スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タレントの好感度調査は本当に‘高感度’か~イチローと松井秀喜は7位‘同着’、過去の直接対決は?~ (6)

ビデオリサーチが2月と8月に行っている調査結果が発表された。

ビデオリサーチ 2006年2月度「テレビタレントイメージ」まとまる
人気度1位は、明石家さんま、DREAMS COME TRUE
  株式会社ビデオリサーチ(本社東京 社長 竹内 毅)では、年2回「テレビタレントイメージ」調査を実施しています。
この度、第67回調査(2006年2月度)の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

【調査結果より】

●男性タレント

明石家さんまが前回に引き続き1位、2位には所ジョージ(前回6位)、3位はナインティ・ナインが、前回12位から大幅にランクアップしている。また、男性タレントで今回ベスト20に初めてランキングされたのは、17位のダウンタウンの松本人志(前回35位)であった。

●女性タレント

DREAMS COME TRUEが前回に引き続き1位、続いて2位は仲間由紀恵、3位は黒木瞳とベスト3までが前回と変わらないランキングとなった。また、今回初めてベスト20にランクインしたタレントとしては、伊東美咲(23位→16位)、戸田恵子(27位→18位)が挙げられる。

本調査は、テレビで活躍するタレント・有名人1,000人の知名度・人気度・イメージ評価データを体系的に収集しており、テレビ番組やCMのキャスティングの際の基礎データとして広くご利用いただいています。

※グループを調査対象にする際の人気度は、メインボーカルの性別を基準にして男女を決定しております。

【調査概要】

調査方法 訪問留置調査
調査エリア 東京駅を中心とした半径30km圏
調査対象 満10歳~59歳の男女個人
標本数 2系列調査(1系列600人の計1,200人)
有効回収標本数966人(80.5%)
標本抽出法 無作為2段抽出法
調査期間 2006年1月30日(月)~2月5日(日)


2006年2月度  人気度ベスト50

男性タレント
1 明石家 さんま 55.1
2 所 ジョ-ジ 53.4
3 ナインティナイン 52.6
4 石塚 英彦 50.1
5 香取 慎吾 49.5
5 爆笑問題 49.5
7 イチロ- 49.1
7 松井 秀喜 49.1
9 長嶋 茂雄 46.6
10 桑田 佳祐 46.4
11 阿部 寛 46.2
12 ビ-トたけし 46.0
12 関根 勤 46.0
14 志村 けん 45.3
15 福山 雅治 45.1
16 古田 敦也 44.9
17 松本 人志 44.1
18 伊東 四朗 43.7
18 山口 智充 43.7
20 Mr.Children 43.3
21 木梨 憲武 42.2
22 竹中 直人 41.8
23 唐沢 寿明 41.4
24 草なぎ 剛 41.0
25 田村 正和 40.8
25 平井 堅 40.8
27 西田 敏行 39.3
28 タモリ 38.9
28 木村 拓哉 38.9
30 中居 正広 38.1
31 織田 裕二 37.7
31 くりぃむしちゅ- 37.7
33 浜田 雅功 36.9
33 江口 洋介 36.9
35 国分 太一 36.6
36 柳葉 敏郎 35.8
36 B’z 35.8
38 加藤 茶 35.6
38 哀川 翔 35.6
40 小田 和正 35.2
41 星野 仙一 34.6
41 高倉 健 34.6
43 萩本 欽一 34.4
44 内村 光良 34.2
45 野茂 英雄 34.0
46 島田 紳助 33.7
47 速水 もこみち 33.5
48 小野 伸二 33.3
48 雨上がり決死隊 33.3
50 妻夫木 聡 33.1


