スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキースのシェフィールドがジーター、エー・ロッド批判?~スモールの不敗神話は続く~ (6)

ヤンキースのシェフィールドのインタヴューがNew York Magazineと言う雑誌に掲載され
物議をかもしている。

そもそも、ナリポンはシェフを‘組長’と呼んでいる。
あの髪型、顔つき、眼光に加えて、日本刀を持たせても一流と思える
メジャー有数のスウィングスピード。
守備を観客に妨害された時にも、ボールを処理する前に、
その観客に‘一撃’を加えるプロの‘仕置人’だ。

その、シェフが雑誌のインタヴューでジーターやエー・ロッド批判とも取れる発言をしたと言うのだ。

掲載記事の内容を、集めるとこんな感じだ。

"I know who the leader is on the team," Sheffield told the magazine. "I ain't going to say who it is, but I know who it is.”

" The people don't know. Why? The media don't want them to know. They want to promote two players in a positive light, and everyone else is garbage," he said.

"This is the first team I've been on where no one sits at their locker," Sheffield said. "It's where you build your chemistry from, how you get to know each other, just talking about life."

"It happens because you're white and I'm black," Sheffield told the magazine. "My interpretation of things is different. You don't see it the way I see it. You write how you understand it, how you would articulate it, not how I, as a black man, would articulate it."



まあ、正確には訳せないが、勝手に訳すとこんな感じか。

『俺は、このチームの誰がリーダーか知ってるよ。まあ、それが誰か名指しする気はねぇーけどな。』

『一般の奴等が知らないのは何故か。マスコミが気付かれたくないからだよ。連中は2人の選手にスポットライトを当てるのに懸命で、他の選手たちはゴミ扱いだからな。』

『このチームが初めてだよ、ロッカーで誰も座ってないんだぜ。ロッカーっていったら
お互い、色々と話し合って、知り合って、人間関係を築く場所だろ。』

『なんでこんなことが起こるかと言えば、あんたが白人で俺が黒人だからだよ。俺のものごとの解釈は違うんだよ。俺とあんたのものの見方は違うし・・・。
あんたは、自分がどう理解して、どう表現したいかを書くんだろうけど、黒人の俺がどう表現したいかと言う事は、書かないんだよ。』


スポットライトを浴びている2人とは、勿論、ジーターとエー・ロッドを指すだろう。

あと、チームリーダーは誰かというと、シェフは‘自分自身’だと言いたいのだろう。

ロッカールームでの批判は、ロッカーに殺到して、占拠してしまうマスコミ批判もしているみたいだ。

まあ、白人、黒人のレイシズムに関してはよくわかんない。
あれだけ、中南米の選手も多いメジャーの中で、どんな感じなのか・・・。

シェフは記事は自分が言った事を‘捏造’していると主張しているが、
雑誌社は取材したStephen Rodrickを100%支持すると表明、
実際すべてを録音したテープがあると言っている。

私の印象では、まあ半々かな。
シェフは去年もア・リーグのMVP候補になったし、今年も数字が示す通りの
活躍をしている自負があるのだろう。

そもそも、思ったことは恐れずに発言する性格のようだし・・・。
何となく、カミサンに弱そうなシェフだが、
‘なんでヤンキースはチームのチャーター機に夫人を乗せられないんだ’とも不満を言っている。

