スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国よ、ったく、またおまえらのせいでキャビアが高騰するじゃないか~アムール川汚染問題~ (2)

プロフにもあるように、私は魚卵が大好きだ。
たらこ、筋子、いくらはまあ、普通に食べられるが、からすみとキャビアは値が張るから、
覚悟しないと食べられない、

特に、そもそも高いキャビアは世界的な品薄のせいで、値段が高騰しっぱなしだ。

そこに、更なるバッドニュースが飛びこんできた。

11月13日に中国の吉林省の化学工場で爆発事故が起こり、それによってベンゼン等の
有害物質が、中国北部を流れる松花江に流出した。

ベンゼンは医薬品や染料・香料・爆薬などの合成原料となる無色揮発性の液体で、
人体には有害だ。
発がん性があり、白血病などの原因ともなるそうだ。

その川の下流には中国とロシア国境を流れる黒龍江(アムール川)がある。

汚染のせいで、中国、ロシアの周辺住民の水道問題が発生しているほか、
生態系にも深刻な影響がでそうだ。

世界自然保護基金(WWF)ロシア支部のミタソフ情報局長は、
「アムール川では多くの魚が死ぬほか、川底の植物などにも多大な被害が出るだろう」と述べた。

その被害のなかに、チョウザメがいる。
アムール川は、いわゆるオオチョウザメが獲れる数少ない地域で、
キャビアでもっとも大粒のベルーガが取れる。

それが、この汚染により漁業の操業停止が実施されている。

操業再開についての情報もなく、1年くらいダメじゃないかとの見方もある。

これで来年以降の、キャビアの相場が上昇するのは、間違いないだろう。

実はキャビアだけじゃなく、アムール川床で産卵したサケとかへの影響も懸念されるし、
そもそも、川を下ったあとは日本海に通じる訳だから影響は予測不能だ。

米国産牛肉再開で、再び食の安全が話題になっているが、ベンゼンという‘透明な毒’
果てしない範囲で拡散された場合は根が深いだろう。

日本もいわゆる高度成長期には、公害問題が深刻だったが、中国もまさに高度成長を続けている。

‘国土の広さで、毒が希釈されると思ったらエライことになりまっせ’

と言う訳で、値上がり前にキャビアを‘食い溜め’しておきましょう。

いま、多分一番安いショップは昨日のハモン・セラーノを扱っている所と同じだ。
それでも昔に較べると高いよなぁ。

ロシア産キャビアベルーガ20グラム瓶入り[冷凍品と同梱不可]1026アップ祭5

ロシア産キャビアベルーガ20グラム瓶入り[冷凍品と同梱不可]1026アップ祭5








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:中国よ、ったく、またおまえらのせいでキャビアが高騰するじゃないか~アムール川汚染問題~(12/19)

う~ん、そう、そう!
ハモン・セラーノは熟成が絶妙で「まぁ~い~う~ッ!!」でした。
キリッと冷やしたモンラッシュとか、辛口の純米酒が良く合うと思ったなぁ。


ところで、シソの実を醤油で塩辛く煮たのってあるでしょ。
あれをクラッカーに乗せると見た目はキャビアのカナッペっぽ~くなりま~す。

クリームチーズを乗せた奴とかと一緒に、大きめの皿に乗せるとパット見はゴージャスなのであ~る。

がッ…シソの実はしその実、味はシソの実その物ですからぁ~ッ…残念!


キャビア、食したいなぁ~!
ナリポンのお奨めだと間違い無いから、これ買ってみようかな~。

Re[1]:中国よ、ったく、またおまえらのせいでキャビアが高騰するじゃないか~アムール川汚染問題~(12/19)

hiroponさん
>クリームチーズを乗せた奴とかと一緒に、大きめの皿に乗せるとパット見はゴージャスなのであ~る。

それいうなら、そもそもランプフィッシュの卵をつかった偽キャビアがあるよね。
10代の頃は、あれがキャビアだと思ってた・・・(-_-;)

>キャビア、食したいなぁ~!
>ナリポンのお奨めだと間違い無いから、これ買ってみようかな~。

20gでしょ。
あっという間ですよ。
よく最近の蕎麦屋は蕎麦一枚が箸で3~4回で無くなるとか言われてますけど・・・

こっちは小さじのスプーン2~3回ですからね。

ハモンとかはまあオススメだけど、キャビアは‘ふ~~ん’と思う人も多いはず。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。