スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続たばこのけむりたちよ! (2)

ダルビッシュでもあびる優でもないし、そもそも30年以上前の話で時効が成立しているので、
白状すると、私が喫煙を始めたのは高3の秋、受験勉強に精を出していた頃だ。

雑誌かなんかでビートルズメンバーの一人が吸っていたのがラークというのを知り、
おまけにジーンズのカラーにあのくすんだ感じの赤が似合うとか書いてた記事を真に受け、
ラークを自分の煙草にすることに決めた。
当時、所謂洋モクであったラークは170円、ハイライトが80円、セブンスターが100円。
私の1ヶ月の小遣いが3千円だったから、まさに贅沢品だった。
加えて、ふつうのタバコ屋では取り扱っておらず大きなタバコ屋、デパートやホテルに
いかないと手に入らなかった。
でも、それがまた程よい優越感のようなものを醸し出していた。

その後も基本的にはずっと赤いラークを吸い続けた。
急性心筋梗塞を発症するまでに50万本近く吸ったかも知れない($・・)/~~~
私と関わった人々にとって、あの赤いラークのパッケージはまさに私の‘存在’を
実感できる象徴的なモノだったに違いない。

当時のテレビドラマでは主人公が気障だったり、クールだったりワルだったりすると
決まって吸ってる煙草はラークだった。
田宮二郎、近藤正臣、古谷一行、中尾彬・・・

ところで各国で生産されるラークはパッケージも微妙に違い、味も違う。

シンガポールから帰国して転職した銀行は有楽町の駅前にあった。
あのエリアの古いビルには一階に小さな売店があることが多かった。
その売店に初めて行った時のやり取り。
そこの婆ちゃんはまるで、おばあちゃん役で有名だった女優の浦辺粂子のような
しゃべり方した。「あたしゃねぇ~~…」の口調である。

私「すいません、ラーク2個下さい」
婆「赤いのですかぁ~~、白いのですかぁ~~」
私「赤いの」
婆「長いのですかぁ~~、短いのですかぁ~~」
私「短いの」

翌日、同じ婆さん相手に
「ラーク2個」と言ったが、全く同じ質問をされた。

以来私は、超早口で
「ラーク、赤いの、短いの2個」と言って買うようになった。
ほぼ毎日買う常連で相手の婆さんも勿論分かっている筈なのだが、
妙な意地の張り合いで、そう言い続けた。

何ヶ月経っただろうか、1年は経ってないと思う或る日、私はいつものように
「ラーク、赤いの、短いの2個」と言って500円玉を置いた。
すると、いつも無言で煙草を渡す婆さんが口を開き

「硬いのですかぁ~~、柔らかいのですかぁ~~」

はぁ?
私は何のことを言っているのか咄嗟には判断できなかった。
婆さんの手を見ると、それまではなかったボックス型のハードパッケージのラークがあった。

ヤラレターーーーーーーーー(;_;)/~~~
  
明らかに勝ち誇った顔つきの婆さん相手に
「柔らかいの」と小声で答えた。
それにしても、この婆さん、朝からこの瞬間を心待ちにしてたんだろうな。

その次の日からは、私は一層早口になった。
「ラーク、赤いの、柔らかいの、短いの2個」
婆さんはつまらなそうに煙草を渡した。
  

最近の煙草事情はわからないが、ラークだけの自販機もあるくらいだから相当な種類だろう。
あの婆さん、もう働いてないだろうが、働いていたら壮絶な戦いをしていそうだ。


これは↓「ラーク、赤いの、硬いの、短いの1個」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:続たばこのけむりたちよ!(02/23)

初めまして、訪問記録から来ました。

私は何となく辞めるかなと去年の暮れから吸っていません。
「ラーク、柔らかいの」ってのには笑ってしまいました(爆)
今ではハードケースはもとより、ライトとかありそうですね(私も全然知りませんが)。

Re[1]:続たばこのけむりたちよ!(02/23)

ふらわ☆さん

>私は何となく辞めるかなと去年の暮れから吸っていません。

競馬の最後の直線じゃありませんが
「そのままぁーーーーーーーーーーーー!!!」ですよ。

>「ラーク、柔らかいの」ってのには笑ってしまいました(爆)

そう、この話は初対面とかで話してもいつも馬鹿ウケです。

しかし、ふらわ☆さんのページはまさに食べ物てんこ盛りですね。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。