スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高金利

日銀がゼロ金利政策をしてから、はや6年。
異常だ。
アメリカではFFレートを1%にした超緩和期間は約1年で終了、
去年の6月以降だけでも、5回都合1.25%の利上げをしている。
(今行われているFOMCで更なる0.25%の利上げの予想)

日本の金利低下局面で、口の悪い私はド近眼利率といっていたが、
最早弱視による障害者認定されてもおかしくないレートだ。

1.5%

これだったら、極めて健全な視力そのもの。

東京スター銀行
が今月から始めた期間限定キャンペーン定期だ。
イールドカーブを考えると、10年の1.5%より7年の1.3%がお勧めか。

東京スター銀行の前身は、99年に破綻した第2地銀上位の東京相和銀行。
バブル期の乱脈融資の末、「見せかけ増資」などで
創業者の長田庄一元会長ら旧経営陣が逮捕、起訴された。
米投資ファンドのローンスターが営業権を取得し、
東京スター銀行として2001年再出発した。

一千万以内なら預金保険機構の対象になる。

俗に半島系と呼ばれる、在日韓国、在日北朝鮮系金融機関も高金利を提示しているが、
いくら預金保険の対象になるとはいえ、手を出し辛い。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。