スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素材の良さを素直に生かしているのは流石NHKと言っておこう~スポーツ大陸 「松井秀喜・復活への125日」~ (12)

ドキュメント・スポーツ大陸 「松井秀喜・復活への125日」

この番宣を見たときに、私は期待感と同時にある種の懸念を抱いた。

ドキュメントというくらいだから事実に忠実に作ってくれよ
感動を与えようと妙な小細工はやめてくれよ


松井秀喜はそれだけで魅力ある素材だ。
素材の良さを素直に生かせばいいだけなのに、
日頃の日本のマスコミの中には技量も無いのにつまらない‘筆を振るって’
素材を滅茶苦茶にする輩がいる。

良い食材はひとつまみの良質の塩を振って、きちんと焼けばそれだけで一番旨い。

で、実際にこの番組を見た感想は‘合格’だった。
まあ、私から‘合格’といわれても‘だから、なによ’と突っ込まれておしまいだが・・・(―_―)!!

いろいろと問題の多いNHKだがこの辺のクオリティは一応素直に評価できる。

民放の変なやつが作ると‘DQNメント’になる場合が多いからな・・・(@_@;)

番組の中で、ドキュメントらしく私にとっては初めて見る映像がいくつかあった。

先ずは骨折した骨のレントゲン写真だ。
粉砕された部分、金属プレートと7本のボルト。
まさにガラスのように壊れそうで、見ているだけで痛々しい。

そもそも私は血とか手術のシーンは昔から弱かった。
その割には、自分がこういう身体になってしまって、自分自身で目にする手術の時の血や
心臓の造影映像とかは不思議と拒否反応が無いのだが。

‘自分の屁は臭くなくて他人の屁は臭い’理論と同じかも・・・(^O^)/

トレントンの時の移動は松井も一般人に混じって、エコノミーしかない飛行機に乗っていたが、
その時の機中での映像を見て笑った。

やっぱ、頭がデカイわ・・・(^O^)/

9月12日の復帰初戦。
2回のスタンディング・オベーションは当然番組を盛り上げる最高のシーンとして用いられたが、
何度も見ているのに胸が熱くなった。

あの試合にお世話になった医者を招待していた事実を初めて知った。
医者が試合後ロッカーを訪ねると、松井が(彼らしくなく)飛んできて抱きついたそうだ。
そのシーンは無かったが、頭で想像するだけで‘絵’になった。

そして番組の〆である。
ここが私の最大の関心だった。

ともすれば怪我も貴重な体験だったとするだけでなく、
恰もそれが価値のあることだったと言う方向に持っていきたがる‘勘違い野郎’が多いからだ。

松井自身が語っているように怪我そのものはやはりマイナスなのだ。

もっと厳しく言えば今年の松井はチームにとって明らかに‘ライアビリティ’だったのだ。

この番組の製作者はその辺をしっかりと認識していた。
来年以降どういう活躍が出来るかについても安易なことは一切言ってない。

復帰初戦だけで‘完全復活’を連呼し、根拠もないのに‘来年は大丈夫’と断言する
民放クオリティとは一味違う。

送り手が淡々と送るだけでも受け手にその気があれば感動できる。
逆に無理に感動させようとミエミエの手口が見え隠れすると萎える。

BShiで27日の夜(28日0時)から再度放送が予定されている。

リハビリといえば長嶋茂雄だ。
脳梗塞発症から2年半以上経つが、今週、発症後初めてミスターの‘肉声’を耳にした。

ほんの20~30秒の映像だったが、
正直に言えば50分の松井のドキュメントより私には衝撃的だった。

最初は‘がんばらなくてもいいよ、長嶋さん’と思ったが、
直ぐに思いなおして‘がんばれ、ミスター’と胸の中でつぶやいていた。

やはり‘チョーさん’というくらいだから‘恋人’としての歴史の長さが違う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見逃しました。

ちゃんと明日再放送を見ます。
それにしても長嶋氏の肉声にはちょっと。
もうあれ以上になることはないんですかね。

今後は少しでも長生きしてもらうだけです。

なかなかの出来でしたね

こんばんはですNaripon氏。
見ましたか?見ましたよ。いい出来でしたよね確かに。私も医師との抱擁シーンは映像があったら泣いたかもしれません。
流石にBSと思いました、地上波ならNHK放送にしたとしてももう少し感動的にしたかもしれません。
淡々としているのがいいですね。
折しも先日2003年のインタビューを再度見たばかりだったので余計に胸にくるものがあったかも。

今年はBSに散々文句を言ったが、これで帳消しにしようかと思います。
でも来年もブツブツ言うかも・・・・

長嶋監督は正直悲しいのです。
私たちは梗塞組だが、やはり部位によって違うのだと知らされるのが辛い。
顔に出るのが悲しいのです・・・・ファンだから余計に美化したくなるし。

