スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原辰徳が解任されたときに吐いた‘生’言葉~原監督復帰待望論渦巻く~ (28)

巷では、原辰徳の巨人軍監督復帰の話が持ち上がっている。

先日、報道ステーションにコメンテーターとして出ていた、元検事、‘カミソリ堀田’
と言われた同氏が、古館の質問にキッパリと答えた。

‘以前は、ずっと巨人ファンをやっていましたが、おととしの8月の原解任騒動で
ファンをやめました。’


東京地検特捜部時代にロッキード事件で田中首相の捜査に当たり、その辣腕振りから
未来の検事総長間違いなしといわれながら、突然ボランティア活動に身を投じた男の言葉だ。

まるで、昔の検事としての血が騒ぎ、あの時解任に動いた読売首脳を‘断罪’しているようだった。

実は、私もあの8月を最後に、30何年続けた、それも熱狂的なファンをやめたひとりだった。

私の場合は、そもそも松井の抜けたジャイアンツに興味を失っていたせいもあったが・・・

原辰徳の選手時代の印象は、正直あまり良くない。
整った顔と爽やかな雰囲気で‘若大将’と呼ばれていたが、
巨人の4番として史上4番目の試合数に出場しながら、通算打率0.279、HR382本、
個人タイトルも打点王1回だから極めて平凡だ。

私は1989年の日本シリーズ(巨人―近鉄)の第5戦を観戦していた。
実は、私にとって初めての東京ドーム観戦だった。

巨人がいきなり3連敗し、例の‘ロッテより弱い発言’(加藤)があったシリーズだ。

第5戦のチケットをN生命のオバサンから貰っていたのだが、あのまま4タテを食らったら、
フイになるチケットだった。

そもそも3連敗の戦犯に原が上げられていた筈だ。
そして、私が観た第5戦で、原がレフトギリギリの満塁ホームランを放った。
大歓声の中、私の右後ろにいたかなり年配の女性が、涙をボロボロ流していた。
長嶋監督時代でもなかったし、原にも特に思い入れはなかったが、その女性の涙に思わず、
つられてしまったのを覚えている。

原の引退セレモニーは、いかにも彼らしかった。
‘夢の続き’発言もまさに若大将イメージだ。

NHKのコメンテイターをしていた時も、余り印象は良くなかった。

栗山ほどではないが、与田並みに、人のことを悪く言わない。
解説そのものも、サッカーの井原並に陳腐でつまんなかった。


1999年、ヘッドコーチとして長嶋監督の下で務めるが、なんせ太陽の元では、
存在感を感じさせるにはことはできなかった。

2001年、長嶋監督が勇退し、後任に原監督の就任が決定。

2001年といえば、私が穢土を離れて、当地に‘下野’した年だ。

その年末、古くからの友人から声がかかり、原辰徳のチャリティートークショーに誘われた。
同期で元全日本ラガーとの‘友情’で現役引退後から続いているそうだ。

ノーイベントな人生の中、喜んで出席。
なかなかのしゃべりで、突然の質問に対しても、洒落もありウイットも有りの返答で、
NHK時代のイメージとはかなり違った。

翌年、いよいよ、監督としての1年目。

原が掲げた‘ジャイアンツ愛’は、長嶋が1年目に掲げた‘クリーンベースボール’と
同じ臭いがしたので危惧したが、結果はペナントも、日本シリーズもぶっちぎりの勝利だった。


その年は、日本一監督だし、もう来ないだろうと思ったが、忙しい中をさいてやって来てくれた。
彼のしゃべりも、結果を伴っているから、益々滑らかになり、出席者も
賞賛の拍手を惜しまなかった。

そして、翌年、あのなんとも醜悪な解任騒ぎの結果、原監督は‘辞任’した。

さすがに、‘今年は来ないかな’と思いきや、そういう下世話な予想を嘲笑うように登場した。

2001~2003年、どの年も、こられないグッド・リーズンがありながら、
あの男はチャリティーをするために、やってきたのだ。
そういう、コミットメントの仕方にはある種の‘男の美学’さえ感じてしまった。


実質解任された年の彼のトーク。

‘みなさんが、いま何を聞きたいかは承知しています。
正直、わたしも話したいことはいっぱいあります。
しかし、わたしは、その話したいことは全部墓場に持っていくと決めました。’


確か、こんな内容だったと記憶する。

この記事のタイトルで、なんとも思わせぶりな引っ張り方をしたのは申し訳ないが、
これが、原辰徳なのだ。

その物言いからは、巨人と断絶する意思は感じられなかった。

監督を経験した原の野球解説は聞いていても、まるで監督気分で面白い。
とにかく、ディサイシヴなのだ。

選手としては一流とは言えなかった原だが、監督として一流になる可能性は充分にあると思う。

考えてえみれば、原辰徳は、常に父であり監督である原貢氏をみて育ってきたのだ。
環境的にもDNA的にも、監督としての素養はあるのではないか。


選手としては一流だったが、ベンチの中で、まるで‘他人事’のような顔をしている堀内。
‘今日はよくないですね’の超マイナス思考の江川、‘気合だ~’一辺倒の中畑。


原が次期監督候補として浮上するのに不思議は無い、というか最適だろう。

原は自身のホームページ‘ファンのみなさんへ’で否定している。

相場の世界でも、通過の切り上げ・下げ、公定歩合の変更の可能性を訊ねられて、
まともに答える要人はいない。
逆に否定されれば否定されるほど、その可能性が高まるのが通り相場だ。


