スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも空疎な新語・流行語大賞は時代の象徴か、マスコミの自慰行為か~2005年分が発表~ (10)

2005年の新語・流行語大賞が発表された。

‘恒例の’とか‘年末の風物詩’とか、の冠をつけて、マスコミが一斉に報じているが、
いろいろな意味で白けてしまうのが実感だ。

先ずは、選出されたトップ10をおさらいしてみよう。

大賞

小泉劇場 
2005年9月の衆院選は、小泉首相の意図するせざるに関わらず「造反」「刺客」「くのいち候補」の登場、郵政民営化問題に絞られた単純な争点などにより、さながら「小泉劇場」の態をなした。その結果「小泉一人勝ち」。

想定内(外) 
ライブドア堀江貴文社長が、その負けず嫌いな性格からフジVSライブドア騒動の中で連発した。簡単な言葉に翻訳すれば「そんなことわかってますよ」。

その他トップテン

クール・ビズ 
2005年夏、政府が主導した軽装運動。ネクタイを外し、上着を脱ぐことで、冷房の温度設定を上げようというもの。ネクタイ業者に配慮したためか、秋口からはウォーム・ビズが提唱されている。

刺客 
2005年9月の衆院選、小泉首相は、郵政造反組の自民党候補者に対し、造反を理由に公認を与えず、対立候補を立てた。綿貫民輔、亀井静香、堀内光雄、小林興起などに当てられた強力候補は「刺客」とよばれた。

ちょいモテオヤジ 
岸田一郎編集長率いる月刊ファッション雑誌『LEON』(主婦と生活社)が繰り出すコピー群とその周辺文化。02年に特集された「モテるオヤジの作り方」を皮切りに30~50代男性に向け「チョイ不良(ワル)オヤジ」などのフレーズを生み続けている。

フォーーー! 
お笑いコンビ・レイザーラモン(住谷正樹と出淵誠)の住谷がハードゲイに扮し、レイザーラモンHGとしてテレビに登場したところ大ブレイク。独特の腰の動きを真似して親に頭をたたかれる子どもが続出。もちろん子どもの答えは「OKわかりましたフォーー!」。「フォー」(正確には「フー」)はその持ちネタ。

富裕層 
「金持ち」という名称に阿漕さが臭うため「高額所得者」と言い換えられ、さらに色を薄めた「富裕層」になった。〔現代用語2006・社会風俗用語〕

ブログ 
ウェブログ(Web-log)の略称。従前よりは格段に容易に、また低コスト(ときに無料)で、個人がウェブ上に日記や写真等を公開・更新できるため大人気。他のブログと連携するトラックバックなど機能も十分。

ボビーマジック 
2005年プロ野球日本一に輝いた千葉ロッテ・マリーンズのボビー・バレンタイン監督の采配、選手起用等への賛辞。ロッテナイン(とりわけ前任時に育成された選手や今回抜擢された若手)を指してボビーチルドレンとも。

萌え~ 
「ある事物に対して、深い思いを抱く」ことをさす「萌え」は、2005年にはおたく世界を越え、かなり一般化。萌え業界、萌え銘柄、もえたん、萌え株本、萌え属性などさまざまな使われ方をしている。


まずは‘はぁ~?’の一番手は‘ちょいモテオヤジ’だ。
意味がどうこうという以前に‘初耳’だ。

いろいろなジャンルから選ぼうとした配慮だろうが、余りにも認知度が低すぎるのではないか。
何しろ、ググってみても400件くらいしかヒットしないのでは‘なりぽん’より少ないぞ(笑)

‘ボビーマジック’は順当だろう。
去年はオリンピックイヤーで、大賞は‘チョー気持ちいい’が取り、
他に‘気合だー!’も受賞している。
阪神ファンは‘JFK’を推しただろうが、シリーズで4タテを喰らっちゃノー・チャンスだ。

