スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~ (16)

冬になると思い出す味がある。
軽井沢にある蕎麦屋の野沢菜だ。

息子が出来て、ファミリーでスキーを楽しむようになっていた頃だ。
それまではやや軽んじていて、一度も行ったことのない軽井沢プリンスのスキー場に
通うようになった。

泊まるならホテルは面白くない。
コッテージが断然いい感じだ。
『東』と『西』があるが、建物は古いが『東』の方が風情があるし、ゲレンデにも近い。

軽井沢スキーのもうひとつの楽しみは、周辺の食べ処を探訪することだ。
ホテルの朝食バイキングは大好きだが、昼や夜はコストパーフォンマンスで言えば全然ダメだ。

場所柄、日本蕎麦は見逃せない。
有名なのは中軽井沢にある‘かぎもとや’という老舗だが、せっかく出かけたのに
正直、蕎麦もわさびもまったく私の好みではなかった。
ビールや酒の1本制限ルールも気に入らなかった。

そんな訳で、蕎麦屋そのものにやや弱気になっていた時に見つけたのが、
プリンス通りにある当時開店間もない‘きりさと’と言う店だ。

疑心暗鬼で入ったのだが結果的には当たりだった。
蕎麦も美味いが、セットメニューに釣られて食べたうどんも悪くない。
てんぷらの有頭海老の大きさは半端じゃない。
この方のブログの写真をご覧あれ。

で、その海老天の隣にある写真が今日のお題の野沢菜だ。

この野沢菜が絶品なのだ。
学生時代、スキー雑誌のライターのバイトで長野のスキー場を駆け回っていた経験もあり、
野沢菜を喰いまくっていたが、この蕎麦屋の野沢菜は歯応え、歯ざわり、
味わいで我が人生ベストだった。

ビールを頼むと、お通しで出てくる。
その後、日本酒に変えると、山菜がサービスで出てくるが、
2度目からは‘すみません、もう1回野沢菜’とお願いするようになった。

レジの所では、ビニール袋に入った野沢菜が1000円で売られていたが、
ちょっと高いと思いながらも一度だけ買ったことがある。

野沢菜は当地のスーパーでも平気で買えるが、味的には話しにならない。
実は、以前楽天のある評判店でも野沢菜を購入してみたが、残念ながら見事に裏切られた。

そして、冬になると‘あ~ぁ、あの蕎麦屋の野沢菜食いたいなぁ~’ということになる。

そこで、ナリポンは考えた。
いままでだって、つけめんとか生餃子とか本来は通販をしていないものを、
説得して手に入るようにしたじゃないか。

‘きりさと’の情報を集め、火曜日が定休日だと知り、今日思い切って電話を架けてみた。

幸運にもご主人が出てくれた。

‘実は、私は・・・うんちゃら、かんちゃらで・・・グダグダ・・・ウダウダ’

ご主人は、突然の、それも素性も明らかでない男からの電話だったにも拘らず、
途中からは実に熱心に話を聞いてくれた。

そして、野沢菜を送ってくれることを快諾してくれた。
おまけに決済は後払いでOKと言う。
そう言えば、あの最強の生餃子の場合もいきなり後払いOKだった。

こっちが是非食べたいという情熱を示せば、
相手の心も動くし、信用もしてくれる・・・(^_^.)


その後も話は続いた。
息子さんが別会社をつくり、軽井沢に2店舗、そして東京にも2店舗経営しているそうだ。

軽井沢は‘川上庵’‘玄楽’東京は麻布十番に‘麻布川上庵’南青山に‘青山川上庵’

検索してみたが、もはやおしゃれな蕎麦屋として人気を博しているようだ。
凄い経営手腕だが、どうやら大学時代の友人達も経営参加しているとのこと。
ゴールドマン・サックスを辞めて加わった人もいるらしい。
ご主人にとってもご自慢の息子さんはまだ30歳だそうだ。

‘だれかモンと違って実業でよかったですね・・・(^_^)’

結局、なんだかんだで40分くらい話をしていた。

私に激賞された野沢菜が果たして今回は満足な味なのか、ややビビッている様子だった。
実際、出来にはブレがあるらしい。

私自身も最後に食べたのが2000年1月で、心筋梗塞発症のちょうど1ヶ月前だ。
ただそれまでの5シーズン、通算10回近くは食べて‘世界最強’と決めたのは事実だ。

勿論、その後の‘空白の6年間’‘うまかった’イメージが勝手に膨らんでいる可能性もある。

まあ、それはそれでいいじゃないか。

もう出会えないと諦めていた野沢菜に再会できるだけでなく、
あのご主人との心温まる遣り取りもできたのだから・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

最近の土曜日の楽しみは、近所にできた蕎麦やで、山形の地酒の熱燗で、つまみ、蕎麦。野沢菜がうまい!
蕎麦不毛地帯の青山にあって、いい店ができたと喜んでました。お店の名前は、青山川上庵。
相変わらず、なりぽん、食の波長は、以心伝心。

