スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報量過多で判断力は増すが決断力は衰える?~テレビ購入はトリノ五輪に間に合うか~ (2)

去年の11月に契約しているケーブルテレビのチューナーをデジタルに交換した。

その時にも書いたが、D1端子しかついていない我が部屋のテレビを買い換えようと考え始めた。

メジャーが開幕する4月までには何とかしようと思っていたが、
どうせならトリノ五輪の前に買ってしまおうかという衝動に駆られている。

当地には、いわゆる家電量販店が4社進出しているが、
そのうちの1社のある人間(A君)とは過去4年半、個人的に信頼関係を築いてきた。

彼は他の3社との価格競争は勿論、基本的には価格コムの最安値圏での価格を提示してくれる。

若い頃は、秋葉原の電気街を回りながら、いろいろと駆け引きをするのが好きだった。
友人の買い物に付いていって、友人はもう納得しているのに、私はまだいける筈だと、
頼まれもしないのに、さらに店を回り‘結果’を出す。

要するに、そういう駆け引きをするのが好きなのだ。

生来のA型体質の上に、1銭に拘るディーラーの職業病が後天的に加わったからね・・・(^o^)/

但し、かなり頑張ったと思った割りに、決めた後にさらに安いのを発見したり聞いたりすると、
それまたショックを受けたりするのも事実だ。

多少のブラフを含めて交渉で強く臨めるのは、こちらが買う事を決めているからである。
だからいわゆる冷やかしは一切したことが無い。

当地にやってきて、量販店相手にどれほど価格交渉が出来るものか最初は疑心暗鬼だった。

でも、やってみれば予想外に可能だ。

店頭表示価格が198,000円とあり‘更に値引きします’と言う表示があったとする。

そこで、普通に店員に聞けば、186,000円とかと言われ、
大抵の人間はそれがラストプライスだと思う。

でも価格交渉という意味では、それは始まりのプライスに過ぎない。

一番有効なのは、競合する他社がそれ以下のプライスを提示している時だ。
特にポイントで割引のところとの比較では、ポイント分を現金割引に還元させることは難しくない。

あとは‘こいつは値段さえ折り合えば絶対買う奴だ’という信頼関係を構築する事だ。

当地に来てから4年半、最初に妻用のPCを買ったのを縁にA君と知り合い、
以来殆どの電気製品は、彼のところで買っている。

価格コムの最安値は実は超最安値でないことも多いが、
阿吽の呼吸でその最安値近辺の金額を提示してくる。

今回も、そのパターンでいけると思った。

先ずそのためには、どの製品を買うか決めるが私のやり方だ。
1~2個に絞った上で、通称‘A君プライス’を聞いて、最終決定する。

私が決めたのはまずは大きさだ。
私の部屋に置き、ベッドで寝たままで見るので32型はやはり大きすぎる。
一方で、パソコンのモニターは19型なので、23か26かと言う事になる。

メーカーの決定はまだしていない。

掲示板を読んでいると、ソニーのHVXがけっこう評判がいい。

発売されたのは、2004年の9月とかなり前なのに、いまだに人気があり、
中には最新モデルよりはるかに優れていると断言している人もいる。

これに決めようかと思って、価格を調べてみた。
価格コムの最安値は135,000円くらいだ。

先ず、当て馬役の2社に電話してみたら、どちらも酷い。
ポイント換算しても21万円台、他社は取り寄せになって18万8千円だと言う。

もちろん、電話ではラストプライスは言わないのが常だが、これほど乖離があると話しにならない。

‘これじゃあ、さすがのA君プライスも厳しそうだなぁ’

まだ、最終的にこの製品に決めていないのにA君に電話してしまった。

‘う~ん、それは無理ですね、16万でいっぱいいっぱい’

が~~~~~ん!

穢土時代に愛用していた、カメラ屋系のウエブショップを調べたら、もう売り切れだったが、
ポイント換算で、なななななんと、116千円。

なんじゃ~こりゃ~!

実際の店舗に電話すると、在庫は少ないがまだあるそうだ。
価格はポイント換算で135千円くらいだ。

‘う~む、兄貴に頼んで買ってもらおうかな’

それとも、価格コムに載っている小さなショップで買おうかな(でも、購入後のサポートが不安だな)

今まで、十中八九、苦労せずに、ほぼ最安値圏で購入できたのに、
なぜ今回はこんなに差があるのか、古いモデルだが人気のある商品で希少になっているせいで、
各社のスタンスが違うのだろうか。

地方暮らしの選択肢の少なさも、電気製品に関しては無問題だったのに・・・(-_-;)

選択する製品についても迷いが生まれた。

第一候補になりかけていたソニーのHVXだが、32型にはあるが26型にはないものがある。

HDMIというものだが、これが実際の使用感でどの程度の違いを生じさせるのか、
イメージがまったく出来ない。

ネットのおかげで、価格についても、性能についても情報が簡単に得られるのは便利なことだ。

但し、人によっては情報過多のせいで判断力は増すが、逆に決断力が衰える場合がある。

‘はたして、トリノ五輪までに間に合うかな’

もう、こうなったら松井グッズ狙いで東芝にでもしようかな・・・(-_-;)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:情報量過多で判断力は増すが決断力は衰える?~テレビ購入はトリノ五輪に間に合うか~(01/15)

初めて馬券を買ったのは学生時代で、後楽園の馬券売り場だった。

競馬通で中学校時代から友人のN君に連れて行かれたのだ。
その時、購入馬券の予想倍率の指標であるオッズに☆が印ついてあり、その意味を聞くと「100円が当ったら10,000円になりますっていう印なんだ!俗に言う万馬券ってのがこれ。」って教えてくれた。

情報量の極端に少ない僕は、他の判断基準が無いので迷わずに☆印のついた「8-8」という馬券を購入した。
そうしたら、それが来たのです!
オッズとは違って万馬券には成らなかったけれど、8千円後半の高配当だったと思う。

この場合はビギナーズラックで、情報量が少なかった事が良かったとは言えないけれど、知らない方が幸せってことは世の中には良く在る。

何が何でも知りたいって言う人間の心理と、知らない方が幸せっていう事実との乖離は、たまに人間を翻弄する。

僕は物を買うときは、その場で幸せになる買い方をしているなぁ…賢いとは言いがたいけど。
買った後は、その物の価格は見ないようにしている…あっちの方が安かったって後悔しないようにね。

Re[1]:情報量過多で判断力は増すが決断力は衰える?~テレビ購入はトリノ五輪に間に合うか~(01/15)

hiroponさん
>初めて馬券を買ったのは学生時代で、後楽園の馬券売り場だった。

えっっっ、昔は学生は馬券買っちゃいけなかったんだぞ~~
と一口馬主だった俺が言う・・・(-_-;)

>その時、購入馬券の予想倍率の指標であるオッズに☆が印ついてあり、

今は馬券の種類が増えて、1000万馬券もあるから、どういう表示をしているだろうね。


>「8-8」という馬券を購入した。

自分も初めて買った馬券は的中でした2-4、やっぱり当った目は忘れないもんだね。

>オッズとは違って万馬券には成らなかったけれど、8千円後半の高配当だったと思う。

充分でしょう、学生だったら・・・

>僕は物を買うときは、その場で幸せになる買い方をしているなぁ…賢いとは言いがたいけど。

それはそれで自分のスタイルだからいいのよね。
あの後も色々研究中で、絞りこんできました。
五輪には間に合うと思う。

毎度毎度、バスターズ感謝です(^o^)/
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。