スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス40万件を記録~立役者は‘カーリングと武田薫’‘WBCと松下賢次’~ (9)

昨日、音も無く、地味にアクセス数が40万件を超えた。

このブログを始めたのが、2005年の1月3日。

10万件を達成したのは同年7月4日、ちょうど半年後だった。

20万件を達成したのは、同じく11月25日。

30万件は今年の2月26日で、今回40万件を突破した。

10万件のペースは確実に速くなっているが、多分これ以上は速くなる感じはしない。

それぞれ達成した時のネタが中々私らしいのは気に入っている。

長嶋茂雄、松井の恋人、カーリング、そして松井のHRとトーリの1000勝だ。

‘全部スポーツネタじゃん・・・(―_―)!!’

そりゃあ、スポーツネタを書く頻度がこれだけ高い訳だから当然とも言えるが、
私なりの‘マイルストーン’に相応しい感じだ。

1年前の今頃は、例の読売の髭記者関連の電凸記事でアクセス数が急増した時期だ。

1日のアクセス数の自己記録としては、あの時の1万越えがいまだに最高だし、
1週間単位で見ても、あの時の4万数千件が最高だ。

但し、今読み返してみると‘時の風’に乗っかっているだけで深みは全く無い。

今年の最大のヒット作は、カーリングと武田薫関連だ。
特に、武田薫についてフジテレビに電凸した時は、2日で1万件に迫った。

チーム青森のかわいい林檎たちに、ジェントルな解説の小林氏、
そして何よりカーリングという競技そのものの面白さに多くの人々が魅了されていた。

そこに無知で尊大なスポーツライター武田薫が冷や水を浴びせようとしたが、
それが逆に世間を熱くさせた。

そのエネルギーがアクセス数の増加につながったと思われる。

因みに、フジテレビのHP上の武田薫のコラムはあれっきり3ヶ月更新されていない。

次にアクセス数が多かったのは、WBC関連だ。

しかし、優勝した時の記事ではない。
優勝に関しての記事は多くに人々が書いているから‘差別性’を出すのは難しい。

じゃあ、糞審判ボブ関連?
ノー、これまた、みんなが書いたことだ。

正解は、なんと実況の松下賢次への批判とTBSへの電凸を記事にしたものだ。

これは3日で約1万件だった。

そうなのだ、高アクセス数のキーワードは‘マスコミ’‘叩かれキャラ’‘電凸’ということになる。

ただ、これを狙って動く気はしない。

それこそ、視聴率至上主義のテレビ業界と同じように、アクセス数至上主義に陥ると、
自分のアイデンティを失ってしまうからだ。

飽くまでも自分が書きたいこと毎日書き続ける・・・これが基本スタンスだ。

楽天からアクセス数のキリ番を達成した時にメールが届く。
最初は、マメに来てインカレッジしてくれるが、10万を超えると10万単位でしか来ない。
但し、30万の後は50万で、今回の40万はスキップされる。

そうなのだ、別にたいしたことじゃないんだよ。

今日だって、アイツがしっかり投げて、アイツラがしっかり守って、ミンナで打って、
アソコに勝っていたら、私もこんなネタで記事を書く必要はなかったのだ・・・(―_―)!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういえば。。。

なりぽんさんとの直接の出会いのきっかけは
「武田薫」ネタでしたね。
そういう意味では彼に感謝しなければ
アリガトランクス 凹凹凹凹凹凹凹 \(▽⌒\)

おもいがけず松井ネタではなかったんですよね。

きょうは情報完全シャットアウトで録画放送に
向かったんですが、やっぱりそういう時って
こういう結果になるんですよね。
ρ(・ω・、)イジイジ

ガードしてもガードしきれないくらいの
激しいオーラを感じさせてくれ!
ンモォー!! o(*≧д≦)o″))

(きょうは記事が書けないかも。顔文字に逃げました)

”アマゾン”ネタで行きま~す!

”早寝届け”を出し忘れ、一日遅れのamazon.co.jpネタで行きます・・・・雪娘いわく、やはり便利性あるいは趣味の傾向からいっても利用率はすごいそうです。で気付いた事は、ペリカンは発送mailと共に飛来するらしい(つまり速い)。しかーしこの半年は何故か飛脚がやってくる事も増えたそうな。しかしこの場合amazonをあまり理解していないのか、発送mail後24時間位で来るらしい。その差は目に余ると言っていた。わが家の利用率+速さだけでは一位はASKULで二位がamazon、三位がMUJI.NETだそうな・・・・そんなに買ってるのか?????
でもって皆が避けている件ですが、2点先取の段階で仕方なく仕事に専念。しかしその後居間から聞こえるのは、悲鳴に怒号に罵声の嵐!!!駆けつけた時は既に遅し。で感想は'R.J悪すぎ''トーリ監督嫌いじゃないが先手打てよ''皆さん年棒分働きましょう'

明日だがNYに寒波がやってきて、シリングvsチャコーンのアラスカ対決に変える***どうだ!

Re:アクセス40万件を記録~立役者は‘カーリングと武田薫’‘WBCと松下賢次’~(05/10)

アクセス40万件を記録、おめでとう!!