Re:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

思わず走りました。。。麻布十番の川上庵に。
以前から気になっていたお店でした。
お蕎麦も見事でした。
何より野沢菜。。。これは私も魅了されました。
二人分NARIPONさんの分まで頂いてしまいました。
美味しいお蕎麦を身近で頂けるなんて幸せ。
ただし天麩羅は改善の余地アリでした。
直ぐ側に天麩羅の名店(畑中)がありますから。
美味しい情報ありがとうございました。

羨ましいです

マスコミ相手に電話突撃されるなりぽんさんですから、お店を相手にするのは簡単でしょう。
40分も話していたのには驚きですが、なりぽんさんらしくきっちりと取材もされてます。(笑)
自分は食べものにこだわりがないので、こだわれる人が逆に羨ましいです。

Re[1]:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

ルッティマンさん
>野沢菜がうまい!

やっぱり、うまい!と思う?

>お店の名前は、青山川上庵。
>相変わらず、なりぽん、食の波長は、以心伝心。

いやぁ、場所が場所だから、もしかしたら知っているかもと思ったけど、
ちゃんとカバーしてましたね。
逆に言えば、それだけいい店ってことですね。

しかし、うまい野沢菜の話を辿っていったら、こんなところで遭遇するなんて
面白いなぁ。

Re[1]:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

kukuri6844さん
>思わず走りました。。。麻布十番の川上庵に。

走れる距離に居るのが凄い。

>何より野沢菜。。。これは私も魅了されました。

そりゃあ、良かった。
私が裏書したのは、あくまで野沢菜ですから・・・(ニゲルナ)

>二人分NARIPONさんの分まで頂いてしまいました。

明日、3キロ届く予定になっていますので・・・(^o^)/

>ただし天麩羅は改善の余地アリでした。

いいですね、こういうコメント・・・。
全部美味しいとする人より信用できる。

>美味しい情報ありがとうございました。

いえいえ、情報を活かす行動力が素晴らしいです。
なんとなく私の味覚も信じてもらえたようでうれしいもんです。


Re:羨ましいです(01/31)

ぎょえてさん
>お店を相手にするのは簡単でしょう。

マスコミは失敗しても失う物がないけど、美味いモノ屋さんはブツが入らなくなりますから・・・(^_^)

>40分も話していたのには驚きですが、なりぽんさんらしくきっちりと取材もされてます。(笑)

自分もびっくりですが、相手の方も会話力のある方だったので・・・
>自分は食べものにこだわりがないので、こだわれる人が逆に羨ましいです。

まあ、人それぞれですよ。
拘るからこそ、不機嫌になったり不幸に感じたりもしますから・・・


Re[2]:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

Nariponさん
>kukuri6844さん

明日、3キロ届く予定になっていますので・・・(^o^)/
----------------------
三キロは凄い!!!
 お酒もご飯も進みますね。

>ただし天麩羅は改善の余地アリでした。
>いいですね、こういうコメント・・・。
>全部美味しいとする人より信用できる。
--------------------
大いに信頼して下さい。。。
 とにかく食は私の中で大きく大切な所にお座り
 しています。

>なんとなく私の味覚も信じてもらえたようでうれしいもんです。
------------------------
流石に蕎麦やさんで、蕎麦を差し置き野沢菜と 
 言えず、蕎麦、野沢菜、出しまき卵の順番で。
 私は不調法で杯をを片手にと決められません。
 ところで、今日も美味しい情報ですね(*^0~*)
食の奥は深いですね。

Re[3]:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

kukuri6844さん
> 三キロは凄い!!!
> お酒もご飯も進みますね。

届きました。
1キロは友人にお裾分けですが。
2キロは我が家で・・・。

> 大いに信頼して下さい。。。
> とにかく食は私の中で大きく大切な所にお座り
> しています。

私は何かと衰えていますが、それでも拘ってます。


> 私は不調法で杯をを片手にと決められません。

そうなんですか。
ビールやワインもダメですか・

料理と相乗の世界がありますよ。

昨夜川上庵へ

息子を連れ立ってまた行ってしまいました。
野沢菜ですけれど、一度目のはじめて頂いた時のほうが美味しいと思われました。
シャキシャキ感が損なわれて、塩分が微妙に違うように思われました。
同じ味を維持する難しさありますね。
名店は、客が育て行くものなんだと。。。
学習した瞬間でした。
ところで、三キロさんのほうのお味はいかがでしたか?