本日のびっくりひょうたん島。
本わさびフェチですか?それとも生わさび+おろし器持参とか・・・あまり詳しく無いもんで

Re:見逃しました。(11/26)

樹里亜さん
>ちゃんと明日再放送を見ます。

見る価値はあると思います。

>それにしても長嶋氏の肉声にはちょっと。

最初はそう思ったけど、もう一歩踏み込めば受け入れられる。
あれで懸命に全力な訳ですから・・・

Re:なかなかの出来でしたね(11/26)

かず坊さん
>流石にBSと思いました、地上波ならNHK放送にしたとしても

なるほど、確かに時間的にもゴールデンじゃないし・・・
でもそういう方が出来がよくなると言うのも皮肉ですね。
逆に言えば見る側も地上波だと‘衆愚’になるのかも

>本わさびフェチですか?それとも生わさび+おろし器持参とか・・・

どっちもやりましたが、今は店への移動時間が短いので家でおろして密閉容器に入れて・・・
これが逆に適度にこなれて良かったりします。

見ました。

記事にしようかとも思いましたが、
こちらに全部書かれていたので。。。

それにしても改めて凄い怪我だったんですね。
まだあれが体の中に入ってるんですよね。
本当に復帰できたんですね。

向こうで遭えた事自体奇跡だったわけですね。
間に合ってくれて本当に良かったです。

結局視聴率を考えて番組を作ってはいけない、
ってことですかね。作るべきものをきちんと作れば
自然と見てもらえる、ってことをみんな忘れてるのでしょうか?

普通の人々 向け?

ご馳走様でしたNaripon氏、いや今晩はです。
今夕食終了したもんでつい・・・
でで見ましたか?クローズアップ現代。
地上波・NHK組様のためでしょうか?松井君の特集でしたよ(びっくり!)。
いわゆる縮小版+感動を少々で、与田氏が登場。
この番組が夕食の合図?なので、毎日見ている訳。
ビールを口にした途端ボルトのレントゲンかよぉ

毎日新聞の夕刊にマリオン氏がコメントを載せていたが、最後にRed Soxファンがどういうものか知りたかったらFever Pitchを見よだった(スペル違うかもしれん)。この映画についてはNaripon氏と雪娘の十八番になるが、何だかDVD発売にも力が入りそうな雰囲気ですな。早く見たいのだが・・・

井川君の結果は明日?何だか今年はMLB自体が大儲けしたらしいので、各チーム大金使っているそうで。
我らがYKはしつこいようだが???

Re:見ました。(11/26)

樹里亜さん
>記事にしようかとも思いましたが、
>こちらに全部書かれていたので。。。

そこを自分の感覚と言葉で書くのがブロガーの使命・・・(^_^.)

>結局視聴率を考えて番組を作ってはいけない、

逆に考えれば視聴率の源泉になっている、視聴者のレヴェルが決して高くない
ということもできるのは・・・(-_-;)

Re:普通の人々 向け?(11/26)

かず坊さん
>でで見ましたか?クローズアップ現代。

見ましたよ。
でも、ダメダメでした。
松井を取り上げてくれたのはいいんだけど、かず坊指摘の地上波の限界?

国谷女史はいつも尊敬しているけど、やはりノーカットヴァージョンを見た人間には
物足りない。
与田もいい人なので重宝されているが、あまりにも没個性、
陳腐すぎて私のような人間には合わず。

>Fever Pitchを見よだった

でしょうね。
夏場に東京テアトルで一館上映されて、一巻の終わり?
とっととDVD出せ~~~(^_^.)

>井川君の結果は明日?

受諾は決定、明日チーム名が公表されるらしい。
でもさっきの夕方のフジは松坂のゴルフコンペがトップニュース井川は2番手・・・(-_-;)

確かに。。。

Nariponさん
>そこを自分の感覚と言葉で書くのがブロガーの使命・・・(^_^.)

ですよね。。。分かってますが。。。

>逆に考えれば視聴率の源泉になっている、視聴者のレヴェルが決して高くない
>ということもできるのは・・・(-_-;)

ごもっとも。
今の時代、何が普通で何が常識か、分かりませんからね。
自分的には当たり前の事が全く違う場合も多いですからね。

でも真実は一つだと思ってます。

また怒られそうですが。

ヤンキース対レッドソックスで井川と松坂が登板するなんてことが現実になる?シンジラレナーイ!

Re:確かに。。。(11/26)

樹里亜さん
>でも真実は一つだと思ってます。

真実はきっと一杯あった方がいいんですよ。
真実がひとつに見えるような社会は逆に問題が多いのかも・・・。

Re:また怒られそうですが。(11/26)

樹里亜さん
>ヤンキース対レッドソックスで井川と松坂が登板するなんてことが現実になる?シンジラレナーイ!

これはピッチャー同士ですから、日本人の直接対決と言っても語弊は無いと思います。
燃えるカードにさらに別の魅力が加わる?
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。