女性タレント
1 DREAMS COME TRUE 50.9
2 仲間 由紀恵 48.2
3 黒木 瞳 44.7
4 久本 雅美 44.5
5 山口 智子 43.7
6 松嶋 菜々子 42.7
7 深津 絵里 41.0
8 You 39.1
9 松下 由樹 38.5
10 小林 聡美 37.9
11 樹木 希林 37.7
12 天海 祐希 37.3
13 優香 36.6
13 室井 滋 36.6
15 竹内 結子 36.4
16 菅野 美穂 36.2
16 伊東 美咲 36.2
18 柴田 理恵 35.4
18 吉永 小百合 35.4
18 戸田 恵子 35.4
21 常盤 貴子 33.3
22 小西 真奈美 33.1
23 ベッキ- 32.5
23 小泉 今日子 32.5
25 桃井 かおり 32.1
26 篠原 涼子 31.9
27 渡辺 満里奈 31.7
28 中村 玉緒 30.8
29 松 たか子 30.4
30 宇多田 ヒカル 29.8
30 松任谷 由実 29.8
32 柴咲 コウ 29.6
32 小雪 29.6
34 上戸 彩 29.2
34 清水 ミチコ 29.2
36 野際 陽子 29.0
37 中島 みゆき 28.6
38 飯島 直子 28.4
38 市原 悦子 28.4
40 はしの えみ 28.2
41 財前 直見 28.0
42 鈴木 京香 27.7
43 高島 礼子 27.1
44 宮里 藍 26.7
44 岡江 久美子 26.7
46 大山 のぶ代 26.5
46 田中 美佐子 26.5
48 水野 美紀 25.9
49 米倉 涼子 25.7
49 大塚 愛 25.7


さんまはゲストの前でも無遠慮にタバコを吸うのはお粗末だが、
まあ露出の度合いや過去の実績から言って理解はできる。

しかし、女性部門のドリカムは、それも連続の1位は謎としか思えない。

調査方法からして、妙な宗教的な組織とかが暗躍しているとも考えにくい。

こういう1位があると、そもそも調査結果に首を傾げてしまいがちだ。
大した活動がないのに居座り続けている名前も見かけるから、調査が半年毎に行われても
その時々の‘民意’‘高感度’で反映されているかも疑問に感じてしまう。

しかし、例えばベスト10前後の常連だった矢田亜希子が、何かお付き合いの相手のせいなのか、
一挙に圏外に消えてしまったりで、その辺はしっかりと反応している。

個人的に嫌いな、和田アキ子、峰竜太、恵あたりの名前が無いのは好ましい。

そうそう、去年大人気になって、腰だけでなく‘国家の品格’を揺さぶった、
レイザーラモンHGは流石に選ばれていない。
細木数子とか、みのもんたはリストアップされているのだろうか。

さあ、そこで注目のスポーツ部門だが相変わらず野球が強い。

イチロー、松井秀喜、長嶋茂雄が仲良く(笑)3人並んでいる他、
古田敦也、星野仙一、野茂英雄、全部で6人もいる。

野茂はメジャーリーガーとして続けるのにも厳しい状況に追い込められているが、
やはりパイオニアとしての価値を認めている人々が多いのだろう。

人気だけなら、私が嫌いな清原も入っておかしくないし、
妻のお気に入りの新庄だって野村監督以外には人気があるだろう。

サッカーは中田英寿が落っこちで、小野伸二がひとり48位を死守したにとどまった。

女性のほうは、前回同様ゴルフの宮里藍が44位でスポーツ部門ひとりだった。

ところで、我らが松井秀喜と、いまやみんなのイチローは,何の悪戯か7位同着になった。
表示上では‘あいうえお順’でイチローが上にある・・・(-_-;)

