スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBCを開催するには適当な時期ではなかった~MLB.comの記者Mike Baumanも認めた~ (10)

MLB.comの記者Mike Bauman氏がアメリカの2次リーグ敗退後に書いた記事がある。

MAJOR.JPで日本語にも訳されているので既に読んだ人も多いかと思うが、
中々面白いので敢えて紹介したいと思う。

記事は‘「野球王国」が敗れた10の理由’というものだ。

【アナハイム16日】米国は国別対抗戦「ワールドベースボールクラシック(WBC)」準決勝進出に向けて圧倒的に有利な状況にありながら、その望みをほぼ絶たれていた手負いのメキシコにまさかの敗戦を喫し、2次リーグ敗退を余儀なくされた。「野球の母国」はなぜ負けたのか。以下に10の理由を挙げてみる。なお最初の6つはもっともらしいが、残り4つにはなんら合理性はないことを、あらかじめお断りしておく。

1.投手陣が米国最高のスタッフではなかったことが響いた。最強左腕ランディ・ジョンソン(ヤンキース)も、昨季のサイ・ヤング賞投手クリス・カーペンター(カージナルス)も、2年連続20勝のロイ・オズワルト(ヤンキース)もいなかった。出場を辞退した選手たちにはそれぞれの事情があったのだが、いずれにせよ最高の投手陣ではなかった。

2.米国最高の守備陣でもなかった。例えばセンターを守ったケン・グリフィー外野手(レッズ)は、以前は確かに堅守を誇っていたが、今は広範な守備範囲を誇るわけではない。マット・ホリデー(ロッキーズ)が左翼に入った陣形では、左中間を抜けて長打になるケースが多くなるのも無理はなかった。

3.打線も「一発か三振か」という陣容で、確実性がなかった。「スモールボール(つなぐ野球)」を実践できる選手がほとんどいないため、長打が出なければ得点するのは難しかった。どこの国も優秀なピッチングスタッフを揃えてきただけに、これでは勝てるわけがない。

4.必ずしもチームと呼べるほどの組織力がなかった。オールスター軍団とは言えるかもしれないが、一致団結した集団ではなかった。そこが6勝負けなしの韓国とは違った点だ。

5.他国が米国の思ったよりもいいチームだったことも誤算と言えるだろう。

6.しかも他国のほうが米国よりもモチベーションが高かった。米国が全くやる気がなかったわけではないが、他国の「野球大国を破る」という気合が上回ったということだ。準決勝進出の可能性はほとんどなかったのに、米国を破ったメキシコが大喜びしていたことは象徴的。米国は他国の力量だけではなく、モチベーションの高さも過小評価していた。


7.米国の選手は、勝敗が並んだ際の順位決定システムの複雑さに混乱し、頭が働かなかったようだ。だから、メキシコ戦でどんなスコアになれば自分たちが勝ち抜けるのか、分かっていなかった。それは米国人記者たちにも当てはまる。

8.不公平な判定のツケが回った。大会でジャッジした米国人審判が、米国戦で日本のタッチアップによる得点を取り消したり、同じく米国戦でメキシコの本塁打を二塁打と判定したり。そうした行いを野球の神様が見逃さなかったのかもしれない。

9.「Aロッドののろい」。アレックス・ロドリゲス三塁手(ヤンキース)はメジャー現役最高の選手かもしれないが、彼が所属するチームはことごとくビッグタイトルから見放されている。今大会では日本戦でこそサヨナラ打を放ったが、韓国戦ではチャンスで凡打の山を築いた。

10.そもそも、大会を開催するには適当な時期ではなかった。米国の優勝を確かなものにするためには、1910年ごろに大会をやるべきだったのだ。



本人も自ら書いているが、1~6は、まあ真面目な野球分析だ。
しかし、7~10が面白い、私はこういう筆者のセンスが大好きだ。

7の失点率の計算については、デーブ・スペクターも
‘あの計算をできる人はアメリカ全体でふたりしかいなかった’
と言っていたが、恐らくデーブ本人も実は計算できなかったに違いない(笑)。
その点、日本人は優秀だ。
マスコミ各社がシミュレーションを行う前に、既にネットの掲示板等で答えが出ていた。

8については私もまさに同感で、過去の記事でも再三触れてきた。

9はヤンキース移籍後のエー・ロッドは漏らさず観てきた私には実感のこもった‘経験則’だ。

MVPに輝くような数字を残していながら、勝利への貢献度が低い。
勝敗の決まった試合での荒稼ぎや帳尻合わせは得意だが、
クラッチ・シチュエーションでは滅法弱い。

レギュラー・シーズンでは数字を作り上げるが、ポスト・シーズンは全く駄目だ。

2005年のポスト・シーズンの打率は0.133、おまけに負けに通じる手痛いエラーを犯している。

まあ、松井も2005年は打率0.200で戦犯のひとりにされたんだけけどね。
2004年は全部で11ゲームあったが、なんと打率0.412と絶好調だったからね。

理由の10番目。
読んで吹いてしまった。
最初は素直にシーズン前の‘未完成’な時期にやるのは良くないとかの議論かと思いきや、
‘タイムマシーンにお願い♪’だ。
これぞアメリカンジョークの真骨頂だ。

デービッドソンの誤審に抗議している王監督がピネラじゃなくて良かったと言っていた、
チッパー・ジョーンズとジーターのジョークが全く笑えないのに較べて、このジョークは秀逸だ。

ところで、もし1910年に開催したら参加国は?