去年はスキップした、原のトークショー、今年は出席したくなりそうだ。

そうそう、明日は原辰徳の誕生日だ、結婚なら誕生日に‘入籍’なんてこともあるが・・・(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

トラックバックいただきました。ありがとうございます。
…はじめまして、もあぱそ と申します。
報道の行方を、今後も気にしていきたいと思います。

宿命

tbありがとうございます。
原と長嶋は巨人にどんな仕打ちを受けようとも、どんな扱いをされようとも、それを受け入れるしかない。生まれ持っての宿命としか言いようがない。そんな気がします。

TBありがとうございます

原氏が巨人の監督を解任されたとき、阪神ファンながらにも「それはないだろう!」と思いました。自分的には、原氏が監督するのはおおいに賛成です。

TBありがとうございました

はじめまして。原には巨人のユニフォームしか似合わないと思います。今の巨人の人気・実力の凋落を救えるのは,原しかいないんじゃないですかね。

でも選手時代も

TBありがとうございました!

でも原さんは選手時代も正式は一流です。
少なくとも巨人の4番としては歴史上、4番目か、3番目です。
詳しくはブログをご覧下さいね。

ではでは。

トラバ有り難うございます。

>まともに答える要人はいない。

オフシーズン中ならともかく、シーズン中に「オファーがありました」
だなんてコメントをするわけはないですよね。

今後もよろしくお願いします。 m(_ _)m

TBありがとうございます

初めまして、きくしんと申します。
長嶋殿、王殿という記録・記憶に残る2人と比べては原殿はかわいそうです。結局は、監督の要請を受けるのでしょう。それが、原殿の運命かもしれません。
私の夢ですが、1度は地元である横浜ベイスターズの監督をやってほしいと思っております。

なぜか原氏が監督なら応援してしまうアンチ巨人派

Nariponさん、TB有難うございます。
ボクは巨人は好きではありませんが、原辰徳氏は選手時代から応援してきました。
だからまたジャイアンツの監督をやるのなら、応援しようと思ってます。

tbありがとうございます

原さんには戻ってきてもらいたい、けれどおととしのことは許せないって感じです。原さんが監督就任してもうれしいけれど、なんかスッキリしないです。

はじめまして

TBありがとうございます。

原監督が解任(辞任か)された時は、本当に驚きましたが、
必ずカム・バックすると誰しもが思ったはず。
タイミングが問題なんですよね、きっと。

TBありがとうございます

はじめましてこんにちは。

好きな球団はありませんが、
巨人は強くあってこそ日本の野球は面白いと思ってます。

Re:ありがとうございます(07/21)

もあぱそさん
>報道の行方を、今後も気にしていきたいと思います。

早速、実際は二人が会っていたとの報道がありましたね。

Re:宿命(07/21)

たっくさん
>原と長嶋は巨人にどんな仕打ちを受けようとも、どんな扱いをされようとも、それを受け入れるしかない。生まれ持っての宿命としか言いようがない。そんな気がします。

そうでしょうね。
ただ、原も黙って受けるのではなく、条件はつけると思いますけどね。

Re:TBありがとうございます(07/21)

雷王さん
>原氏が巨人の監督を解任されたとき、阪神ファンながらにも「それはないだろう!」と思いました。自分的には、原氏が監督するのはおおいに賛成です。

あの、甲子園は感動的でしたね。
でも、なぜそんな空気を読めなかったんでしょうね、読売の奴ら。

Re:TBありがとうございました(07/21)

はやさん
>はじめまして。原には巨人のユニフォームしか似合わないと思います。

本人もそのつもりなんじゃないのでしょうか。

>今の巨人の人気・実力の凋落を救えるのは,原しかいないんじゃないですかね。

逆に言うと、彼でもダメだったら・・・と考えると恐いですね。
要するに強くならなければならない。

Re:でも選手時代も(07/21)


タッキーさん
>少なくとも巨人の4番としては歴史上、4番目か、3番目です。
4番目ですね。

いまや一流の監督になればいいのではないでしょうか。
何しろ、日本1率5割ですから。

Re:トラバ有り難うございます。(07/21)

ゆきちゃん?さん
>オフシーズン中ならともかく、シーズン中に「オファーがありました」
>だなんてコメントをするわけはないですよね。

ですよね。
私は近いうちに、実質的な決定が出されると思います。

>今後もよろしくお願いします。 m(_ _)m

こちらこそ

Re:TBありがとうございます(07/21)