この調査が行われたのは、1月30日(月)~2月5日(日) だ。

イチローは早々にWBC代表を快諾していたし、
正月のテレビでは古畑シリーズで殺人犯を好演していた。

松井はWBC辞退を表明していた。

それだけを考えればあの段階でイチローが上回っていてもおかしくない筈だが、同点だった。

WBCで世界一になり、過熱報道が続く今、同じ調査をすればイチローは松井を圧倒するどころか、
絶対順位でもトップを狙えるだろう。

そういえば、いままで王貞治の名前が無いが、今だったら入賞必至かな。

暇に任せて、2000年2月以来の、イチロー対松井秀喜の‘直接対決’を調べてみた。

イチロー
11位⇒5位⇒35位⇒6位⇒9位⇒5位⇒12位⇒6位⇒13位⇒11位⇒1位⇒5位⇒7位

松井秀喜
42位⇒25位⇒28位⇒47位⇒49位⇒30位⇒17位⇒12位⇒7位⇒7位⇒5位⇒2位⇒7位


通算成績はイチローの8勝4敗1分ということになる。

まあ、私個人からみた‘好感度’では松井秀喜が常に他を圧倒しているが・・・(^o^)/

スポーツ選手は、個々のパーフォンマンスを通じて、我々大衆にアピールすることが簡単にできる。

次の調査の時(8月)は、サッカー選手が大量にランクインなんてことになれば美しい。

そして、前回の調査の時にも〆に書いたことを繰り返しておこう。

まあ、私の予想では2007年の2月の調査では松井秀喜が1位になるね。
2006年、ワールドチャンピオンになる立役者になり、MVPをダブル受賞・・・(^o^)/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:タレントの好感度調査は本当に‘高感度’か~イチローと松井秀喜は7位‘同着’、過去の直接対決は?~(03/27)

矢田亜希子のファンだったので残念です。
それにしても人気商売は恐いですね。
平松投手と交際していた時は全然騒がれませんでした。
平松ってどうしてるんでしたっけ、中日でしたっけ。

Re:タレントの好感度調査は本当に‘高感度’か~イチローと松井秀喜は7位‘同着’、過去の直接対決は?~(03/27)

そうそう!
矢田亜希子!!

あの一件でスットーンとイメージが落っこちた。
同じ様な事をしていても、やり方や相手によって随分とイメージが違うもんだね。
もっとも報道のされ方によっても違うけど。

彼女の場合、それまでに形成されていたイメージを裏切るような結果になってしまったみたいだね。

調査エリア

調査エリアが東京だけなんですね。
それだと偏るでしょう。
石川県でも加えれば松井選手がきっとリードしていたと思います(爆)
なりぽんさんの予想が当たるような活躍してくれることを祈ってます。

Re[1]:タレントの好感度調査は本当に‘高感度’か~イチローと松井秀喜は7位‘同着’、過去の直接対決は?~(03/27)

天津麺さん
>矢田亜希子のファンだったので残念です。

私もまあまあ好きでしたよ。
白い巨塔とかも良かったし・・。

>平松ってどうしてるんでしたっけ、中日でしたっけ。

巨人を辞めたのしか知りませんでした。
調べてみたら、その後中日に移籍し解雇され、今は巨人の打撃投手みたいです。

Re[1]:タレントの好感度調査は本当に‘高感度’か~イチローと松井秀喜は7位‘同着’、過去の直接対決は?~(03/27)

hiroponさん
>あの一件でスットーンとイメージが落っこちた。

相手の男がどういうワルなのかイマイチわからなくて・・・
芸能レポーターに悪態をついていたのは知ってるけど。

>もっとも報道のされ方によっても違うけど。

そうそう、この件に限らず本当に報道に影響される人が多すぎ。

>彼女の場合、それまでに形成されていたイメージを裏切るような結果

なるほど・・・。
でも役者として魅力があれば生き残れるだろうに・・・

Re:調査エリア(03/27)

ねあがり君さん
>調査エリアが東京だけなんですね。

ですね。
>それだと偏るでしょう。

少なくとも関西エリアでも入れなきゃね。

>石川県でも加えれば松井選手がきっとリードしていたと思います(爆)

確かに・・・(^o^)/
常に県民栄誉賞でしょうから。

>なりぽんさんの予想が当たるような活躍してくれることを祈ってます。

大丈夫、ディープインパクトの単勝並みです。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。