>それこそ、視聴率至上主義のテレビ業界と同じように、アクセス数至上主義に陥ると、
自分のアイデンティを失ってしまうからだ。

そうそう!
これっていろんな事に言えるね。
ある意味、賞品におけるマーケティングや、民意に阿る政治家…。

>飽くまでも自分が書きたいこと毎日書き続ける・・・これが基本スタンスだ。

それでこそナリポン!
めざせ100万件!!!


お祝い

アクセス40万件とのこと、お祝い申し上げます。更新頻度のゆえばかりでなく、表現力も与って大きいと思います。スポーツに関心が薄い私でも、大リーグの試合の戦評を読んだりします。雑駁に感想だけ書くのと違い、試合経過を叙述しながら意見を入れていくのは、けっこう難しいでしょうが、文章にリズムがあるからすっきり読める。

テレビでスポーツ中継を見ていると、なんか「一般大衆」扱いされて(そうには違いないんだけど)、煽られているみたいに感じるときがあります。それにひきかえナリポン氏のスポーツの語り方は、通ぶらないけど、一般受けを狙っているわけでもなく、自然に自分の視点が出ていると思う。

 http://homepage2.nifty.com/FSJ/tushin/178.html
というサイトに以下の記述がありますが、ナリポン氏のことを思い出しました。
 
「トリノ五輪では、カーリングが一躍、人気競技となった。
 事前にメダル獲得で騒がれなかったから視聴者は静かに中継画面を見つめ、かけひきの面白さやはつらつとした若い選手たちのプレーぶりに素直な感動を覚えたからだろう。
 WBCでは誤審がクローズアップされたが、中継画面がそれをしっかり伝え、WBCのいかがわしい側面を実感させた。
 それでも視聴者はゲームの面白さを追求して、誤審で大騒ぎしたマスメディアより冷静に見ていたようだ。
 ファンは、沈着な批評家でもある。」

Re:そういえば。。。(05/10)

樹里亜1969さん
>なりぽんさんとの直接の出会いのきっかけは
>「武田薫」ネタでしたね。

そうでしたね、テクノラティで・・・

>やっぱりそういう時って
>こういう結果になるんですよね。

まあ、そういうもんですね。
基本的にはマーフィーの法則最強ですよ。
私なんかいろんなゲンを担ぐから、トイレにもいけなくなってしまう。

Re:”アマゾン”ネタで行きま~す!(05/10)

かず坊さん
>ペリカンは発送mailと共に飛来するらしい(つまり速い)。

我が家の場合はペリカンちゃんでした。

>そんなに買ってるのか?????

そうそう、ホントに普通の主婦さん?お家で仕事?

>で感想は'R.J悪すぎ''トーリ監督嫌いじゃないが先手打てよ''皆さん年棒分働きましょう'

エー・ロッドもね。
オーナーの御前試合で固まったのかも・・・(-_-;)

>明日だがNYに寒波がやってきて、シリングvsチャコーンのアラスカ対決に変える
いや、普通に16℃だったし、ムース最強だし・・・

しかし、シリングがアンカレッジ生まれだったとは知らなかった。
チャコーンはアラスカ出身の珍しいメジャーリーガーとかなんかで読んでたのに・・・

こんな大物がいたとは・・・(-_-;)

Re[1]:アクセス40万件を記録~立役者は‘カーリングと武田薫’‘WBCと松下賢次’~(05/10)

hiroponさん
>アクセス40万件を記録、おめでとう!!

ありがとさん、
いつも不人気記事のコメントもおつかれさん!

>これっていろんな事に言えるね。
>ある意味、賞品におけるマーケティングや、民意に阿る政治家…。

そうだ、そうだと言いながらじつは時々スケベに狙っているのも事実かも・・・(-_-;)

>それでこそナリポン!
>めざせ100万件!!!

引き続きご贔屓に!
100万、超えるとカウンターはゼロに戻る?
還暦かよ・・・(―_―)!!

Re:お祝い(05/10)

逸爾散士さん
>アクセス40万件とのこと、お祝い申し上げます。

いつもご愛読して頂いて本当に有難う御座います。

>スポーツに関心が薄い私でも、大リーグの試合の戦評を読んだりします。

実は個別のスポーツには興味が無くても、スポーツあるいはそれを取り巻く文化論には
興味もあって、詳しいのでは・・・

>自然に自分の視点が出ていると思う。

そうですね、自然に出るのは努力じゃなくまさに‘自然’だからだと思います。
表現は陳腐にならないように個性的にしようと頑張ってますが、語彙力や表現方法にも限界ありありです。

>というサイトに以下の記述がありますが

以前、早稲田のラグビーネタのときもFSJでしたね。

紹介して頂いた文書に続く

>マスメディア側が、一つの見方に引きずり込もうと意図したとしても、さらりと拒否する態度が育ってきた。

これのひとつの現象としてブログの存在もあるかもしれませんね。

ネットが不調で。。。

昨夜から接続できず別枠から携帯で書いてます。最悪しばらく見ることができないかも。とりあえずご連絡致しました。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。