って話題を作る方が生きてくるかもしれませんね。

本来、切手は美しい印刷が売り物なのに、このようなオマケ(?)のおかげで切手のイメージが悪くなるのは、個人的にはとても残念です。

Re[1]:藍ちゃん切手、ご用心?(03/03)

納豆昆布さん
>はじめまして。外国切手コレクターです。

ようこそ
私も子供の頃は、「月に雁」「見返り美人」「ビードロを吹く女」とかに憧れていました。

>確かに写真つき切手の印刷クオリティは今イチですよね。

今サンくらいかも・・・(笑)

>本来、切手は美しい印刷が売り物なのに、このようなオマケ(?)のおかげで切手のイメージが悪くなるのは、個人的にはとても残念です。

ですよね。
あのまま放置されたらその懸念は残りますよ。

Re:藍ちゃん切手、ご用心?(03/03)

ご訪問、ありがとうございます。
 確かに、naripon様の仰るとおりです。写真付き切手の印刷は最悪です。ただ、今年に入り、少しは改善されてきました。(昨年の物と、今年発行のものを比較すると、よく判ります)
 売れ筋の切手は値段が高く、手が出せないのが実情です。

Re[1]:藍ちゃん切手、ご用心?(03/03)

Mr.Pスタンさん
>ご訪問、ありがとうございます。
勝手にTBさせて頂きました。

>今年に入り、少しは改善されてきました。
なるほど、現物を見てないので判断つきませんが方向としてはいいですね。
しかし、少しではなく大幅に改善されるべきだと・・・

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。