‘萌え~’は何をいまさら、と言う時間軸のブレを感じる。

‘ブログ’は新しい言葉ではないが、広く普及し浸透したという意味では、今年でよかったかも・・・。
どっかの誰かさんも始めたし(-_-;)

‘富裕層’は元銀行員としては、普通すぎて目新しさは無い。
貧富に関して両極化が進んでいることに関して言うなら、むしろ今ベストセラーになっている新語
‘下流社会’のほうがよほど新鮮味があるし、この賞に相応しいような気がする。

‘フォーーー!’はね、確かにいかにも一時的な流行モノとしては、あのコスチュームを含めて、
今年の忘年会を席巻しそうだが、年明けもやっているとかなり間抜けに見えるね、きっと。
1年前は‘○○斬り、残念~~~’とやっていた人は、今年はこれだね。
しかし‘ハードゲイ’もノミネートされていたが‘クレしん’でブツブツ言っている親たちが、
よくまあ、あの腰振りを受け入れているもんだ。
ろくに性教育もできない親達が‘ハードゲイってなんでちゅか’って子供に聞かれて
どう答えているんだろうか。

‘刺客’は受賞者候補が辞退したらしいが、授賞式には‘別件’
小池百合子も片山さつきも居た(笑)

‘クール・ビズ’は社会の現象として広範囲に広がりを見せたし、今後も定着しそうだし
まあ、いいんじゃないの。

‘想定内(外)’も言葉としては、目新しいモノではないが、
なにしろあのお騒がせホリエモンが乱用したことにより、
本来の意味とは異なるニュアンスも加わり、味のある言葉に進化したような気がする。
思わぬことに遭遇した時は‘想定の範囲内’と強弁し、
逆に何か責任を回避したい出来事が起きた時は‘想定の範囲外’とする。

‘小泉劇場’が大賞に輝いたのは、個人的には誠に嘆かわしい事だ。
ノン・ポリ・ナリポンが嘆く理由はマスコミにある。

トップテンに入った‘刺客’の他に、60のノミネートの中にも、劇場関連が多数ある。

‘くノ一候補’、‘小泉チルドレン/小泉シスターズ’
‘ヒラリーマン’、‘ポスト小泉(麻垣康三)’、‘郵政民営化’


マスコミは必死に劇場を盛り上げるように‘新語’を作るのに没頭し、
新人の女性議員やタイゾーをまるで、アザラシの‘タマちゃん’
レッサーパンダの‘風太くん’のように追い掛け回すだけだ。

‘食べたカレーの味はどうだったのか’とか愚にも付かないことを嬉々として報じている。

自分達が‘溺愛’していながら‘小泉さんはマスコミの使い方が上手い’と、
したり顔で解説しているのをみると、笑止に堪えない。

無償で完全に小泉メディア支援部隊に堕しているのに、そのことを自覚もしていない。
本質的な政治案件は殆ど報じないし、絶好の追求ネタがあっても、まったく追及しようとしない。

そんなマスコミに見事に洗脳された大衆は、件の連中が姿を現すと、キャアキャア騒いで
握手して、携帯で写真を撮るのに必死になっている。

この賞がマスコミの自慰的な賞になっている感は否めない。

‘愚民’‘衆愚’‘民度’‘迎合’‘マスゴミ’・・・こんな言葉しか浮かんでこない。

因みに‘偉大な’と言うより‘痛いなぁ’イエスマン武部幹事長と、
今年も騒いだ割りに何を獲たのか分からないホリエモンは去年に引き続きの授賞式参加となった。

えっ、もう忘れた?

武部は‘サプライズ’、ホリエモンは‘新規参入’だよ。

まあ、1年後には忘れられるくらいの言葉だからこそ、流行り言葉なのかもね(笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マンネリ大賞

‘偉大な’と言うより‘痛いなぁ’
 うまいなあ。ナリポン・オリジナルですかあ?