調べてみたらMLBの歴史は1876年に始まり、
1903年には初のワールドシリーズが開かれている。

当時の日本にはまだプロ野球はなく、学生野球があったのみ。

国技が野球で150年位の歴史があるキューバはどうだったのだろう。

その他の国で野球をやっていたところはあるのだろうか。

何れにしても、アメリカの優勝は間違いなかっただろう。

さあ、現実のWBC2006年の決勝はいよいよ明日だ。
その前に、先ず露払いで松井がHRを打って、ツキを呼び込もう。

因みに我が家は今日、お墓参りをすませた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さすがアメリカ!

自分もこの記事読んで笑いました!
またいろいろちゃんと分析してるな~と関心もしました。
「A-RODののろい」は今年こそ破って欲しいですね!松井にチャンピオンリングを!

浦島花子なみ・・・

旅行に行っていましたので、しばらく浦島太郎ナミになってました。ナリポンさんのこのところのブログを今日帰宅後呼んで"帰ってきた"感じデス。
こんな展開は予想できなかったけれど「野球の神様」は居るんだな、実感です。
一点、私にとってTVのイチローのコメントがイチイチ引っかかり‘日韓の遺恨’との絡みでもスッキリしない気もします。(・・・松井秀喜はあんなコメントしないだろうなきっと。)
ナリポンさんのブログによって、帰宅後のTV報道以外の事分っておもしろかったです。

Re:WBCを開催するには適当な時期ではなかった~MLB.comの記者Mike Baumanも認めた~(03/20)

いよいよ決勝戦ですね!皆で松坂を応援しましょう!(松坂ファンなので~す) ところで街で見かけるカストロジャンパー着たオジサン達はやはりキューバファンなのでしょうか?

松井選手は欠場

おはようございます。
残念ながら松井選手は欠場でした。
でも考えようによっては出場してホームランを打たなかった場合よりはいいかなと思ってます。
もうすぐ試合開始です。
ドキドキしてきました。

日本世界一だ!

正直想定外でした。
サイコーでした。
メキシコ有難うと言わないといけませんね。
例のウルトラCプランのおかげですから。
今夜は祝杯だーーーーー!
泡盛じゃないです。

Re:さすがアメリカ!(03/20)

jeterlotusさん
>自分もこの記事読んで笑いました!

ねぇ、イケてますよね。

>またいろいろちゃんと分析してるな~と関心もしました。

そうそう、笑いを取るためには先ずマジネタから・・・

>「A-RODののろい」は今年こそ破って欲しいですね!松井にチャンピオンリングを!

本当に!
じゃあ、いらないかというと、そういうわけにもいかないし・・・
少なくともレギュラーシーズンは働いてもらう。

Re:浦島花子なみ・・・(03/20)

ごじらんらんさん
>旅行に行っていましたので、しばらく浦島太郎ナミになってました。

ありゃいいですね、どちらに?
海の底?

>こんな展開は予想できなかったけれど「野球の神様」は居るんだな、実感です。

ちょっと最後は大盤振る舞いの感じもありますが・・・

>一点、私にとってTVのイチローのコメントがイチイチ引っかかり‘日韓の遺恨’との絡みでもスッキリしない気もします。

それも今となっては、すべてOKムードですね。

>ナリポンさんのブログによって、帰宅後のTV報道以外の事分っておもしろかったです。

そう言われると嬉しいですね。

Re[1]:WBCを開催するには適当な時期ではなかった~MLB.comの記者Mike Baumanも認めた~(03/20)

URU虎MANさん
>いよいよ決勝戦ですね!皆で松坂を応援しましょう!(松坂ファンなので~す)

MVPまで転がり込んできましたね。
松坂の絶頂を知ってると今日の出来は決してよくなかったと思うけど・・・

Re:松井選手は欠場(03/20)

ねあがり君さん
>残念ながら松井選手は欠場でした。

そもそもチームに帯同しなかったみたいですね。

>でも考えようによっては出場してホームランを打たなかった場合よりはいいかなと思ってます。

日本が勝ったから、きっと出たら打ってましたよ。

Re:日本世界一だ!(03/20)

チーム泡盛さん
>サイコーでした。

それが何となく・・・(-_-;)

>メキシコ有難うと言わないといけませんね。

これだけは忘れてはなりませんぞ、アミーゴ。

>例のウルトラCプランのおかげですから。

小数点ですからね、野球で・・(^o^)/

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。