Re:昨夜川上庵へ(01/31)

kukuri6844さん
>息子を連れ立ってまた行ってしまいました。

彼は受験明けですか。

>シャキシャキ感が損なわれて、塩分が微妙に違うように思われました。
>同じ味を維持する難しさありますね。

ご主人の直筆のお手紙が入っていましたが、やはり出来不出来にブレがあると書いてありました。
私の奴は、シャキシャキ感は完璧です。
ただやや塩分が強いかなと思います。

>名店は、客が育て行くものなんだと。。。

生意気な言い方ですが、たぶん人気店、評判店ですが、
名店と呼ぶにはもう少し年季が必要なのではないでしょうか。
是非育ててあげてください。


Re:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

トラックバック有難うございます。どうぞご自由に活用下さい。軽井沢にお越しの際は、探検隊本部にもお出かけ下さい。隊長のブログは軽井沢旧道の様子をほぼ毎日更新しています。ぜひ一度ご覧下さい。

Re[1]:軽井沢の蕎麦屋‘きりさと’の野沢菜は世界最強~直談判で思い出の味と再会できる喜び~(01/31)

軽井沢探検隊2号 さん
>どうぞご自由に活用下さい。
どうも有難う御座います。本当にきれいな写真で・・・美味そうです。

>軽井沢にお越しの際は、探検隊本部にもお出かけ下さい。
身体を壊してしまいましたので、難しいと思いますが、
きりさとのご主人の手紙にもそう書いてありました。
みんな、優しくて・・・>^_^<

>隊長のブログは軽井沢旧道の様子をほぼ毎日更新しています。ぜひ一度ご覧下さい。

拝見しました。
隊員は何人いるのでしょうか、31人は居そうですね。

我が隊員達!!

我が隊員は、隊長以下勝手に番号をつけています。隊員は2号、3号(犬)、7号、11号、勝手に応援隊員23号、31号の6名です。そのほか準会員としてサタン31号、サミー所長がいます。みんな楽しい仲間です。

Re:我が隊員達!!(01/31)

軽井沢探検隊・隊長さん
>我が隊員は、隊長以下勝手に番号をつけています。

隊長さん自ら書き込み有難う御座います。
サイト内で31号さんを発見したので、31人はいらっしゃるのかと思ってしまいました。

>みんな楽しい仲間です。

楽しそうですよね。
私にとっては軽井沢は冬なんですが、基本は夏ですよね。
あとは永住者も増えているみたいですね。

史上最高の野沢菜

身に余るとは・・・こんな事なのでしょうか
そば屋の野沢菜がこんな話になってしまいまして
「世界最強の野沢菜」などとは・・・・
とても・とてもこれはキットなりぽんさんの冗談かjoke(同じ語意でしたお褒めいただき取り乱しました)です
それとも 召し上がった時にスキーの後でよほど
「腹が減っていたのか何かの間違い」であったのか知れませんね それにしてもうちの野沢菜もなんだか少し偉くなったようで嬉しいです
とりあえずは話題になったことだけでも光栄な事です
なりぽんさん始め軽井沢・東京でご利用いただいている皆様に心から感謝の意をお伝えしたいと思います ありがとうございます

今まで「ブログ」などというものの存在も開き方も知らなかったのですが 軽井沢探検隊の隊長夫人から直接この存在と開き方を教えていただきました そして此処に書き込むことも出来るようになりました
みんな皆様のおかげです 本当にありがとうございました 感謝の思いを込めてご挨拶させていただきました
              きりさと店主 小山

Re:史上最高の野沢菜(01/31)

きりさとさん
>身に余るとは・・・こんな事なのでしょうか
>「世界最強の野沢菜」などとは・・・・

いやぁ、自慢ですが(笑)食べ物に関しては‘ズバ・ズバ’ですから世辞は言わないタイプです。
送って頂いた3キロ、1キロは友人二人にあげて、2キロはキープ。
今まで23人が食べましたが、みんな口々に人生ベストと絶賛でした。
中には80何年生きてきてのベストですからホンモノです(笑)

シャキシャキシャキの歯ざわり、それでいて葉っぱのほうはねっとりとした味わい。

息子さんのお店、東京の2店舗は凄いですね。
昔のグルメ仲間が既に愛用していましたし、常連の方で記事を読んで既に2回行った人もいます。

ネットで検索しても既に多くの記事が見受けられ、評判も良さそうです。

>軽井沢探検隊の隊長夫人から直接この存在と開き方を教えていただきました

2号さんの写真が素晴らしかったの記事中にリンクを貼り、その許可を願った次第でして・・・

その後隊長さんの書き込みもありました。
よいコミュニティーが出来てる感じですね。
実は、自分の記事をプリントして手紙を出そうかと思っていた所でした。
隊長夫人のおかげで、現物をみてもらえて良かったです。

>みんな皆様のおかげです

いえいえ、これぞ実業の醍醐味ですよ。
これからも美味しいものを提供して、人々をハッピーにさせて下さい。

*お見舞いのお豆はとても上品で、甘過ぎず、酒肴としてもイケました。

それでは、またの機会に

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。