スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRBはサプライズ無しの利上げ~gradualistグリーンスパンは14連続‘パー’でホールアウト?~ (10)

アメリカではFOMCが開かれ、フェッドファンズの目標値が0.25%引き上げられ4%になった。

市場でも広く予想された通りで、全くのノー・サプライズで為替相場も膠着した。

それにしても、さすがグリーンスパンのやり方という印象だ。
去年の6月に、ほぼ1年間1%という超低水準に据え置いていた金利を0.25%引き上げたが、
それ以降、年8回開かれるFOMCすべてで0.25%の利上げを実施、
今回で12連続という事になる。

どこがグリーンスパンらしいかといえば、先ずはこのジリジリとした上げ方だ。
FOMC開催時に一度もスキップもしなければ、逆に上げ幅を0.5%とかにもしなかった。

就任直後のブラックマンディの教訓を活かしてなのか、彼は典型的なgradualist(漸進主義者)だ。

もうひとつは、市場に対して、FRBが何をどう考えているのかよく説明することだ。
金融政策の変更もFOMCのスケジュールに合わせて行われるし、
なぜそうしたのか、そして今後はどういうスタンスで行くのかまできっちりと説明してくれる。

彼の前任者のボルカーは、市場環境の違いもあったが(FF金利が20%の時もあった)、
市場にサプライズを与えるような政策をすることが多かったし、
自分達が何を考えているかについても、謎めいたことしか言わなかった。

だからこそ、いわゆるFEDウォッチャーなる専門の職業も花形だった訳だ。

その点、グリーンスパンは市場にわかりやすい形でメッセージを送るから、
どんなアフォなエコノミストでも次の政策を予測する事ができる。

‘まあ、ディープ・インパクトの単勝100円元返しみたいなもんだ’

投資家にとっては安心感があるだろうが、短期的な混乱を望むディーラー達には面白みは無い。

ハリケーン・カトリーナという予期せぬ出来事があったのに、
やや無理矢理、当初の規定通りのアクションを取った感もある。

来年1月末の退任までは、12月13日と、1月31日の2回、FOMCが開催される。

まあ、ゴルフに例えるならば、過去12ホールは全部パーだった。

残りの2ホールも‘グリーン’にきちんとオンさせて‘スパーン’とパーを決めて、
引退の花道とするつもりかもしれない。

インフレ・ターゲティングを推進する後任のバーナンキを必ずしも、
最大の適任者と考えていない節もあり、
その前に自分の手で、やりたいこと、やるべきことをやるのではないだろうか。

すると、FF金利は4.5%、歴史的に見ても、まあ中立的な水準と言えるのではないか。

ナリポンの個人資産は、ビル・ゲイツには及ばないが(笑)、その一部は米ドルで持っている。
証券会社のMMFだが、ここ1年半のような金利上昇局面では、
それが直ぐ利回りに反映されるのはメリットだ。

約0.4%という外貨としてはミゼラブルな時もあったが、今回の利上げで3.4%位になるだろう。

日本は日銀が‘緊急避難的’にゼロ金利政策を採用してから、もうすぐ7年目を迎える。

7年間も‘緊急避難’している異常さに、そろそろ気付いてもいい環境が整ってきたのではないか。


過去の関連記事

ボルカー!俺も男だ~グリーンスパン来年1月退任までの18年~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かにノーサプライズ

予想通りにもかかわらず、若干の円安に入っていますよね。金利以外の要因なのですかね。

うまい!

過去12ホールがパー、残り2ホール「グリーン」に「スパーン」とパー、ってうまいですね。
でもまぁ、日銀の異常さのおかげで、金利差利益を得ている人もいる訳で。

過去記事読みました

プロの為替ディーラーならではの感じがひしひしと伝わってきました。
カウフマンという人は名前だけは聞いたことがあります。
小生のような個人で小額のポジションを張っていてもストレスだらけですから
本当のディーラーの方々は大変でしょうね。
お体くれぐれもご自愛なさってください。

TB有難うございました。

TB有難うございました。

アメリカのエコノミストの間では最低5%まではFFレートを上げるだろうというのが、ほぼ一致した見方になってますね。

確かにおっしゃるとおり、日本は異常事態が普通になってしまっているという恐ろしい状況になってますね。

こちらからもTBさせて頂きました。

Re:確かにノーサプライズ(11/02)

stranger_in_the_spaceさん
>予想通りにもかかわらず、若干の円安に入っていますよね。金利以外の要因なのですかね。

まあ、小動きの部類ですね。
金利の打ち止め感が無い分、ドル下支え要因にはなるでしょうね。

Re:うまい!(11/02)

コニーさん
>ってうまいですね。

うまいでしょ、ディーリングとゴルフはブレがあったけど、ジョークはコンスタントに・・・(^_^.)

>でもまぁ、日銀の異常さのおかげで、金利差利益を得ている人もいる訳で。

結局金利差以外、めぼしいテーマがないんですよね。
でも、キャリートレードは血染めになる瞬間もある訳で・・・

Re:過去記事読みました(11/02)

$暴騰さん
>プロの為替ディーラーならではの感じがひしひしと伝わってきました。

そういう意味では、面白い職種だったと思います。

>本当のディーラーの方々は大変でしょうね。

まあ、私はせこいコツコツ型のディーラーでしたが、結局は心臓に負担かけてたみたいで・・
まあ、タバコの方が大きいけど

>お体くれぐれもご自愛なさってください。

はい、有難うございます。
いまはノーストレスの日々です。

Re:TB有難うございました。(11/02)

漂泊亭さん
>アメリカのエコノミストの間では最低5%まではFFレートを上げるだろうというのが、ほぼ一致した見方になってますね。

じゃあ、新人君も一応動くという事ですね。
5%というと、10年、30年、一層フラットな金利になりそうですね。

>日本は異常事態が普通になってしまっているという恐ろしい状況になってますね。

この長さは異常ですよ。
その間に米はイッテコイやってますからね。

なるほど

TBから拝見させて頂いております。

私のようなど素人でも最近の円安傾向がある程度予想できたのは、グリーンスパンさんの手法によるところが大きいのかもしれませんね。
う~ん。さすがマエストロ。

Re:なるほど(11/02)

FIDELIOさん
>私のようなど素人でも最近の円安傾向がある程度予想できたのは、グリーンスパンさんの手法によるところが大きいのかもしれませんね。

いや、そう言いながら相場としては逆張り志向の人間も居る訳で・・・

>う~ん。さすがマエストロ。

なるまえは、ケチョケチョだったんですがね。
明らかに新境地を開拓しましたね。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。