スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小津の魔法使い

最近嵌ったのが、小津安二郎の映画で
立て続けに6本観た。

タイトルに使われる文字に多いのが『春』『秋』『東京』『家』かな。

代表作であり遺作でもある『秋刀魚の味』を観た日の夕食は当然のように秋刀魚の塩焼きを食らおうと妻に頼んでいたが、
映画に秋刀魚が出てくるシーンなんか全くありゃしない。

その後、北鎌倉の円覚寺にある彼の墓にはただ一文字『無』と刻まれていると知り、
妙に納得したりした。

生 1903年12月12日
没 1963年12月12日

生まれた日と、亡くなった日が同じ。
しかも還暦。

人生のPART 2を自ら望まなかったのだろうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。