試合開始前に、そんな‘問題’が勃発していたのだが、
いきないなんとも、興味深いシーンが生まれた。

先頭のジーターがトリプルで出塁、それをシェフが
‘俺が真のリーダーじゃけん’と言わんばかりの、
強烈ライナーでのHRで切り返した。

3塁からホームインしたジーターは、シェフをじっと待って、
いつもの‘頭なでなで、いい子ちゃんでちゅね’をしながら迎えた。

これで先制したヤンキースは、まあまだ不満はあるものの、久々に逆転じゃない勝利。
今日のヒーローは何と言っても、先発のスモールだ。

投手不足のなか、7月に昇格してから、4試合に登板、先発した3試合はすべて勝利。
典型的なジャーニーマンで、もうそろそろ自分に見切りをつけようと考えていたらしい。

だから、初先発で1998年以来の勝利投手になったときは、
‘夢じゃないかと自分でつねってみた’(←この辺が平凡だよな)そうだ。

とにかく、低め低め、コーナー、コーナーをついてゴロを打たせる。
5回の1アウト満塁、6回のノーアウト1,3塁のピンチも、内野ゴロゲッツーで無失点。

DL中のルーキー、王建民もそうだが、ゴロを打たせるピッチャーは
ロングボールを浴びない魅力がある。

明日の先発は、Big Unitだ。

あんた、しっかり、頼みまっせ。
Smallがあれだけ頑張って、月収13,000ドルでっせ。
あんたの7時間分でっせ。

明日勝つと、今季初の貯金10になる。

我らが‘リーダー’松井は第1打席、特大のファウルの後、かなり惜しいフェンス直撃の当たり。

ジョンソン先発の時は活躍する伝説(←勝手に作ってる)もあることだし、
よろしく頼みまっせ。

そうそう、そう言えば、昨日書いたように、ちゃんと‘呪った’お陰で、ボストンは0-12の大敗。
でも、なんか負けるときも、無駄なく負けるのが気に入らない(笑)

Sheff=Jiter-2005-08-05

組長!もう、イカサマ記者に乗せられないで下さいよ、と、お願いするジーター)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なりぽんさん、こんばんは。(^^)

なりぽんさんの訳された"シェフィールドのマスコミに吐露した本音"を読んで、今まで僕の中で全く無かったシェフィールドの人間性が垣間見えた気がして嬉しかったです。これまで勝手に松井選手のライバルとして敵対心を持っていた部分もあったのですが、これから見方が変わってきそうです。闘う男の哀愁を感じました。
これだけ出入りの激しいMLBの中でチーム力を高めるのは意外に難しいのかなぁという印象です。しかし、僕にはヤンキースはただ一つの目標に向かってまい進するクリーンで気持ちの良い集団にしか見えません。(^^)

Re:ヤンキースのシェフィールドがジーター、エー・ロッド批判?~スモールの不敗神話は続く~(08/06)

松井も打てなかった。
ジョンソンも打たれすぎ。
負けて当然ですね。

シェフの話は、否定報道しか知らなかったので
役に立ちました。
また、よろしくお願いします。

articulate

ずっと、articulateという言葉を、「発話する」などと、つまらぬ西洋かじりの日本語の論文で読んで、「何のこっちゃ!!」と思っていたので、大リーグのロッカールームなんてすごい現場で使われてるとわかり、嬉しい発見です。いやあ、スポーツ選手の使う英語って、かっこいいですね。ロッカールームのケミストリーなんて、表現がしまって使ってみたい!!会社の女子トイレ、喫煙室の「ケミストリー」なんてのもありかも。

Re:なりぽんさん、こんばんは。(^^)(08/06)

chungking_express633さん
>シェフィールドの人間性が

結局は、やはりドスを胸に忍ばせているようなタイプ(笑)だと思うけど。

>松井選手のライバルとして敵対心を持っていた部分もあったのですが、

もう、チームの勝利のためには誰がどう活躍しても問題なし。

>僕にはヤンキースはただ一つの目標に向かってまい進するクリーンで気持ちの良い集団

まあ、そうですね。
でも内情は色々ありそうですね。
でも、そこを上手くやるのがプロな訳で・・・

Re[1]:ヤンキースのシェフィールドがジーター、エー・ロッド批判?~スモールの不敗神話は続く~(08/06)

ねあがり君さん
>松井も打てなかった。
>ジョンソンも打たれすぎ。

すいません、私が変なことを書いたばっかりに・・・

>シェフの話は、否定報道しか知らなかったので

日本語の記事は、そんな感じですね。
実際に出版になれば、記事になりそうですが・・・

Re:articulate(08/06)

Mrs. Watsonさん
>ずっと、articulateという言葉を、「発話する」などと、

そんな日本語なんて聞いたことなかった。

>スポーツ選手の使う英語って、かっこいいですね

実際の試合後のインタビューでは、殆どの選手がGreatしか使いませんけどね。

>ロッカールームのケミストリー

まあ、人間関係も、変な混ぜ合わせをすると、化学反応して、毒になったり、臭ったり・・・

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。