きくしんさん
>長嶋殿、王殿という記録・記憶に残る2人と比べては原殿はかわいそうです。

まあ、そうですね。

>結局は、監督の要請を受けるのでしょう。それが、原殿の運命かもしれません。

そう思います。

>私の夢ですが、1度は地元である横浜ベイスターズの監督をやってほしいと思っております。

福岡生まれというデータもありますが、実質的には神奈川ですね。
巨人と大断絶すれば可能性もあるでしょうが・・・
でも、わかんないな。
星野の例もあるし・・・

Re:なぜか原氏が監督なら応援してしまうアンチ巨人派(07/21)

kazz-yaさん
>ボクは巨人は好きではありませんが、原辰徳氏は選手時代から応援してきました。
>だからまたジャイアンツの監督をやるのなら、応援しようと思ってます。

昨日、いろんな人のブログを読んでいて、意外にそういう人がいるのに驚きました。
そういう意味でも、良き人材ですよね。

Re:tbありがとうございます(07/21)

Grin teaさん
>原さんには戻ってきてもらいたい、けれどおととしのことは許せないって感じです。

確かに、あれは酷かった。
どう考えれば、ああいう結論になるのか。
ファン離れも相当あったと思いますよ。

>原さんが監督就任してもうれしいけれど、なんかスッキリしないです。

原が自分スッキリするような決め方をすれば、いいのでは・・・

Re:はじめまして(07/21)

みー@lovebeerさん
>必ずカム・バックすると誰しもが思ったはず。
>タイミングが問題なんですよね、きっと。

こんなに早いとは、本人も予想してなかったのでは・・・
逆に、時が解決してはいないわけで・・・
その辺を彼がどう判断するか、あるいは条件をつけるか・・・

Re:TBありがとうございます(07/21)

兄崎さん
>好きな球団はありませんが、
>巨人は強くあってこそ日本の野球は面白いと思ってます。

常勝巨人とかいまだにいう人がいますが、本当は‘常弱巨人’になりつつありますね。

はじめまして

TBありがとうございます。
原さんしか次の監督はいないかなと思いつつも
今の巨人では受けないで欲しいとも。
監督を変える前にまずは滝鼻オーナーやナベツネ、
氏家さんとか引退しないと巨人はどうしようもないです。

原選手の魅力

ミスターの引退劇を見られなかった私は、原選手の引退時の台詞がすごく心に残ったのを覚えています。正確ではないけれど、たしか、「私にはまだ夢の続きがある・・・」といったようなことだったような(ちょっと脚色したか)その先を言わない所に妙に男気を感じました。監督退陣の時もそうですね。昔の男の美学を感じます。今回ナリポンさんのディテールいっぱいの記事で初めて彼の律儀さと、そして父親も監督だったことを知り、また応援したくなりました。解説が「ディサイシヴ」というのも説得力ある指摘ですね。解説にその人の真の資質が表れるというのは、長谷川健太がいかにもフォワード的解説をしてたので納得。
 選手としては魅力がなかったとしても(それでも今の巨人の誰より魅力的だと思いますが)、そう本当に監督なら、もっと年を重ねる毎によくなるのでは!
 しかし、それが今の巨人でなくてもいいような気がする。もっと光る場所ないかな。

Re:はじめまして(07/21)

カメさん
>原さんしか次の監督はいないかなと思いつつも
>今の巨人では受けないで欲しいとも。

微妙は微妙ですが、コーチの人事権も掌握するとかの
条件をつければ・・・

一旦、原の名前が出ると、他の人になって、成績が悪いとボロクソ
に言われるのは目に見えているような気がする。

Re:原選手の魅力(07/21)

どっこい土俵際さん
>原選手の引退時の台詞がすごく心に残ったのを覚えています。

頭というか、しゃべりのセンスはイイですよ。

>監督退陣の時もそうですね。

そうそう、あの時は、男・星野がいたから益々‘劇場’になったね。

>解説が「ディサイシヴ」というのも説得力ある指摘ですね

実際の采配もそうな訳で・・・

>しかし、それが今の巨人でなくてもいいような気がする。もっと光る場所ないかな。

なんだかんだ言っても、原自身が、望んでいる場所が、いまだに巨人なような・・・

一言言わせて

G党の皆さんは今の巨人の不甲斐なさに嫌気がさしており、原なら立て直せると願っている方が多数いらっしゃると思います。
しかし、原ファンである私にあの監督解任劇はとても許せない出来事です。
出来るなら戻ってほしくない、今の球団首脳陣がいる間は。。。 出来るなら他球団の監督をしてもらいたい!!他球団で巨人をボコボコにして監督の手腕を見せつけてから、巨人に懇願されて戻るなら、自分は満足です。
今戻るのは男、原の顔に泥を塗る気がしてしょうがないです。

Re:一言言わせて(07/21)

一言さん
>しかし、原ファンである私にあの監督解任劇はとても許せない出来事です。

それでも、原はそれを飲み込んで巨人のために働きたいがあるように思います。
今回だって、星野の滑り止め扱いですが・・・

それでも、頭を下げられれば、最終的には応じるのではないかと思います。
勿論コーチ陣とかには条件つけるでしょうが・・・

それが文中にも書いた‘墓場までもっていく’覚悟なのでは・・・

>今戻るのは男、原の顔に泥を塗る気がしてしょうがないです。

いま戻って、例えば、来年優勝させるの‘男・原’の美学では・・・

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。