スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓2個を100円で買いました、あぁ豚の話だけど~臓物系は鮮度が命~ (2)

ほぼ一年前にも書いたことがあるが、
当地には私の知る限り最高のレバニラ炒めを提供してくれる中華屋さんがある。

このレバニラ炒めと陳麻婆豆腐がこの店の2大人気メニューである。
主人は年に1回2~3週間かけて、中国本土に修行という名目で出掛けているが、
そのせいか陳麻婆豆腐は街の中華屋さんの味とはいえない本物感がある。

我々もこのふたつの料理を頼むが、陳麻婆豆腐はさらに‘辛め’でお願いしている。
2週間に一度のペースで食べているが、いつも大満足だ。

妻は元々レバーが大の苦手で基本的には食べなかった。
その割りになぜかフォアグラは喰っていたのだが・・・(―_―)!!

ニラも好きではなく、レバニラはまさに‘悪魔のコラボ’だった。

それがいまや、一皿の3~4割は食べるようになった。

その最大の理由はレバーの新鮮さだ。
新鮮だから、いわゆる特有の‘異臭’がしない。

妻はレバーの食感も嫌い(だったらフォアグラだって同じだろう・・・(-_-;))だったが、
この店は炒める前に、軽く粉を振ってサッと油通しをしているので外がサクッとしている。

今日の昼も食べに行ったが、珍しくカウンター席に案内された。
注文は勿論レバニラと麻婆で、大満足で食べ終えようとした頃だった。

昼のピークも過ぎて収束に向かっていたが、女性従業員の何人かが
金属ボウルに入れた臓物を処理し始めた。

‘あれ、何かな、レバーじゃないよな’

我々の会話を耳にした主人が‘マメだよ、マメ’と手際よく鍋を振りながら答えてくれた。

料理を終えたあと、そのマメを手に持って目の目に見せてくれたが、
まさにそら豆状の形をしている。

マメが腎臓だと言う事は知っていた。

この店のレバーは本当に人気なので、昼の1時を過ぎると時々‘売り切れ’になるのだ。

その時に‘代替品’として勧められるのがこのマメで、今まで何度か食べた事はある。

マメの豆知識(ナンチャッテ)

■マメ
腎臓のことです。肉質のきめが細かく、シコシコとした歯触りが特徴で炒め物や煮物にします。ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、鉄が豊富に含まれ疲労回復に役立ちます。そらまめの形に似ていることから、マメと呼ばれているようです。


牛も豚もどちらもマメと言うが、この店の場合は豚のマメだ。

主人は‘どうだ、マメいるかい?’
‘いやぁ、もう満腹だから・・・’
‘じゃあ、持っていくか、身体にいいよ’
‘俺は、心臓は悪いけど、腎臓は大丈夫だよ’
‘いいから、持っていけ’

そういいながら、マメを2個袋に入れて渡してくれた。
‘今晩食べたほうがいいよ、折角新鮮なんだから・・・’

タダなのか、いくらなのかの話しもしていない。

勘定をすませた妻が‘100円だった’

その昔、商工ローンの取立てで‘腎臓売れや、目玉売れや’事件があったが、
豚の場合は可愛いもんだ・・・(-_-;)

以前食べた時はモヤシと一緒に炒めていたのを思い出し、帰りにモヤシを購入。

正直、昼飯で‘格上’のレバニラを食べて、また臓物系は気乗りしなかったが、
新鮮が大事ということで急遽夕飯メニューになった。

ガスの火力でも家庭用は劣るし、妻も料理をするのが初めてなのでやや心配したが、
これが充分に美味いのだ。

肉は新鮮だから美味いとは限らず、腐る寸前が一番などと言われるが、
臓物系はやはり新鮮さがキーになると思う。

江戸に棲んでいた頃、一度は行こうと思いながら立地的にどうも行けなかった店がある。
足立区鹿浜にある‘スタミナ苑’という超人気焼肉店だ。

私が贔屓にしていた、西麻布のダイニングバーのオーナーが或る日、
従業員を連れて食べに行ったそうだ。
感想を訊いたら
‘美味かったすよ、カルビもロースも食べずに内蔵しか食べなかったけど・・・’

中国では医食同源の思想のもと、内臓が弱った時にはその部位を食べるという習慣があるそうだ。
心臓が悪い私もハツをたらふく食べればなんとかなるだろうか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:腎臓2個を100円で買いました、あぁ豚の話だけど~臓物系は鮮度が命~(03/24)

>主人は‘どうだ、マメいるかい?’

いやぁ~ッ!
ただ、黙々と食っているだけでは、こうはならない。
こう言われるようになるってのは良いよねぇ!
それなりの努力と要領が要るけど…。
まぁ、ナリポンの場合には要領なんて関係無いか。
いつの間にか一目置かれるようになるものね。

>‘いいから、持っていけ’

これで只だともっとウレシイけど、
まぁ~100円ってのも只みたいな物だね。
御愛嬌っていうか恩をきせない感じ?!


ところで臓物系って「美味い」「不味い」に
ハッキリと分かれるね。
それは部位によってもそうだけれど、店・調理方法によっても分かれちゃう。
そして好みって言うか、好きか嫌いかもハッキリと分かれちゃう。
でも!、美味いのってのはこたえられませんなぁ~!
見た目が悪くて安いから尚更感動するのかも…。


臓物系ていうか魚の卵白系だけれど。
この間、本場博多の「からすみ」の良いのが在って、最近では珍しく「ん~ッ、良い!!」って思いました。
ちょっと調べて探してみます。


Re[1]:腎臓2個を100円で買いました、あぁ豚の話だけど~臓物系は鮮度が命~(03/24)

hiroponさん
>まぁ、ナリポンの場合には要領なんて関係無いか。
>いつの間にか一目置かれるようになるものね。

いやぁ、基本は帰るときに相手の目をみて‘ごちそうさま’ということです。
美味かったじゃなく‘ごちそうさま’

後は定期的に通えば、味が気に入っているのは相手に通じるから。

>まぁ~100円ってのも只みたいな物だね。
>御愛嬌っていうか恩をきせない感じ?!

調べたら妥当な値段みたい。
新鮮なものは素人には手に入らないけど、値段的には高くはない。

>ところで臓物系って「美味い」「不味い」に
>ハッキリと分かれるね。
>それは部位によってもそうだけれど、店・調理方法によっても分かれちゃう。

激しく同意。
臓物が美味けりゃ他の肉も絶対美味いかというと、実はそうでもなかったりする。
安い材料を、しっかりと活かす気持ちがあるんだよ、きっと。

>でも!、美味いのってのはこたえられませんなぁ~!

そうそう、高い特上かルビが美味いのは当たり前で・・・

>この間、本場博多の「からすみ」の良いのが在って、最近では珍しく「ん~ッ、良い!!」って思いました。

キャビアほどではないが、高いのは高いよね。
代用品はミモレット(笑)

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。