スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ紙の一面争奪バトルに関するお話~今朝は高橋尚子圧勝だったが~ (2)

さすがに高橋尚子は人気がある。
昨夜、記事をアップ後、ブログ検索しても余りのヒット数に途中で諦めてしまった程だ。

マスコミの扱いも昨夜の7時のNHKが一般ニュースの2番目に取り上げていた。
今朝のスポーツ紙も、全紙の一面が高橋尚子だったようだ。(ネット版でしか見てないが)

実は、他にもニュースは盛り沢山だった。

・男子ゴルフでウッズ優勝
・女子ゴルフで宮里藍優勝
・女子フィギュアスケートで浅田真央初優勝
・男子スピードスケート500mで加藤条治が世界新
・ロッテ27万人Vパレード


何れも世が世ならば堂々と一面を飾って不思議の無いものだが、高橋尚子の圧勝だった。

もちろん今回の勝利は単なるマラソンで1位と言うよりは、
2年間苦労した彼女が見事な復活劇を遂げた事で、ニュースヴァリューが増幅された。
と言うか、そもそも彼女のネームヴァリューが高いことで、一面をさらったのだろう。

日本の女子マラソンと言えば、アテネで金を取り、先日のベルリンで日本新を出して優勝した、
野口みずきがいるが人気は明らかに落ちる。

9月にベルリンで優勝した時も、スポーツ紙で一面にしたのは、
弱すぎる巨人に自暴自棄になっていた報知だけで、大半は‘楽天監督に野村氏’だったそうだ。

ただ高橋尚子も、2000年のシドニー五輪で金メダルを獲得していながら、
翌日の一面を飾れなかった。

同じ日(9月24日)に、巨人が9回裏4点のビハインドから江藤の満塁HRで同点にし、
二岡のサヨナラHRでリーグ優勝を決めてしまったからだ。

時間的にみて、マラソンは朝の7時スタートで、
当日のうちにマスコミで散々大騒ぎされて、鮮度が落ちたのがひとつの敗因だろう。

あとは単に巨人ではなく‘長嶋巨人’だったからだと思う。
長嶋ブランドはやはり強力なのだ。

スポーツ紙の一面争奪で記憶に残るのはやはりこれだろう。
1992年10月、日本シリーズで西武がヤクルト相手に日本一に輝くが、一面は
‘貴花田(現貴乃花)と宮沢りえの婚約’に奪われ、裏一面に回された。

まあ、当時の西武は強すぎたし、森監督の野球も面白くないという定評だったから
仕方ないとも言えるが、野球関係者には屈辱的な出来事とされた。
数ヵ月後にはその婚約も解消されるというおまけつきだった。

私が個人的に好きな一面エピソードは、柔道の野村忠宏のこの発言だ。

金を取っても新聞のトップを飾った事が無いです。
いつもヤワラちゃん。
シドニーもアテネも一面は金メダルのヤワラちゃん。
ショックだったのはロスも‘ヤワラちゃんまさかの銀!’がトップ記事で、
自分は3回とも金メダルなのに一度も無し。
自分はオリンピックで勝ったけど、ヤワラちゃんには負けてます。

まあ、このネタでしっかりバラエティ番組でも自分を売り込んだから、
元は取っているんじゃないの。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:スポーツ紙の一面争奪バトルに関するお話~今朝は高橋尚子圧勝だったが~(11/21)

戦略的「広報」…。

良く聞く言葉だと思うけれど
企業の「広報担当」の連中は「広報するタイミング」を読む。
…まるでディーラーが相場をはるタイミングを読むように
(…ってナリポンじゃないから相場のタイミングって感覚的に解らないけど…)

対外的に「取上げられたい時」と「取上げられたくない時」がある。
当然、良いネタの時は目立つように、そして悪いネタの時は目立たないようにする。

つまり企業にとってメリットのある時は「Qちゃん」になって、メリットが無い時は「柔道の野村」になるのを意図的にやるのだ…。

悪いニュースは大きな事件のある時を狙って出す。
自分が出るのではなくて、記事の掲出を操作しようとするのだ。

だから、自分が出ちゃって言い訳をしていた「ライヴドア」の女性広報は本来の広報としては優秀とは言えない。


Re[1]:スポーツ紙の一面争奪バトルに関するお話~今朝は高橋尚子圧勝だったが~(11/21)

hiroponさん

>つまり企業にとってメリットのある時は「Qちゃん」になって、メリットが無い時は「柔道の野村」になるのを意図的にやるのだ…。

そうですね。
楽天の個人情報流出の記事にも書きましたが、不祥事の時は目立たぬよう休刊日を狙ったり、他のデカイニュースにぶつけたり・・・

>「ライヴドア」の女性広報は本来の広報としては優秀とは言えない。

個人的にもあの女は好きじゃない。
つーかそもそもホリエモンが・・・(ry
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。