スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは誰を、どう祝いますか~誕生日はやはりメデタイのだ~ (8)

あなたは、自分の知っている人間の中で、その人の誕生日を‘暗記’している人が、
どれくらい居ますか?

そして、その人達の誕生日に、毎年何かしていますか?

そもそも、人は、加齢とともに誕生日を祝う感激を失っていく。

子供の頃は、お互いに誕生日会を開いて祝っていた。

自我に目覚める、或いは恋心が芽生える、青き十代には、
誕生日は、何らかの‘心情’を相手に伝える、絶好の日だった。

20歳前後(←前はダメだろ)になって酒を飲むことを覚えると、誰かの誕生日は飲み会を催す、
格好の理由となった。

それが‘社会’に出て仕事をするようになり、お互い忙しくなり、
或いは‘結婚’をして家庭を築く頃になると、次第に誕生日を祝い合う機会が減っていった。

幼稚園の頃に比べたら、関わりあう人間、知っている人間の数は、飛躍的に増えている筈なのに、
誕生日をネタにしたイベントは寧ろ減っていくのだ。

そして、更に歳を重ねると、その傾向は顕著になって行くのだ。

前にも書いたが・・・

人はある程度の年齢に達すると、異口同音に自分の誕生日なんかちっとも目出度くないと言う。
寧ろ、ひとつ歳を重ねることにより若さを喪失するネガティブイメージを持ってしまう。


確かに、1年経つ毎に、心身ともに‘成長’していく若い時代と比べると、
寧ろ、1年ごとに何かが‘退化’していくようなマイナス・イメージを抱いてしまう。


だから、そういう歳に達した連中に‘誕生日おめでとう’と言っても返ってくる言葉は
‘全然目出度くないよ’になってくる。

まあ、自分もそうだったが、こういう反応をし合っていると、段々と‘おめでとう’と言う事が、
ディスカレッジされていく。

すると、昔はきっちりと‘暗記’していた相手の誕生日も‘忘却の彼方へ’となってしまうのだ。

そんな中、ナリポンが一度も忘れず毎年誕生日にお祝いをしている、女マブダチが一人いる。

ただ、ある年、彼女と誕生日に連絡を取れない状況が生じたのだ。
彼女はイギリス留学をしていた。
留学中は電話でお祝いが出来たのだが、その年の誕生日は、なんと留学を終え、
日本に帰る飛行機の中にいる、ということがわかった。

エール・フランスで一旦シャルル・ド・ゴールに飛び、そこからNRTへ飛ぶという。

‘う~む、何とか、誕生日その日に、祝う方法はないものか’

松井の連続出場記録じゃないが、なんとかしたくなった。

早速、日本のエール・フランスに電話。

事情を話して、ミールに何か工夫ができないか打診。
しかし、日本発ならば日本支社でなんとでもアレンジできるが、
向こう発だと無理だと、言われた。

そこで、諦めずに食い下がるのがナリポンの持ち味。

‘でも、あなたも同じ状況で、何らかの形で誕生日のお祝いをされたら、
感激しませんか。
人間ってサプライズがあると、感動は増しますよね。
何かコストを伴うなら、利益をのっけた分を払う用意があります。
もし、それでそのサーヴィスが実現しなくても、ノー・クレイムを約束します。’


相手の女性もスマートだった。

‘わかりました。何か方法がないか検討して折り返し連絡します。’

結局、金が絡んだものは無理と言う事だが、カードを届けることは可能
(但し、実際に届くかどうかはノー・ギャランティ)と言う結論。

ド・ゴール空港で乗り換えて、着席した彼女に封筒は無事届けられた。
ただ、思わぬものを手にした彼女は、誰か身内に不幸でもあったのではと恐怖したそうだ。

で、実際開封して、カードを開くと
♪チャンチャンチャン、チャ、チャチャチャチャチャ、チャチャチャチャ、チャーチャチチャ♪

字にしたところで、何の曲か分る訳ないけど、実は‘巨人の星’のオルゴールヴァージョン。
音に驚き、慌ててカードを閉じたらしいが、その年の彼女の誕生日も、
なんとか祝うことができた。

その後も‘連続記録’は続いている。

最近は、携帯もあり、メールもありで容易に確実にキャッチできる分、
逆にあの年味わったような‘楽しみ’は無くなった。

私自身は、病気をしてからは毎年、無事に誕生日を迎えるたびに‘メデタイ’と思うようになった。
ただ、周りの人間は相変わらず‘メデタクナイ’と思っているから、祝ってくれない。(笑)

そうそう、誕生日ネタで気にいっているのは、お笑いの‘いつもここから’のネタ

『コノヤロー、‘わたし44だけど四捨五入すると40よね’って言ってんじゃねぇーぞ、コノヤローメ』

『コンニャローメ、おまえ来年なったら、‘わたし45だけど四捨五入すると50よね’って言うのか、コンニャローメ』


年齢をいくら切り捨てたところで、人生は斬り捨てられない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:あなたは誰を、どう祝いますか~誕生日はやはりメデタイのだ~(08/02)

って
ひょっとして…
ナリポン…誕生日?

