スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの世界で味わう一期一会~千花の永田基男氏の訃報に接して思う~ (2)

最近の私のブログへのアクセスは1000件前後で安定している。

恐らくアクセスしてくれる大半の方は、その時点での最新のエントリー目的に
訪れてくれると理解している。
コメントもほとんどが最新記事に対するものだ。

ところが、時々かなり前に書いた記事に書き込んでくれる人がいる。

先日は、去年の11月13日に書いた
永田基男(千花)>>>野崎洋光(分とく山)>>>道場六三郎(ろくさん亭)
に書き込んでくれた人がいた。

私がその記事で紹介した、京都の割烹‘千花’の先代のご主人が亡くなられたそうだ。

書き込みをしてくれたT氏は、故人とは30年以上深いつき合いのあった方だ。

それに較べると、私が故人と遭ったのはたった一度だけだ。
おまけに単なる客としてだから、精々5分しか話していない。

そういう意味では、故人との係わり合いで言えば、T氏と私では天と地の差がある。

T氏が私の記事を見つけてくれたのは、検索してくれたお陰だ。

おまけに亡くなって2日後というタイミングだから、きっと深い悲しみの中、
或いは葬儀等で慌しい中での書き込みだった筈だ。

フレンチの巨匠ポール・ボキューズが若き日に1ヶ月通いつめて料理の手本にしたともいわれるが、
永田氏はマスコミへの露出や名声を求める姿勢を慎んでいたようだ。

グーグルで検索すると、ポール・ボキューズでのヒット数は4万1千件だ。
それが永田基男だと、たったの14件しかヒットしない。

その14件の中に拙文がある。

おかげで、T氏の目に留まり故人への愛情に溢れた丁寧な書き込みを頂いた。

そこで思い出した言葉が‘一期一会’だ。
茶道から来た言葉で
‘すべての客を、一生に一度しか出会いの無いものとして、
悔いの無いようにもてなせ、という教え。’


文字通りたった1度だけしか食べていない千花の料理だが、とにかく印象に残っている。
20年近い昔の出来事なのに、いまだに簡単に幾つかのシーンが頭に浮かぶ。

その料理が‘一期一会’ならば、こうしてブログをやっていて、
今回のT氏とのやりとりもある種の‘一期一会’のような気がする。

故人との関係で言えば、本来なら知る由もなかった訃報だ。
或いは、嫌な言い方だがその訃報そのものがそれほど‘重要’かどうかもはっきりしない関係だ。

ところが、今回訃報を聞いて、あの2階の小部屋に通じる狭い階段や故人の白衣姿を思い出し、
心の中で手を合わせることが自然に出来た。

これだけ多く松井秀喜の記事を書いているのに、
検索してヒットする160万件の中から拙文に至る可能性は極めて低い。

時間差のある書き込みのあるの記事は、大体が、それほどポピュラーではないが
知る人にとっては思いっきりメジャーな存在であるものを扱った場合のことが多い。

典型的な例は‘林美雄’について書いた追悼3連発だ。

‘ジム・クロウチ’もそんな感じがある。

変り種としては‘マルちゃんのあぶらそば’なんてのもあるが・・・ヽ(^o^)丿

それぞれの価値は別問題として、毎日書くことはある意味‘フロー’だが、
その中には‘ストック’として生き残るものがある感じだ。

それがまたひとつの励みになる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なりぽんさんとの出会いも。

改めて考えると本当に奇跡的な出会いなんですよね。
それを繋いでくれたのも「松井秀喜」という存在。

この関係がいつまでも続くように、松井選手には
なんとか結果を出して欲しい。。。

明日は午後出社なのでライブで見られます。
なんとか"敗因"ではなく"勝因"になって欲しい!

Re:なりぽんさんとの出会いも。(04/27)

樹里亜1969さん
>それを繋いでくれたのも「松井秀喜」という存在。

そうですね。
やはり読んでくれる人の中で一番の多いのは松井ファンでしょうか。

>この関係がいつまでも続くように、松井選手には
>なんとか結果を出して欲しい。。。
>明日は午後出社なのでライブで見られます。
>なんとか"敗因"ではなく"勝因"になって欲しい!

いやぁ、見事に結果出してくれましたね。
まさに‘勝因’ですよ、松井が。
良かったですね、いい試合をライブで観られて・・・
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。