スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキースよ、‘ワイルドでいこう’~イージー・ライダー作戦もありでしょ~ (9)

‘飽くまでも、地区優勝が目標、ワイルドカードはターゲットではない’
ヤンキースのトーリ監督の、前日ワイルドカードで首位に立った事を受けての発言だが・・・

まあ、これは指揮官としては当然の話。
選手の心にスキができないようにし、勝つためのモチベーションを維持するためには
当たり前だ。

1997年にワイルドカード狙いを公言して、スタインブレナー・オーナーに
こっぴどく批難された‘過去’も踏まえての発言だったのだろう。

そのヤンキーだが、2連勝を受けての先発は、ムース。
ところが、4回まで順調に‘零封’だったが、5回に一挙に乱れた。

‘ナリポンな人’で言えば、1アウト後、ランナーを一人出しての3球目を
HPアンパイヤーのクーパーにボールと判定されて、高学歴ムースがキレた。

そのキレた瞬間の目の動きははっきりとわかった。
結局、この1イニングでヤンキースは9点を失った。

このまえのR.ジョンソンの時といい、あの1イニングさえなければの展開となった。

攻撃面でも、松井だけが一人‘蚊帳の外’の大活躍。
4打数3安打、打点2だった。

今日は、打順が2番だったが、確か2番での打率は、今まで2割そこそこだったと思う。
そんなジンクスをも吹き飛ばすほど、フォームの修正後、バットが触れているのだろう。

9回、今日はお休み日の‘本来の2番打者’バーニーが代打で登場。
ライトへ3ランHRを放つが、あの魔の5回の9失点は余りにも重く5-9で敗戦。

ヒット数は13-12でヤンキースの方が多かったが・・・Orz

‘仕方が無い、敗戦は敗戦だ’

そうなると、当然のことながら、他のライヴァル・チームの動向が気になる。

最近不調だったOAKはDETに勝った。

最近絶好調のCLEはTBに3-13で大敗した。

これでワイルドカード争いは3チームがゲーム差無しで並んだ。

一方ボストンはあの19連敗したロイヤルズとの試合。
途中から、MLB.TVで観戦したが、雨の中断もあり延長11回、4時間の熱戦だった。

昼飯に出掛けるのも止めて観ていたが、これが、お互い満塁のチャンスの潰しあいで、
面白い、面白い。

9回の裏の1アウト満塁のチャンスを生かせなかったKCが11回に再び、
1アウト満塁をつくり、レフトのラミレスへのあさ~~いフライで3塁ランナーがタッチ・アップ。

本塁でかなり際どいタイミングだったが、審判が大きく腕を横に広げセ=====フ
KCがサヨナラ勝ちをした。

また陽気なリマちゃんが踊っていた。

終ってみれば、最低勝率のKCが0-3から、去年のワールド・チャンピオンを倒した。

‘う~む、野球は面白い’

ただ、これだけ面白く感じるのはやはり観る側に‘気合’が入っているせいもある。

去年までのヤンキースなら、まあ地区優勝がほぼ確実視されていたり、
早々に、ワイルドカードの出場は確保していたりで、今年のような緊張感がなかった。

それが、今年は、プレイオフ進出そのものが実現するかどうかの‘真剣さ’があるし、
対象になるライヴァルチームが色々とあるから、追っかけるナリポンの‘真剣さ’も凄まじい。

加えて、他の試合も自由に観戦できるMLB.tvを得た事で、ある意味、過去2年より
‘数倍’楽しんでいる。

‘ワイルドでいこう’というタイトルだが、これは映画イージー・ライダーの音楽
Born to be wild (by Steppenwolf)の邦題だ。

イージー・ライダーはナリポン世代の映画だが、いわゆるアメリカン・ニュー・シネマの
代表的な作品でもあるから、若いひとでも映画好きなら観た事があるかもしれない。

ヤンキースファンで有名なジャック・ニコルソン(でも今年はを見てないような)の若い頃も拝める。

勿論、トーリだって表向きはああ言いながらも、ポスト・シーズンに進めるなら、
ワイルドカードでも良しとしているだろう。

因みに過去3年間のワールドチャンピオンは、
2004年ボストン、2003年マーリンズ、2002年エンジェルズと
すべてワイルドカード組みだ。

2002年はワイルドカード同士の戦いだった。

‘そうだよ、いまやワイルドカードがリングへの王道だな’

何れにせよ、できるだけ多く勝ち星をあげるしかない。

歌詞の中にあるが・・・

We were born, born to be wild
We can climb so high
I never wanna die

替え歌では

Yankees were born to be World Champion.(by Naripon)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ワイルドもそれほどイージーではないですが・・

たしかに今年のメジャーリーグは、それぞれのチームのファンにとって期待感とドキドキ感があって、興奮する展開になっていますね。
私も例年の何十倍も楽しんでいます。
もちろん、この‘なりぽん日記’のおかげでもあります。
今日の負けはザンネンでしたが、BOSの負け方を見て、だいぶ救われました。

たしかにワイルドカードでも何でも、ポストシーズンに進めれば、横一線でのスタートですから、1つでも多くの勝ち星を積み上げてほしいものです。

松井の完全復活は、それを期待させてくれます。

明日の勝利を祈る。

こんばんわ、なりぽんさん。
ワイルドカード争いで3チーム並んでいたとは・・・。なんだか凄いことになってきましたね。(^^)
松井選手がワイルドカード狙いでいくつもりはないと言っていたので、僕もそれに従ってこれまであまりワイルドカードのことは気にしていませんでした。
しかし、今シーズンを思う存分楽しむためにはワイルドカードの行方も注目すべきですね。

