スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島みゆきの『時代』

♪今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから 今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう♪

中島みゆきの最初のメジャーヒット曲『時代』の歌詞だが、
ふと思った。
青春時代、今は心底悲しくて、人生の終わりのような気がして・・・。
そうやって思いっきりくよくよしないと、
その後、あんな時代もあったと思い出に浸ることはできない。
青春時代が良かったなんて言えない。
若い頃から達観していたら、それはそれでつまらない人生になってしまう。

達観するのにふさわしい年代が直に訪れる、
そのためにも若い頃はくよくよすべきなのだ。
涙をからすべきなのだ。

ところで、この歌を作った中島みゆきは23歳、妙に達観しすぎているような気もする。
彼女は未来を悲観はしていなかっただろうが、後に名実ともに彼女の『時代』が来る事を
楽観もしていなかっただろう。

私は病気のせいで、人生を達観するタイミングが10年は早まった。
それはそれで居心地が良い事だ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。