スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間が○○放題をエンジョイするには相応の‘能力’が必要~‘飲み放題’を楽しんだ日々は今何処~ (2)

公私にわたり忘年会でお疲れの人々も多い季節だ。
‘公’はともかく‘私’の方では、飲み放題の料金設定だと幹事も安心だろう。

私も、若くて元気な頃はこの‘飲み放題’と言う響きには、惹かれたものだ。

それが、病気をして歳も取ってくると、さっぱり魅力を感じない。
理由は簡単だ、元をとれなくなったからだ。

食べ放題はともかく、飲み放題では、我ら夫婦は数々の武勇伝を持っている。

なにしろ、平気でビール大瓶10本はやっつけていたから、
‘ボーリング・カップル’と呼ばれていた。

それ以上飲めるのだが、肉体的な理由ではなく、むしろ経済的な理由でストップをかけていた。

武勇伝の中でも、最も印象に残っているのは、シンガポール在住時代の話だ。

日本人が経営するKOBEという、すき焼き、しゃぶしゃぶ屋があった。

年に何回か、生ビールの飲み放題のキャンペーンをおこなっていた。
1杯分を払えば(約500円)何杯飲んでもOKという奴だった。

キャンペーン期間は週末に始まり、翌週末までの9日間だったが、
平日は仕事があるのでノーチャンスだ。

そのかわり、週末は2週続けて通った。

で、ある時、土曜日に出かけ、翌週の土曜日も出かけた。
それはいつものパターンなのだが、その時はキャンペーン最後の日曜日にまた出かけたのだ。

理由は簡単だ。
家で飲むより安いからだ・・・(^_^)

勿論、ビールだけを注文することはできない。
しゃぶしゃぶかすき焼きを注文しなくてはならない。

神戸牛を使ったコースは、4000円くらいしたが、NZビーフだと1200円のコースがあった。
我々はいつも、このNZを頼んでいた。

しゃぶしゃぶだと流石に1人前の肉は少ないので、肉は追加注文する。

で、その日も追加のNZを2人分追加した。
届いた肉の一部を鍋に入れた時に、日本人の主人が慌てて走ってきた。
鍋の肉を見ながら

‘あの~、ご注文頂いたのは、ニュージーランド牛ですが、
こちらの手違いで神戸牛をお出ししてしまいました。
どうぞ、味の違いを較べてください。お代は勿論8ドルで結構です’


‘えっ、そうなんですか、ラッキー’

さらに、主人の淋しげな後ろ姿に向かって、妻が叫んだ。

‘すいませ~ん、あとビールのお代わり2杯お願いします’

まるで、死者に鞭打つような強烈な一発だった(-_-;)

1回行くと、ふたり合計で大体ビールは40杯くらいやっつけていた。

すると、この日の決算(当時の1シンガポールドル=100円で計算)は・・・

支払ったお金
ビール代 1000円
しゃぶしゃぶ 2400円
追加の肉代 1600円

合計支払額 5000円

メニュー上のお値段
ビール代 20000円
しゃぶしゃぶ 2400円
追加の肉代 7200円

合計金額 29600円

差額 24600円


我ら夫婦の姿をみると‘総会屋’に睨まれたみたいな感じの主人が、
‘連日の攻撃’を受けて、金縛り状態になって、牛肉まで間違えてしまったのかも・・・(-_-;)

なんか、いまこうして書いてみると、若かったせいか我ながら‘無粋’だね。

それが最後だったかどうかは判然としないが、そのうちビールのキャンペーンは止めてしまった。

今の私はビールは500ccがいいところだから、飲み放題なんて絶対元が取れない。

食べ放題は、学生の頃は、980円で焼肉(接着剤肉使用?)とか食べていたが、
そもそも余り好きではなかった。

いやしいから、どうしてもたくさん食べようとしてしまい、それほど美味くもないものを
無理に胃袋に入れるのは、寧ろ苦痛だ。

そもそも、ナリポンの基本は‘暴飲小食’だったのだ。

大好きだったのは、ホテル等での朝食ブッフェだ。
特にスキーで泊まるときは、カロリーの摂取も必要だから、洋食バージョンの後に
和食バージョンを食べ直したり、普段食べないヨーグルトまで食べたりしたものだ。

他では値段は張るが、ホテルの中華料理店がやっていた、
通常メニューからオーダーできるのは悪くないと思った。

フカひれと北京ダックを頼めば、先ず簡単に‘回収’できるから気分が楽だ。

ただ、今はとにかく、食が細くなったので(その割りに身体は太いままだが(-_-;))、
食べ放題には惹かれない。

食べたい物をピンポイントで狙う方がいい。

‘飲む’‘食べる’もそうだが、そもそも○○放題をエンジョイするには、
それに充分な‘能力’が必要なのだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

病院文学

友人から聞いたのですが「病院文学」(「病人文学」だっけな)という言葉があるそうです。(自分の)病気のことをちまちま書く文学みたいな意味らしく、ゲーテが言っているとか。確かめてないからあんまり信用しないでね。
世の中には難病ものの手記が多く、病気というのは自分でも身内でも他人でも、関心のあるところなのでしょう。
ナリポンさんはご病気以前の“豪快”な生活を語っても、昔はよかったと愚痴にもならず、昔は俺だってという自慢にもならず、からっとして面白いですね。
「…放題を楽しむ」ばかりでなく、「面白がる」のも「人生を味わう」のも、相応に能力がいりそう。それを人に伝えるのも…。

Re:病院文学(12/12)

逸爾散士さん
>友人から聞いたのですが「病院文学」(「病人文学」だっけな)という言葉があるそうです

検索した感じでは‘病人文学’みたいですね。

>世の中には難病ものの手記が多く、

多いですね、闘病記タッチ、有名人も結構出版してるし・・・素人も。
でも、1冊も読んだ事ありません(そもそも読書家で無いので)

>ナリポンさんは、からっとして面白いですね。

それは心臓の病気のせいかも知れません。
ある日突然弓矢が飛んでくる感じですから・・・
癌のようにジワジワと確実に攻め立てられる病気だった、こんな感じではいられないかもしれません。

>「面白がる」のも「人生を味わう」のも、相応に能力がいりそう。それを人に伝えるのも…。

言われてみるとそうですね。
それは、‘伝えられる人’にも当てはまる訳で、逸爾散士さんのような常連さんがいることを、
心から誇りに感じています。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。