ムッシーナが切れた瞬間を見逃さないなりぽんさんは凄い。ベテランピッチャーでも、ちょっとしたことが、調子を崩す原因になるという事でしょうか。
今日のことで、これから先、たとえムッシーナ、ジョンソンが投げていても余裕を持って試合を見れなくなりそうです。(^^;)

Born to be wild☆野球☆映画

野球に映画、共に四角いフィールド内で行われるひと時の「パフォーマンス」!同じパフォーマンスなら最高のものを見せてくれ。Born to be wild で行ってくれ!
 って、やっぱ、これ60年代の香りその辺にどんより漂ってた70年代青春派の感慨なんでしょうか。
 『シュミット』を英語のクラスで見せつつ聞き取り行った後、これでジャック・ニコルソン=「じーさん」のイメージがいまどきの若者に定着してはあんまりだと思い、翌週、『イージー・ライダー』DVDレンタルをいそいそ持ってきて18,9の学生に

ジャック・ニコルソン続きです。

すみません。またエンター押してしまったらしい。で、いそいそ、木曜の授業のために、なぜか前日いつものレンタルショップに行くと「水曜レディースデー百円!」にあたってしまい、顔なじみの店員さんに「百円の女」と思われてるんじゃないかと赤面しつつ借りてきた『イージー・ライダー』の冒頭、見せたんです。学生、マジ、しらけてましたーーーー
 その前の週、ニコルソン主演映画『シュミット』に関する英文エッセイ読んだ後、出てきた「hippies」を「これは、何かの部族ですか?」と本気モードで授業後に聞いてきた真顔の理系少年がいたので、こりゃいかん、とわざわざ百円出していそいそ見せたのにーーー。
 すみません。内輪話でした。しかし、野球も映画もやっぱ、一回勝負ですね。DVDで見せてもつまらない、つまらない。たった一回きりの出来事として、もう二度とは巻き戻し(これも古い言葉と化しつつあるが)は聴かない、時の流れの中での、出来事として、ライブで見る!これに限りますね。その意味でいえば、やっぱ、結末があらかた想像つくハリウッド映画より、何が起こるかわからん一時期の香港映画的、不敵で不遜な、ワイルド感が、大リーグにはある!!(追体験でここまで言いきっちゃうのも何ですが。)
 何が次に起きるか分からない!起死回生!ツーダン・フルベース、2ストライク、3ボール、この瞬間の、バッターの顔で、大体、「おーこいつ、打つな!」っての、わかるものね。 今年の甲子園の準決勝の、たしか大阪桐蔭のキャッチャーだったと思うけど(状況は違うが、逆転がかかっていた打席で)、すごい顔してピッチャー見てたもの。彼は二打席ともそういう顔をしてた。そういう顔はホントに人生、一、二度ぐらいしかないかもって、すごくその時は、フィールドはいいなと思いましたもの。だから野球は面白い。同感です。ワイルドでいきましょう!

TBありがとうございました

これからも宜しくお願いします。こちらからもTBをさせて頂きました。また遊びに来てください。
松井の活躍はなんかイチロー以上に楽しみです。

Re:ワイルドもそれほどイージーではないですが・・(08/25)

ミーハーおじさんさん
>期待感とドキドキ感があって、興奮する展開になっていますね。

ただ私のような心臓疾患者には、余りドキドキが続くと・・・

>私も例年の何十倍も楽しんでいます。

最後に笑えるといいですね。

>もちろん、この‘なりぽん日記’のおかげでもあります。

それは、お互い様ですよ。

>たしかにワイルドカードでも何でも、ポストシーズンに進めれば、

そうそう、最近はそう考えるようにしてますが・・・
何れにしてもできるだけ勝たなければ・・・

>松井の完全復活は、それを期待させてくれます。

ねぇ、ビックリですよね。

Re:明日の勝利を祈る。(08/25)

chungking_express633さん
>松井選手がワイルドカード狙いでいくつもりはないと言っていたので、僕もそれに従ってこれまであまりワイルドカードのことは気にしていませんでした。

それでいいのかもしれませんよ。
飽くまでも第一志望狙い、結果補欠もあり・・・
>ムッシーナが切れた瞬間を見逃さないなりぽんさんは凄い。

やあ、人生で5~6千試合観てれば・・・

>ベテランピッチャーでも、ちょっとしたことが、調子を崩す原因になるという事でしょうか。

むしろ最近はベテランほどって感じですね。

>ジョンソンが投げていても余裕を持って試合を見れなくなりそうです。

あした(-_-;)

Re:ジャック・ニコルソン続きです。(08/25)

水曜レンタル百円通いさん
>すみません。またエンター押してしまったらしい。

長い文書を投稿するときは、ワードかメモ帳にいったん書いてからのほうがいいですよ。
折角書いて送信に失敗なんてあるとかなりへこむ。

誤字脱字のチェックもできるし・・・

まあ、イージー・ライダーはリアルで観ないと、何がニューなのかわからんでしょうな。
映画そのものとしての評価も‘名作’かどうかは微妙だし・・・

それにしても去年まであれだけ多く、球場に姿を見せていたのに何故、今年は見ないのか。

Re:TBありがとうございました(08/25)

rattonokumachanさん
>これからも宜しくお願いします。

こちらこそ・・・

>松井の活躍はなんかイチロー以上に楽しみです。

やはり野球はチームで戦うスポーツなので、個人と言うよりはチームを含めて応援する楽しみが一番です。

昨今のマリナーズは弱すぎて・・・

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。