いやぁ~~!
メデタイ!!
おめでとう!!!!

厭離庵ファンのみなさん!
ナリポンの誕生日を祝いましょう!!!

(間違って盛り上げたのなら  ゴメンナサイ)

違いま~~~す

hiroponさん

愛 情 溢 れ る 勘 違 い 有 難 う!

まだまだ、40代ですよん(笑)

紳士のたしなみ

むかし読んだジョーク集に「パパ、紳士ってなあに?」「女の人の年齢は忘れて、誕生日は覚えている男のことさ」っていうのがありました。
 以来、「私の記憶回路は、女性の誕生日は覚えるけど生年月日は覚えない」と豪語(?)しています。
 実際、他人の誕生日は覚えるほう。女性の歳に興味もないし。

‘なりぽんブログ’のファンとして。

このブログをより楽しむために、出来るだけ一行づつスクロールして読んでいるのだが、そこへ
>♪チャンチャンチャン、チャ、チャチャチャチャチャ、チャチャチャチャ、チャーチャチチャ♪

これは何としても‘解明?’したい。
‘Happy Birthday to you’ではないし。。。
なんだろう???
5分ほど考えたが結局 GIVE UP!

でもなんで‘巨人の星’・・??

そういえば、16~7歳のころは自ら‘四捨五入’して『悪さ』をしていたような・・・
もうとっくに‘時効’だけど・・・

Re:紳士のたしなみ(08/02)

逸爾散士さん
> 以来、「私の記憶回路は、女性の誕生日は覚えるけど生年月日は覚えない」と豪語(?)しています。

素晴らしい。
結局、何気なくおめでとう、と言われるだけでも相手も嬉しいと思うんですけどね。
でも、パソコンでしっかり管理とかしていると逆にいやらしい。
飽くまでも、頭の中に残るような存在の人が対象で・・・

Re:‘なりぽんブログ’のファンとして。(08/02)

ミーハーおじさんさん
>でもなんで‘巨人の星’・・??

いや、その女性は一時ジャイアンツの私設応援団モドキもしていたし、
私も熱狂的な長嶋、巨人、及び巨人の星ファンだったので・・・

丸善でカードを選んでいる時に、偶然見つけたので・・・ウケを狙っただけです。

>そういえば、16~7歳のころは自ら‘四捨五入’して『悪さ』をしていたような・・・

それはワルですね。
私は17~18歳になってからですよ(笑)
喫煙、飲酒、成人映画・・・

Re:あなたは誰を、どう祝いますか~誕生日はやはりメデタイのだ~(08/02)

初めまして。
ぐーぐるから検索で辿り着きました。

誕生日のお話、とても興味深く読ませて頂きました。
自分は男性ですが、とても素敵な演出に羨ましいなと
思うと共に、ライバル心に火が点きました(笑)

自分も毎年誕生日を祝っている相手が居て、その人に
次は何をしようか…と考えています。
料理で持成し、その前はかまくらを作り、その前は
旅行に連れて行き。
続ける事に意味がある、諦めない姿勢をとても尊敬します。

Re[1]:あなたは誰を、どう祝いますか~誕生日はやはりメデタイのだ~(08/02)

がうがうさん
>初めまして。
>ぐーぐるから検索で辿り着きました。

ようこそ!こうして過去モンをじっくり読んでくれる人がいると嬉しいですね。

>自分は男性ですが、とても素敵な演出に羨ましいなと

自分でも、あの時は素晴らしかったと懐かしんでいます。

>思うと共に、ライバル心に火が点きました(笑)

もう、すっかり枯れてしまいましたから、勝負になりません。

>続ける事に意味がある、諦めない姿勢をとても尊敬します。

あなたも同じ‘臭い’がします。
あなたはまだまだバリバリの現役っぽいですが・・・頑張ってください。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。