 「流行語大賞」って「緩さ、ドンクさ、あほらしさ」の年中行事ですね。
 時代を斬る鋭さがないし、「体制べったり」というような政治的言い方というより、「パブリシティ優先」みたいなわざとらしさが…。
 「チョイワルおやじ」のほうが雑誌中吊では目にするのに、「チョイモテ」に「去勢」(?)する。「下流社会」は隠蔽して「富裕層」だけ商売ねたにしようという性根ではないでしょうか。

 自民党選挙戦略に関わったPR会社の「B層」は結構みかけた言葉だけど「自主規制」かな。
 JR西事故で「日勤教育」も注目されたけど、事故、事件出自は不謹慎というなら、ノー天気な言葉が並ぶことになります。
 まあ「非弁活動」「オジャマモン」はぎりぎりすぎてどのみち入らないでしょうが。

TBありがとうございました

 隙間風が吹くような「大賞」ですこと。
 蒸して油を抜いて、水にさらしたサンマみたいな。何のインパクトもありません。

同感です

小泉劇場なんてマスコミしか使ってない。
仰るとおりに、小泉のポチになりさがったマスコミ。
マスゴミですな。

ちょいモテ

TBありがとうございます。
この「ちょいモテ」ですが、自分も「ちょいワル」の方がしっくりきます。
おそらく、いいとものコーナーで観たからだと思いますが^^;

Re:マンネリ大賞(12/02)

逸爾散士さん
> うまいなあ。ナリポン・オリジナルですかあ?

勿論、オリジナルです。
知性や語彙では、逸爾散士さんに負けていますが、駄洒落には自信があります(笑)
つーか、最近の武部にはマジで頭にきていたので、必死に捻り出しました。

>「パブリシティ優先」みたいなわざとらしさが…。

なるほど・・・
媚びているとも言える?

> 雑誌中吊では目にするのに、

そうか、今の自分には中吊広告を目にする生活が無い

> 自民党選挙戦略に関わったPR会社の「B層」は結構みかけた言葉だけど

知りませんでしたが、勉強になりました。

>「自主規制」かな。
ここでは規制無し、知らなかった人達のために・・・

B層とは小泉政権支持基盤として想定した層のこと。
「IQが低く、具体的なことはわからない、主婦層&子供・シルバー層」

これが、選出されるようだったら、この賞にも意義がありそうですね。

> JR西事故で「日勤教育」も注目されたけど、

‘人が死んでんねんでぇ’‘髭記者’

Re:TBありがとうございました(12/02)

まろ0301さん
> 隙間風が吹くような「大賞」ですこと。

それを自覚していない業界人の多いこと(笑)

> 蒸して油を抜いて、水にさらしたサンマみたいな。何のインパクトもありません。

サンマの内臓は好きですが、飽くまでも脂ののった身と一緒に食べてこそ味わいがある訳で・・・

Re:同感です(12/02)

不純一郎さん
>小泉劇場なんてマスコミしか使ってない。

自画自賛ってやつですね。

>仰るとおりに、小泉のポチになりさがったマスコミ。

ていうか、相互扶助のような気がする。

Re:ちょいモテ(12/02)

ちゃぼさん
>この「ちょいモテ」ですが、自分も「ちょいワル」の方がしっくりきます。

まあ、私に場合は・・・
「ちょい勝ち」、「ちょい負け」かな

TBありがとうございました

うまいこと書かれてますね。
刺客、受賞者はいなくても、授賞式には居たんですね。ちょっと溜飲が下りた気分です。
関係者各位(どことは言わないけど)がマスコミにどう指示しているのか知りたいものですねー。

Re:TBありがとうございました(12/02)

しろみさん
>刺客、受賞者はいなくても、授賞式には居たんですね。ちょっと溜飲が下りた気分です。

小池百合子とHGは売れっ子ですね。

>関係者各位(どことは言わないけど)がマスコミにどう指示しているのか知りたいものですねー。

どうなんでしょうね。
指示がなくても、マスコミが勝手に空気を読んでいるから問題なような気がしますが・・・。



プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。